2014年1月25日(土) 曇りのち晴れ

昨日(1/24)は快晴で、取立山(1307m)や野坂岳(914m)はいずれもブロ友さんたちを始め大勢のハイカーで賑わった様子だったが、残念ながら私は仕事だった(涙)
今日は天気は下り坂だが、大きく崩れることはないようなので、以前から狙っていたこの山へ。

伊吹山(1377m)
IMG_4396.jpg
ご存じお隣滋賀県にある日本百名山で、山歩きを始めた3年前(2011年)に一度登っている。
ただ前回は全く雪のない6月で、厳冬期の1月はもちろん初めて。
伊吹山は標高差約1157m距離約6km(片道)で、取立山(標高差約734m・片道約3.7km※)や野坂岳(標高差約697m・片道約3.6km)から比べると、難易度の差は歴然。
※取立山の数値は冬期。
しかもこの時期は、5合目から先は急斜面を直登することになり、かなりキツいらしい。
最近、亀足ぶりが一段と加速している私が、果たして厳冬期の伊吹山に登れるのだろうか。。。
当初は寝坊しないように、前回同様、伊吹山麓で車中泊も考えたが、厳冬期なのでパス。
本当は5時に出発したかったのだが、CSの映画に見入ってしまい、寝たのは3時過ぎ。
眠気まなこでなんとか5時半に起床するも、6時に自宅を出発となってしまった。

敦賀に入り、前方に先週登った野坂岳。
IMG_4392_20140126205258d37.jpg
今日もたくさん登られるんだろうな。

滋賀県に入り、木之本からR365へ。
IMG_4394.jpg
路肩の気温計は0℃。敦賀で7℃、ここよりも標高の高い南越前町でも5℃だったのに、こりゃ間違いなく伊吹山は氷点下だな。。。

旧浅井町で広域農道に入り、登山口のある米原市の上野集落へ。
IMG_4400_201401262053234eb.jpg
前回は1.5kmほど離れた道の駅に駐車して歩いてきたが、今回は登山口近くの有料駐車場を利用。
かなり手前で盛んに誘導している駐車場があるが、登山口近くでもほとんど500円で駐車可能。
なお登山口から遠い駐車場では、トイレや更衣室の無料サービスや下山後のお茶の振る舞いなどあの手この手のサービスでお客を誘導しているようだ。

今回利用したのは民家の駐車場の一画。屋根付きなので雪や雨が降っていても安心。
IMG_4397_20140126205315a5a.jpg
今日はアイゼン必須なので久しぶりに登山靴をチョイス。
靴を履こうとしていると、駐車場に誘導したお母さんが、「コレ使って!」とキャンプ用の折り畳み椅子を差し出してくれたが、『ありがとうございます。でも間違いなく壊してしまうので。。。』と丁重に辞退する。
これまで私が座って、壊れなかったパイプ椅子はありませんから(笑)

ドーピング剤も忘れずにチャージ。
IMG_4401_20140126205346663.jpg
今日は2パック持ってきました。

8:13 伊吹山上野登山口(標高約220m)
IMG_4402.jpg
無雪期の標準コースタイムは約3時間20分だが、今日の目標タイムはかなり遅めの4時間半。

伊吹山にはいくつか公衆トイレがあるが、三合目と山頂は冬季(12月上旬~4月中旬)は閉鎖。
IMG_4403.jpg
登山口もしくは一合目のトイレで、忘れずに用を済ませておきましょう。

序盤は福井の低山同様、全く雪はなし。
IMG_4405_20140126205415e74.jpg

登山道にはゴロタ石と呼ばれる石灰岩が多いので、歩きにくい。
IMG_4406.jpg

また雪解け水で路面がぬかるんでいる箇所も。
IMG_4407_201401262054539e6.jpg
しかもこの泥、石灰質が混じっているせいか、登山靴にまとわりつき易い。

次第に路面に残雪がみられるようになってきた。
IMG_4408_20140126205504181.jpg
ドーピングのせいか足の張りや痛みはないが、足取りはイマイチ。寝不足のせいだろうか?

8:47 1合目(標高約420m・山頂まで5.1km)
IMG_4409.jpg
木製だった標識が新しく鉄製になっていた。登山口から34分とやはり前回より10分遅れている。

立ったまま軽く息を整えた後、閉鎖されたスキー場のゲレンデを登っていく。
IMG_4412.jpg

業界ではこの坂を”よたよた坂”と呼ぶらしい(←大ウソ)
IMG_4413.jpg

「”よたよた”だろう?」
『ぜんぜん!』
IMG_4415_20140126205600dca.jpg
どんどん後続のハイカーに抜かれていく(笑)

9:19 2合目(標高約580m・山頂まで4.3km)
IMG_4416_20140126205611f6f.jpg

今日は全然暑くないのに、滝のような汗が止まらずたまらず小休止。
IMG_4417_20140126205616f57.jpg

2合目を過ぎると路面に雪が目立ってきたが、まだつぼ足でも大丈夫。
IMG_4419_20140126205653534.jpg

背後には花の百名山の霊仙山(りょうぜんざん・1094m)。
IMG_4420_20140126205658b23.jpg
今年是非登りたい山だ。

小休止したにもかかわらず、依然として足取りが重くペースが上がらない。
IMG_4421.jpg

この辺りから先は、路面は雪面となる。
IMG_4422_20140126205714e9e.jpg

ようやく前方に伊吹山の山容が見えてきた。
IMG_4424_201401262057192d6.jpg

もう下山してくる方も。早いっすね~
IMG_4425.jpg

左手に見えるのは閉鎖されたゴンドラリフト乗り場。
IMG_4426_20140126205749399.jpg

10:21 3合目(標高約720m・山頂まで3.6km)
IMG_4427_20140126205755f42.jpg
ここまで2時間8分が経過。既に前回より50分近く遅れている。

3合目の公衆トイレは冬季閉鎖中。
IMG_4429_201401262058066b4.jpg

ここでもたまらず東屋近くのベンチで小休止。
IMG_4430_20140126205829c0b.jpg

はるか前方の直登箇所には、先行する登山者がアリの様に見える。
IMG_4432.jpg

他のハイカーたちがここでアイゼンを装着していたので、私も装着。
IMG_4435_2014012620584974f.jpg

この調子じゃ山頂はおろか、5合目に着くのもいったいいつになることやら。。。(10:42)
IMG_4436_201401262058549c6.jpg

10:54 4合目(標高約800m・山頂まで2.9km)
IMG_4437.jpg

ここから先はゲレンデ跡と別れて林間コースとなる。
IMG_4438_20140126205927bd1.jpg

11:14 5合目(標高約880m・山頂まで2.4km)
IMG_4439.jpg
ここでもたまらず小休止。既に3時間が経過しており、健脚な方ならとっくに山頂に着いているタイム。
事実ここで食事されていた方は全て山頂から降りてこられた方だった。情けない。。。

前方をズームすると、急斜面を直登する登山者たち。
IMG_4440_20140126205939f3e.jpg
7合目から先の直登のエグいこと。目標タイムはおろか、今日は山頂までは無理かも・・・

完全にシャリバテなので、持参したおにぎりでエネルギーをチャージする。
IMG_4441_20140126230755f9a.jpg

結局ここでも20分近く休憩してしまった(11:33)
IMG_4443.jpg

5合目から先、無雪期はつづら折れの道だが、この時期は直登
IMG_4444_201401262100178aa.jpg
避難小屋が見えているのだが、なかなか近づいてくれない。

遠くからだと一見ゆるやかそうに見えるが、結構キツい。
IMG_4445_20140126210022008.jpg

11:53 6合目避難小屋(標高約980m)
IMG_4446_20140126210030e96.jpg
5合目から20分しか経っていないのに、へたりこむ。

既に3時間40分が経過。完全に寝不足の影響で、体調は絶不調
IMG_4453_2014012621023945f.jpg

この先は一段と急登になるので、これまで以上にペースが遅くなることは間違いなし。
IMG_4447.jpg
まだ山頂まで標高差400m近くあり、予備のドーピング剤を投与しても回復は望めなさそう。
しかも稜線付近には雲がかかっており、モチベーションもますます低下。
ち~ん (×_×;)
残念ではあるが、今日はここまでとする。

そうと決まれば小屋の中でしばらく休むことにしよう(12:09)
IMG_4448_20140126210157953.jpg
小屋の中には下山中の2人組が休憩されていた。

食欲も少なく、おにぎり1個とサラダを食べるのがやっとだった。
IMG_4450.jpg

外に出ると稜線付近の雲が取れていた。
IMG_4451.jpg
やっぱり”降りると晴れる”んだな(笑)

再びアイゼンを装着して下山開始(12:37)
IMG_4454_201401262102456d4.jpg
しまった! ヒップそりを持ってくるべきだった(笑)

12:46 5合目(標高約880m・登山口まで3.6km)
IMG_4455_20140126210251e3e.jpg

登りはヘロヘロだった道も、下りは軽快に下っていく。
IMG_4456_20140126210259523.jpg

12:58 3合目(標高約720m・登山口まで2.4km)
IMG_4458_2014012621050662f.jpg

どこかの山岳会が雪中訓練を行なっていた。
IMG_4459.jpg
もしかしてここでテン泊するのかな?

3合目を過ぎた徳蔵山付近で、アイゼンを外す。
IMG_4460_20140126210520464.jpg

朝以上にぬかるんでいて、足場を探すのに苦労する。
IMG_4462_20140126210542857.jpg

13:36 2合目(標高約580m・登山口まで1.7km)
IMG_4463_20140126210610108.jpg

”よたよた坂”も軽快に下っていく(笑)
IMG_4464_201401262106165fc.jpg

13:47 1合目(標高約420m・登山口まで0.9km)
IMG_4465_20140126210623e5a.jpg
あと少しだが、ここで小休止。

ここには自販機があるが、下界より25%増し。
IMG_4466_20140126210629e1f.jpg
炭酸でリフレッシュし、もうひとがんばり。

登りの際は気付かなかったお地蔵様。
IMG_4468_20140126210833f3d.jpg

”はなきち”ならぬ、ひろきち地蔵と言うそうだ(笑)
IMG_4467_20140126210639a64.jpg

下りの路面は登り以上にドロドロで、滑り易いので要注意。
IMG_4469_20140126210844ecc.jpg

14:21 伊吹山上野登山口(標高約220m)
IMG_4471.jpg
下りは1時間44分。

三ノ宮神社近くに居たにゃんこ。
IMG_4472.jpg
チョッとおでぶちゃんで妙に親近感が沸く(笑)

やっぱり登頂したかったな~
IMG_4473_20140126210905a96.jpg

自分のヘタレさもあるが、今回途中敗退の最大の原因はやはり寝不足による体調不良。
帰路に寄った道の駅で2時間ほど爆睡してしまった(笑)
次回はしっかり体調を整えて、絶対登頂しよう!

(教訓) ハイク前の夜更かしは止めよう!

やっぱり、山っていいね!

伊吹山(6合目避難小屋)
標高差760m
登り 3時間40分、下り 1時間44分、TOTAL 6時間8分
今年1回目・通算2回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/361-e79fedbc