2011年9月13日(火)

週末は北アルプスデビューの予定なので、今日は控えようかとも思ったが、じっとしていられる訳がない。
向かったのは、今年すでに5回目となる白山(2702m)。
つい数ケ月前までは、白山に登るのは夢というか、大いなる目標だったのに、人間変われば変わるもんだ(笑)
自宅を出たのが7時過ぎと遅かったので、別当出合に着いたのは8時20分。
この日はマイカー規制がなく、別当出合までOK。

いつもなら、この先右側へ降りていき、駐車場に向かうのだが、
DSC03914.jpg

今日はこの手前の路肩にある駐車スペースもどきに駐車。
DSC03913.jpg
最初なんでここに車が停めてあるんだろうと思ったが、何度か来ているうちにその訳が氷解。

ご覧のように別当出合の駐車場は、登山センターより60mほど下の場所にあり、
DSC03915.jpg
駐車場からセンターまでは登山道を数分登らねばならない。

だが、この駐車場もどきに停めると、なだらかな舗装路を歩いて、
DSC03916.jpg

別当出合センター(標高1260m)に辿り着く(8:35)。
DSC03917.jpg
なるほど、こちらの方が全然ラクじゃん!
でも台数はそれほどないので、すぐにいっぱいになるようだ。
事実、私が停めたこの日も残り2台分だった。

これまでの4回のうち、平瀬道を登った以外は全て砂防新道を利用。
DSC03919.jpg
観光新道は、距離的には6.1kmと砂防新道(6.0km)とたいして変わらないが、急登が多く、
室堂までのコースタイム(CT)が4時間50分と、砂防(4時間)より50分も長い。

DSC03921.jpg
また砂防新道には中飯場や甚之助小屋にトイレ・水場があるほか、沢も多数あるので水の心配はない。一方、観光新道には殿ヶ池避難小屋にトイレがあるだけで、水場は室堂までない。

別当出合からの登山者のうち、おそらく9割近くが砂防新道を利用。
このため観光新道は非常に空いており、先行者や下山者に気兼ねせず、ある意味歩き易いかも。
DSC03920.jpg
よし、今日は観光新道にしよう!(8:37)

まず砂防新道同様、広葉樹の林の中を歩いていく。
DSC03922.jpg

順調に進み、別当出合から1km地点に20分もかからず到着(8:55)。
DSC03924.jpg
DSC03925.jpg
疲れもほとんど感じないので、休まずそのままスルー。

時折視界が開け、視線の先にはちょうど1週間前に登った別山が。
DSC03927.jpg

登り始めから40分を過ぎた頃から、道の様子が豹変。次第にキツくなってきた。
DSC03928.jpg

勾配が急であるほか、石段の蹴上げ高、つまり1歩の高さが高く、膝に負担がかかる。
DSC03933.jpg

9:45 別当坂分岐(べっとうざかぶんき)(標高1655m)で小休止。
DSC03937.jpg
別当出合からちょうど2kmの地点で、最初の1kmが18分だったが、この1kmは50分もかかった計算。
いかに急登だったのか、お分かりいただけるかも。

ここは尾根筋で、市ノ瀬からの白山禅定道(旧越前禅定道)と合流する。
DSC03938.jpg

木製の階段が延々と続く別当坂を登っていく。
DSC03939.jpg

別当坂を登っていくと、徐々に緩やかになる。
DSC03941.jpg

なんか見えてきた。
DSC03942.jpg

10:25 仙人窟(せんにんいわや)(標高1800m)
DSC03943.jpg
登山道の真上を大きな岩が重なっており、中をくぐって通れる。

また別当出合から3km地点で、室堂までのほぼ中間地点。
DSC03944.jpg
この1kmは約30分かかった。

この日も荷揚げのヘリが何度も往復していた。
DSC03948.jpg

尾根づたいに歩くので、砂防新道に比べ眺めが良い。向こうに見えるのは白山釈迦岳(2053m)。
DSC03949.jpg

ようやく、殿ヶ池避難小屋(とのがいけ)が見えてきた。
DSC03951.jpg

だんだん近くに見えてくるが、なかなか辿り着かない。
DSC03952.jpg

11:20 殿ヶ池避難小屋(標高2110m)。
DSC03955.jpg
前述の通り、トイレはあるが、水場はない。
なお入口の扉が開いているのは、台風12号の影響で破損したためらしい。

名前の由来の殿ヶ池。池というより、湿原みたいな感じ。
DSC03957.jpg

バテバテで、たまらずベンチで大の字に。
DSC03956.jpg

10分ほど全く動けなかった。
DSC03958.jpg

砂防新道の甚之助避難小屋(標高1975m)があんな下に見える。
DSC03959.jpg

再び登りが堪える。
DSC03961.jpg

殿ヶ池小屋も随分遠くなった。
DSC03962.jpg

12:00 馬のたてがみ(標高2200m)
DSC03963.jpg
切り立った尾根が、馬のたてがみのようなので、こう名付けられたそうだ。
また回りはお花畑になっており、7~8月頃には登山客の目を楽しませてくれるらしい。

ようやく前方に黒ボコ岩が見えてきた。
DSC03965.jpg

谷の向こうには、黒ボコで合流する砂防新道もハッキリ見える。
DSC03966.jpg

12:20 蛇塚(じゃづか)(標高2240m)
DSC03968.jpg
小石が積み上げられた小さな塚で、泰澄大師が悪蛇三千匹のうち、千匹をここに埋めたとされる。
他の千匹は8月に訪れた千蛇ヶ池の万年雪の下に、残り千匹は福井の刈込池に封じ込められているとされる。

黒ボコ岩までもう少し。
DSC03970.jpg

12:30 黒ボコ岩(標高2320m)。
DSC03974.jpg
砂防新道との合流地点で、登山開始から約4時間。
CTが4時間20分なのでまずまずのタイムなのだが、もうかなりアップアップ状態。

観光新道側の黒ボコ岩にはめ込まれているレリーフ像。
DSC03973.jpg
白山をこよなく愛し、白山を描き続けた画家、玉井敬泉翁(1889~1960)だそうだ。

小休止した後、弥陀ヶ原へ。室堂方面はガスが出てきた。
DSC03976.jpg

8月のテン泊した際には、一面コバイケイソウが咲いていた弥陀ヶ原もご覧の通り。
DSC03978.jpg

ヘトヘトになりながらも、五葉坂(ごようざか)を登り切り、
DSC03979.jpg

13:09 白山室堂(標高2450m)到着。
DSC03981.jpg
登りタイムは4時間32分。やはり砂防新道より1時間余計にかかった。

先月建築中だった小屋はもう完成間近。
DSC03989.jpg

ガスは取れており、御前峰(標高2702m)も顔を出しているが、
DSC03983.jpg
シャリバテ状態なので、まずは昼食。

今日のメニューは、ひやむぎ
DSC03984.jpg
実はもう少し暑いかと思って、このメニューにしたのだが、この日の室堂は意外と涼しかった。

ご苦労なことにザルやボウル、そばつゆにデザートなどをここまで担ぎ上げてきた。
DSC03985.jpg
食い物に対する並々ならぬこの執念。我ながら呆れる(笑)

つゆをぶっかけて、鰹節をたっぷりかけて、いただきま~す!
DSC03986.jpg

食後、しばらくまったりしていたら、時計は既に14時を回っている。
DSC03988.jpg
う~ん、今から御前峰に登ると、下山が18時近くになるのは明白。

前々回の平瀬道と同様、残念だが頂上にはいかず下山することに(14:25)。
DSC03990.jpg
ひやむぎを食べるために登ってきたことに。でもこんなゆるゆる山行が、私のスタイルですから(笑)

再び弥陀ヶ原を通り、
DSC03991.jpg

14:45 黒ボコ岩。
DSC03993.jpg
残りの体力で観光新道を下るのはかなり厳しいので、下りは砂防新道へ。
ガスってきたので、急坂の十二曲りを慎重に下っていく。
DSC03995.jpg

途中にある延命水は、ほとんどチョロチョロ状態だった。
DSC03996.jpg

谷からどんどんガスが上がってきて、ますます視界不良。
DSC03997.jpg

15:30 甚之助避難小屋(標高1975m)
DSC03999.jpg
時間も遅いせいか、他の登山者の姿はなし。

16:00 別当覗(標高1780m)
DSC04000.jpg

ガスで別当谷はおろか、観光新道も全く見えず。
DSC04001.jpg

16:25 中飯場(標高1550m)
DSC04002.jpg

一方通行分岐(16:42)。もう少しだ。
DSC04003.jpg

ようやく吊り橋。
DSC04004.jpg
橋の上部にスズメバチの巣があると注意がされていた。

16:55 別当出合登山口(標高1260m)。
DSC04007.jpg
およそ8時間ぶりに戻ってきた。下りは2時間30分。

観光新道は噂通りの急登だったが、登り始めが遅かったことが頂上までいけなかった最大の理由。
やはり白山日帰りの場合、もっと早く出発すべきと反省する山行だった。

白山(室堂)(登り:観光新道・下り:砂防新道)
標高差1190m
登り 4時間32分、下り 2時間30分、TOTAL 8時間18分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/35-102b687a