2011年9月11日(日)

今日も絶好の登山日和。家でじっとはしてられない(笑)
今回のターゲットは、浄法寺山(1053m)。
DSC03812.jpg
福井市の隣、永平寺町にある山で、途中の冠岳(838m)とともに人気のある山である。
福井を代表する大河、九頭竜川右岸の浄法寺集落から、林道を車で登っていくと、
浄法寺山青少年旅行村に到着(8:05)。
DSC03814.jpg
ここにはバンガローやテント場、バーベーキュー施設などがあり、家族連れやグループで賑わう。

旅行村から浄法寺山への登山ルートは2つあり、
DSC03816.jpg
1つはツツジが原コースで、もう1つが冠岳コース
どちらも冠岳を経由する急登ルートだが、冠岳コースの方が直登の分だけよりキツいらしい。
時間は余計にかかるが、ツツジが原コースをチョイス。

まずは登山口を目指し、旅行村内を歩いていく。

(うん?トトロの小径?)
DSC03821.jpg

この鉄の輪っかが続くのが、そうなのか??
DSC03822.jpg
この大きさだと、トトロのお腹がつかえて通れないと思うのだが・・・(笑)

8:20 ツツジが原コース登山口(標高490m)
DSC03824.jpg
しばらくコンクリート舗装された小径を歩いていく。
右手には、黒岩と呼ばれる大きな岩壁がそびえる。
DSC03826.jpg
ロッククライミングのポイントでもあるらしい。

登山口から10分ほど進んでいくと、急登が始まる。
DSC03827.jpg

さらに進んでいくと、登山道は岩が多くなる。
DSC03829.jpg

8:37 しし岩で小休止。
DSC03830.jpg
形が獅子に似ているので、こう呼ばれるらしい。
でも岩そのものに、ペンキでしし岩と書いてあったのは、チョッと興冷め。
せめて表示板ぐらい作ればいいのに。

振り返ると、眼下には九頭竜川。
DSC03831.jpg

しし岩から先は、ほとんど岩登りのような急登が続く。
DSC03834.jpg

またロープが用意されている箇所も。
DSC03837.jpg
冠岳コースより楽だと思っていたが、ツツジが原コースも実はかなりの急登だったことに面食らう。

ようやく前が開けてきた。
DSC03838.jpg

9:00 ツツジが原
DSC03839.jpg
たまらずここでも小休止。

正面奥が日野山(795m)で、その右やや手前が、おなじみの文殊山(365m)。
DSC03840.jpg

ツツジが原から先は尾根筋で、
DSC03841.jpg
それまでの急登がウソのような緩やかな道となる。

9:05 びんつけ地蔵
DSC03842.jpg
ここでようやく単独行の方と遭遇。

小さなお地蔵(不動明王)さんと水場(湧き水)がある。
DSC03844.jpg
九頭竜川の主、黒竜と町娘おりゅうとの悲話ゆかりのお地蔵さんだそうだ。

軽やかに歩いていくと、前方に標識が。
DSC03846.jpg

9:23 冠岳山頂(838m)で小休止。
DSC03851.jpg
なお先日登った池田町の冠山同様、その山容が冠に似ていることが由来らしい。

2人組の方が小休止されていたが、彼らはもう下山するらしい。早いですね。
DSC03848.jpg

こちらは直登の冠岳コースに続く。
DSC03850.jpg

右側が浄法寺山(1053m)で、左側が南丈競山(みなみたけくらべやま:1045m)。
DSC03849.jpg
5分ほど休憩した後、浄法寺山へ向かう。

冠岳から浄法寺山に向かう尾根筋は、別名らくだの背と呼ばれる細かなアップダウンが続く。
せっかく稼いだ高度を無にするかのように、下ってはまた登る。こういうのが一番堪える。

鞍部で、2009年にできたばかりの冠新道と出合う。
DSC03855.jpg
旧丸岡町竹田の龍ヶ鼻ダムへと続き、浄法寺山、丈競山を縦走する周回コースにもなっている。
機会があれば、このルートも挑戦したい。

9:38 展望岩。
DSC03856.jpg
登山道のすぐ脇にある。

越前の山々が見渡せる。
DSC03861.jpg

山頂まで10分、がんばって!!の看板。
DSC03862.jpg
まだ10分もあるのか・・・

10:20 浄法寺山山頂(1053m)。
DSC03864.jpg
登りタイムはちょうど2時間。ツツジが原コースの標準コースタイムは2時間20分なので、まずまず。
頂上には誰もいなかった。

お決まりの三角点(二等:浄法寺山)タッチ。
DSC03865.jpg

展望台の上にある表示板。
DSC03871.jpg

これまで歩いてきた、らくだの背と冠岳。
DSC03866.jpg

東側の勝山方面。前方に見える山は鷲ヶ岳(769m)。
DSC03869.jpg

北側には南丈競山(1045m)と北丈競山(964m)。
DSC03870.jpg
びんつけ地蔵であった方に、南丈競山に避難小屋があると聞いたが、どうやらアレかな?

西側に目をやると、坂井平野とその先に広がる日本海。
DSC03872.jpg

福井市中心部や足羽山も望める。
DSC03875.jpg
ここでお昼でもよかったが、時間もあるので南丈競山まで行ってみることに。

南丈競山までは、全般的になだらかな尾根筋を歩く。
DSC03876.jpg
周りには熊笹や潅木が生えているが、下草も刈られ、しっかり整備されている。

しばらく歩いていくと、道の上に動物の糞
DSC03897.jpg
大きさや未消化の種などから推測にするに、クマの糞に違いない。。。
慌てて鈴を大きくかき鳴らし、通り過ぎる。

最後はやや登りがキツくなるが、
DSC03879.jpg

10:54 南丈競山山頂(みなみたけくらべやま:1045m)
DSC03880.jpg
浄法寺山から20分で到着。ここにも先客はいなかった。

丈競山(たけくらべやま)の由来は、麓の丸岡方面から眺めると、南北2つの峰が背丈(せたけ)を競いあっているかのように見えるからだそうだ。

山頂は結構広く、立派な避難小屋もある。
DSC03884.jpg

ここからの眺めも素晴らしく、
DSC03887.jpg

お隣石川県の小松ドームまで確認することができた。
DSC03900.jpg

お腹も空いたので、ここで昼食とする。
今日のメニューはカレーライス。
DSC03888.jpg

でもその前にやっぱりコレ!
DSC03890.jpg
山頂でのオールフリー。たまりませんね~(嬉)

これもおつまみにピッタリ。
DSC03892.jpg
2本目も開けてしまう(笑)

いただきま~す!
DSC03894.jpg

すっきりとした秋晴れの下、山頂でのひと時はまさに至極の時間。
DSC03895.jpg
癒される~

1時間近く滞在したので、そろそろ戻ることに(11:45)。
DSC03896.jpg
今度来る時は、北丈競山にも縦走してみよう。

浄法寺山に戻る途中、びんつけ地蔵でお会いした方が、登山道脇の下草を刈っておられた。
ご苦労さまです。こういう方々のご苦労があって、無事に登らせていただけることに感謝。

12:15 浄法寺山山頂で小休止。
DSC03898.jpg
休憩中のご夫婦がおられた。

再び、らくだの背の登り返しにヘロヘロになりながらも、

13:00 冠岳山頂。
DSC03901.jpg
帰路は冠岳コースへとも考えたが、500mで200mも下る急坂らしいので、今回はパス。

往路と同じツツジが原コースへ。
DSC03902.jpg

こちらも岩だらけの急坂。下りは登り以上に慎重に。
DSC03905.jpg

13:50 登山口
DSC03907.jpg
南丈競山からは2時間5分かかった。

駐車場に戻る途中、バーベキューハウスからいい匂いが。
でも、食べていかない?という声はかからなかった(笑)

DSC03908.jpg

今日は風もなく、本当に気持ちの良い山行だった。

冠岳(838m)、浄法寺山(1053m)、南丈競山(1045m)
標高差593m
登り 2時間20分、下り 2時間5分、TOTAL 5時間55分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/34-0679b061