2011年9月17日(土)

今回テン泊するのは、標高約2700mの尾根筋。
気温は100m上昇するごとに、0.6度低下するので、麓の松本市よりざっと12度ほど低くなる計算。
予報では松本市の最低気温が21度なので、テン場付近は9度前後の予想。

2週間前の別山テン泊の際は、夜間気温が氷点下にまで降下。
寒くて何度も目が覚めてしまった苦い経験が。

その経験を活かし、今回は寒さ対策をバージョンアップ。
アンダーに防寒パッチを履き、上には長袖のフリースを着込む。
また使い捨てカイロを貼るなど、2重3重の防寒対策を準備。
その甲斐あってか、今回はかなり温かく過ごせそう。

ところが夜半から、風がびゅーびゅーと強くなり、雨も降り始める。
次第に雨足が強くなり、強風がテントの側面に吹きつけ、大きく揺れる。
(だいじょうぶだろうか?)
私のテントがあるサイトは、尾根筋の少し陰になったような場所なので、風の影響は割と少ないはずなのだが、それでもバタバタとタープが風で揺れる音が鳴り止まない。

寒さより暴風雨に悩まされる一夜となる。

5:30 起床。目覚めのコーヒーを入れる。
DSC04153.jpg

風の音はだいぶ収まったが、小雨がまだ降っている。
DSC04154.jpg
どうやら日本のはるか洋上にある台風15号・16号の影響で、秋雨前線が刺激されているらしい。

槍ヶ岳方面はガスで全く見えず。
DSC04160.jpg

昨日隣にいらした単独行の女性は、もう出発されていた。
DSC04155.jpg
昨晩、唐沢岳、餓鬼岳方面に縦走されると言っておられたが、この天気の中、大丈夫だろうか?

当初の計画では、ゆっくり朝食を食べてから下山する予定だったが、生憎の天気なので早めに降りることにする。
雨がまだ降っているので、できるだけテントの中でパッキング。
最後にテントを濡れたまま無理矢理押し込んで、荷造り完了。
DSC04158.jpg

ちゃんと幕営手形を山荘に返却して、下山開始(6:42)。
DSC04162.jpg

燕岳、またぜったい来るからね!
DSC04159.jpg

7:04 合戦沢ノ頭(標高2489m)
DSC04163.jpg
ザックの中身がだいぶお腹の中に消えたせいか、昨日50分近くかかった登りが、20分ほどで下る(笑)

7:15 合戦小屋(標高2350m)で小休止。
DSC04164.jpg

ここで朝飯代わりのカロリーメイト。
DSC04165.jpg

帰りも食べたかったが、パス。
DSC04167.jpg

7:45 富士見ベンチ(標高2200m)は通過。
DSC04168.jpg
もちろん富士山は見えなかった。

雨で濡れているせいか、赤土部分は滑り易い。
DSC04169.jpg

8:13 第三ベンチ(標高2000m)で小休止。
DSC04170.jpg

この雨で登山者は少ないのでは?と思いきや、次から次へと登ってくる。
DSC04171.jpg
さすが北アルプス、燕岳だとその人気の高さを改めて知らされた。

ただ10人以上のパーティと時折遭遇。登り優先なのでもちろん道を譲るのだが、少しイラッとする場面も。
こちらが1人なので、気が利くというか、ベテランの先頭の方の場合、
「お一人降りてくるので、みんな左に寄ってください。」などとパーティに指示し、先に通らせてくれるのだが、中には当たり前のように登ってきて、3分近く待たせた挙げ句、最後尾の方は無言で通過されたパーティにも遭遇した。

8:44 第二ベンチ(標高1840m)はスルー。
DSC04173.jpg
しかし皆さん、この雨の中よく登られますね(笑)

9:05 第一ベンチ(標高1660m)で最後の小休止。
DSC04174.jpg

ここで見つけた可愛らしい道祖神。
DSC04176.jpg

あ、そうそう、水場に寄っていこう。
DSC04178.jpg

第一ベンチから20mほど下ったところに湧き水がある。
DSC04180.jpg

冷たくて美味しい!ペットボトルにも入れていこう。
DSC04181.jpg

9:50 中房温泉登山口(標高1462m)。
DSC04182.jpg
下りの所要タイムは3時間8分だった。

汗と雨で濡れた身体を温泉でさっぱりさせたいが、
DSC04183.jpg

あいにく着替えが車の中なので、一旦駐車場まで下山。
DSC04184.jpg
車で再度、中房温泉脇の駐車場へ。登山時は不可だが、立ち寄り入浴時の場合、駐車OK。

う~ん、暖まる。
DSC04193.jpg
大小2つの露天風呂があるのだが、源泉が異なるらしい。
どちらも単純硫黄泉(アルカリ性低張性高温泉)で、74.7度、94.8度と高い源泉温度。
もちろん源泉掛け流しで、加水・加温・循環・消毒などは一切行なっておらず、まさに天然の温泉が楽しめる。

中房温泉 湯原の湯 700円 9:30~16:00

併設の休憩室兼食堂に、美味しそうなメニューがあったが、グッと我慢。
DSC04196.jpg

車で麓まで下り、穂高駅前にある「こぶたのさんぽ」へ(11:35)。
DSC04197.jpg
1年ほど前に一度来たことがある。

カワイイ黒ブタくんが出迎えてくれる(笑)
DSC04198.jpg

注文したのは裏メニューの豚すき焼きラーメン(850円)。
DSC04201.jpg
ティッシュケースの裏に書いてある、まさに”裏メニュー”である(爆)

甘辛いスープと玉子のマイルドさがマッチした私好みの味でした。
DSC04204.jpg
食後は、再びR158で帰宅の途につく。

2日目は生憎の天候で少し残念だったが、初日に天気が良かったので大満足。
槍をはじめ、あれだけキレイな北アルプスを見れたのは、本当に幸せだった。
次回来る時は、是非大天井岳方面への表銀座縦走に挑戦したい。

燕岳(2763m)
標高差1301m
下り 3時間8分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/37-bd895836