2014年1月14日(火) 快晴

3連休を襲った寒波も通り過ぎ、県内は高気圧に覆われ先週のような快晴
こんなイイ天気なので、本当は富士写ヶ岳(941m)辺りに行きたかったのだが、生憎午後から所用。
午前中だけということで、土曜日に引き続き近場の文殊山へ。
IMG_4238_20140114164924c16.jpg
今日もいっぱい登っているんだろうな。。。
またのこの時期にしか味わえない山めしにもチャレンジしよう。
食べることには、衝動を抑えられない私です(笑)
9:42 二上登山口駐車場
IMG_4240.jpg
予想通り、先客の車は20台超。

今朝も氷点下だったせいか、林道の雪もバリバリに凍っていた。
IMG_4241_201401141649367dd.jpg
これじゃあゆむくんはお留守番だな。。。

9:51 二上登山口(標高26m)
IMG_4242.jpg
今日も長靴・目出し帽でハイク開始。

いつもはぬかるむ尾根筋も泥まで凍っていた。
IMG_4243_20140114164949644.jpg

岩清水を越えた辺りで、下山してくる大N翁と遭遇。
IMG_4244_20140114165010cf2.jpg
あれ? 今日はやけに早い下山ですね。。。
伺うと今日は早く降りないと”まま”(=福井弁で”ご飯”)が貰えないらしい(笑)

10:25 七曲合流点(標高248m)
IMG_4245.jpg
ここまで34分と前回より6分も早い。今日の方がいっぱい担いでいるのにどうしたんだろう?

青空の下、雪山ハイク。う~ん気持ちいいな~
IMG_4249_20140114165031339.jpg

10:38 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_4250.jpg
雪だるまが得体の知れないモノになっていた(笑)

いつもは沼田場状態の鞍部も、今日は凍っているので汚れない。
IMG_4251.jpg
でも帰りはドロドロになっているんだろうな。。。

10:50 展望台
IMG_4252_2014011416510462c.jpg
ここまでで25人とすれ違い、2人に追い抜かれた。

稜線も路面が凍っているので歩き易い。
IMG_4253_20140114165110f0d.jpg

10:58 大文殊(山頂)(標高365m)
IMG_4254.jpg
タイムは1時間7分と前回より10分も早かった。詰めておられたご住職に挨拶し参拝。

うん?なんだ?
IMG_4256_201401141651226ec.jpg
おそ桜の古木を使った絵馬が無料でプレゼント中。

1枚いただき、願いことを記入し奉納。
IMG_4278.jpg
書いた内容は? 秘密です(笑)

青空の下、福井市街が広がる。
IMG_4279.jpg

視線を右手に移動すると。。。
IMG_4257.jpg
純白の白山をくっくりと遥拝することができた。
IMG_4260.jpg
でも白山を遥拝できたのはこの後10分ぐらいで、雲で隠れてしまいその後はお姿を現さなかった。

加越国境の山々も一面の雪化粧。
IMG_4261.jpg
今日は富士写ヶ岳に登りたかったな~

今日の山めしはポタージュリゾット
IMG_4273_20140114165343664.jpg
なにげに賞味期限が切れていたが、気にしない(笑)

気温が0度なので、ガスがなかなか気化せず火力が安定しなかった。
IMG_4274_201401141653473b9.jpg

温めたポタージュスープでレトルトご飯を煮込むだけなので、手軽にできる。
IMG_4276.jpg
これが寒の時期限定の山めし? いえいえ、続きはもう少し経ってから。。。

山めしを楽しんでいる間も、続々とハイカーが登ってくる。
IMG_4268_201401141652469a9.jpg
日陰にいると本当に寒い。でもこの時期じゃないとできないモノがあるのでじっとガマン。

今日の山めしはこれがメイン

山のでっかいプリン
IMG_4285_20140114165503b9f.jpg
氷点下で積雪のあるこの時期限定のスイーツ。直径15cmほどありますがなにか。
ちょっと水の量が多かったので、不格好なのはご愛嬌(笑)
詳しくは山めしにて。

食後はご住職やM川翁らと談笑。今年は本当に雪が少なく、ご住職が計ると18cmだった。
IMG_4280_20140114165423587.jpg
昨年(2013年)は1m、一昨年(2012年)は2m近くあったのに、いったいどうしたんだろう?

暖冬?の影響なのか、雪の上にはアリさんの姿も。
IMG_4288_20140114165511c0f.jpg
我々同様、雪山ハイクが好きなのかも(笑)

ちょうど昨年の今頃、会議室(避難小屋)でご一緒になったTS翁とお会いする。
このTS翁、毎回大文殊~奥の院間を45分で3往復もされるツワモノ。
今年年男ということなので、還暦かと思ったら72歳だそうだ。す、すごい!

しかも毎年穂高連峰を縦走されており、昨年はとんでもない体験もされたとのこと。
ここでは詳しくは書けないが、常人なら間違いなく死んでいるレベルです(驚)

所用があるのでそろそろ降りることにしよう(13:17)
IMG_4289_20140114165517b37.jpg
途中追いついてこられたTS翁とご一緒に山談義しながら降りていく。

登りでは気付かなかった岩清水付近のつらら。
IMG_4290_201401141655243ec.jpg
下りはぬかるんでいると思われた登山道も凍ったままだった。

14:02 二上登山口(標高26m)
IMG_4291_201401141655368da.jpg
下りは45分。

冷蔵庫の中に居るような寒い山頂だったが、スイーツを堪能し、山経験豊かなTS翁のいろんなお話も聞けてとても楽しかった。

やっぱり、山っていいね!

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 1時間7分、下り 45分、TOTAL 4時間23分
今年3回目・通算81回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/357-390835d7