2013年11月16日(土) 晴れ

このところめっきり寒くなり、北陸も冬間近で紅葉ハイクもそろそろ終了フラグ。
1000m超のお山はこのところの雨で、残雪のある箇所もあるようだ。
右足の調子もまだ完全ではないので、近場のお山へ。

広域基幹林道大仏線(大仏林道)
daibutsurindo.jpg
越前中央山地を東西に貫く高規格林道で、永平寺町松岡湯谷(旧松岡町)から同町吉峰(旧上志比村)までの全長27.3km
道中には吉野ヶ岳(547m)、剣ヶ岳(799m)、大佛寺山(807m)仙尾山(826m)といった山々があるので、林道を走りながら登ってみることにする。
ちなみに表題の大仏祖跡連山とは、私が勝手に名付けたものです(笑)
実はもう少し早く登ろうと思っていたのだが、県のHPで確認すると法面崩壊による修復工事のため一部通行止で通り抜けできないとある。管理者の福井市に確認すると、修復工事自体はもう終わっているが合わせて舗装工事もしているので、今週末ぐらいまでは規制が続くとのことだった。
松岡側から剣ヶ岳まで、上志比側から仙尾山までは行けるようだが、林道全線を縦走したいのでしばらく様子をみていた。

今週改めて市に確認すると、まだ完了検査が終わっていないが、舗装工事は終了したので通行可能とのこと。ただし来週から松岡町が管轄する箇所で引き続き舗装工事が実施される予定なので、再び一部通行止になる。
つまり今週を逃すと、来年まで通行できなくなる可能性が大(冬期は積雪で通行不能)
という訳でワンチャンスを狙って、今日の決行となった。 こういうことにはマメなんです(笑)

久しぶりの青空。今日は1日中晴れの予報。
IMG_3475.jpg
朝靄が残っている大仏林道入口へ向かう。

8:55 大仏林道入口(永平寺町松岡湯谷)
IMG_3477_20131116213336a0b.jpg
うっかりしていると見落としやすいのでご注意。

大仏林道は19年の歳月と約50億円の巨費が投じられて、平成16年に完成した。
IMG_3478.jpg

まずは舗装された林道を登っていく。
IMG_3479_201311162133430d8.jpg

9:04 吉野ヶ岳登山口(林道出合)(標高約348m)
IMG_3480_20131116213346f28.jpg
路肩が広くなっていて、5~6台駐車可能。

吉野ヶ岳には一昨年登っているが、その際は麓の蔵王大権現神社から登った。
IMG_3481_20131116213859282.jpg
神社付近は駐車スペースが1台と狭く、最近はこの林道から登る方が多いようだ。

登り口は駐車スペースから20mほど先にある。
IMG_3482_201311162139036ce.jpg

ザックは車に残し、ラジオとペットボトル、クマ鈴だけを持ってハイクアップ(9:08)
IMG_3483_20131116213909953.jpg
さっきの看板では山頂まで15分と書かれていたが、麓の神社にあった看板では確か30分だったはず。どっちが本当?

道幅は広く、偽木の階段が設置されているが、結構急な道が続く。
IMG_3484.jpg

一旦緩やかになるが、
IMG_3485_201311162139187f2.jpg

程なく階段となる。ただし今日は涼しいせいか、汗もかかずに登っていく。
IMG_3486.jpg

9:30 蔵王大権現神社奥社(標高約522m)
IMG_3487_20131116213945f3f.jpg
登山口から22分。私の亀足では参考にならないが、やっぱり15分じゃキツいのでは。。。

泰澄大師が開いた神社で、本地仏は十一面観音菩薩。
IMG_3488.jpg
神社の名前から、別名蔵王山とも呼ばれている。

軽く息を整え、200mほど先の山頂に向かう(9:32)
IMG_3489_20131116214004c2e.jpg

この辺りは紅葉が始まっていた。
IMG_3490_2013111621400991b.jpg

9:37 吉野ヶ岳山頂(標高547m)
IMG_3491.jpg
タイムは29分。予想通り、山頂には誰もいなかった。
越前五山(白山、文殊山、日野山、越知山、吉野ヶ岳)の1つだが、ここで他のハイカーと出遭ったことがない。

記念の三角点(三等・蔵王山)タッチ。
IMG_3496_20131116214057535.jpg

キレイな花が添えられていたので、最近誰か登ったのかと思いきや造花だった(笑)
IMG_3493.jpg

山頂からの眺望は北方向だけとイマイチ。
IMG_3494.jpg
やはり眺望があまり開けていないのも、登山者が少ない理由なのかも。

今日は4座登る予定なので、小休止した後下山開始(9:45)
IMG_3497_20131116214212495.jpg

心配だった下り。やはりまだ少し痛みがある。
IMG_3498_20131116214217f0d.jpg

割と近いようなので、前回はパスした閼伽水(あかみず)に寄ってみよう(9:50)
IMG_3501.jpg

奥社から谷間へ降りていく。
IMG_3504_20131116214306e1a.jpg

9:52 閼伽水(標高約506m)
IMG_3503_20131116214234d7c.jpg
説明板によると、古来より修験者たちが利用した霊泉とされる。

奥社に戻り、慎重に下っていく(9:57)
IMG_3505.jpg

10:09 吉野ヶ岳登山口(林道出合)(標高約348m)
IMG_3506.jpg
下りは24分。1座目終了。

登山口を後にし、林道を進んでいく。
IMG_3507_20131116214321f2f.jpg

林道は舗装されているが、路肩の雑草がせり出した場所も。
IMG_3508_20131116214325843.jpg

10:23 市野々大谷線分岐(標高約325m)
IMG_3509.jpg
支線は永平寺方面に繋がっている。

古い看板のようでこの先未開通となっているが、もちろん通行可能。
IMG_3510_20131116232634669.jpg

前方に剣ヶ岳東峰(789m)が見えてきた。
IMG_3511.jpg

7月に登った大佛寺山(807m)も。
IMG_3512_201311162326392c3.jpg

10:30 ヤナ久保線分岐(標高約375m)
IMG_3513_20131116232643d16.jpg
右へ行くとR364(旧永平寺有料道路)の宇坂トンネル付近に出る。

所々このような落石箇所があるのでスピードは控えめに。
IMG_3514_2013111623270527e.jpg

こんな山中の林道なのに電柱があった。この先になんか施設があるのかな?
IMG_3516.jpg

途中展望スポットがあったので、車を停めて寄ってみる(10:34)
IMG_3517_2013111623271363f.jpg

ここからは文殊山(365m)や一乗城山(473m)が望めた。
IMG_3518_201311162327156e8.jpg

標高が上がるにつれ、紅葉が目立ってくる。
IMG_3521.jpg

電力会社の通信施設。先ほどの電柱はこのためのようだ。
IMG_3522_20131116232740b44.jpg

10:43 剣ヶ岳展望台(標高約695m)
IMG_3523.jpg
ここも他の車両はなし。まだ3台としかすれ違っていない。

大仏林道のちょうど中間地点に辺り、北側の眺望が開けている。
IMG_3524_20131116232746529.jpg

北西側には福井(坂井)平野が広がる。
IMG_3527_201311162327481a9.jpg

おぼろげながらもテクノポートの火力発電所も望めた。
IMG_3531_20131116232814af3.jpg

北側には浄法寺山(1053m)や小倉谷山(910m)。
IMG_3530_20131116232751a31.jpg

駐車場の南側にあるのが剣ヶ岳本峰(西峰:799.5m)なのだが、登山口が分からない。
IMG_3533_20131116232821272.jpg
尾根の端っこ付近に行って探してみるが、がひどく踏み跡も分からない。
実は事前にネットでこの剣ヶ岳の情報を検索したのだが、かなり少ない。
かろうじて西峰に登られた方の情報では、古道はあるようだが藪漕ぎがかなりハードな模様。
以前は教科書(登ってみねの福井の山)にも載っていたようだが、現在の第6版では削除されてしまい、登る人が激減してしまったのが原因らしい。
なお、刈安山の近くにある同名の剣ヶ岳(567.8m)とは別の山です。

他にも登れそうな場所がないか車でゆっくり進んでみたが、結局見つけることができなかった。
三角点(三等・剱岳)があるらしいので、これは次回の宿題にしよう。
ところでこの剣ヶ岳、どう読むのだろう? ケンガダケ? それともツルギガダケ?

展望台からしばらく進むと、林道は一旦未舗装に変わる。
IMG_3534.jpg

どうやらこの先は未舗装区間が多く、段階的に舗装工事しているようだ。
IMG_3536.jpg

10:53 剣ヶ岳東峰登山口(標高約716m)
IMG_3537.jpg
路肩が広くなった場所に停めさせていただく。

巡視路になっており、この標識が目印。
IMG_3538_20131116232855ff6.jpg
ここも空身でハイクアップ(10:54)

巡視路だけあって、きちんと下草が刈られており、プラ階段も設置されている。
IMG_3540.jpg

息が上がるかなりの急登だが、涼しいせいか今日はほとんど汗をかかなかった。
IMG_3541_20131116232907a70.jpg

前方に反射板が見えてきた。
IMG_3542_201311162329112af.jpg

11:03 剣ヶ岳東峰(標高789m)
IMG_3543_201311162329152fe.jpg
10分もかからず到着。

山頂は木々に囲まれていて、眺望はあまりよくない。
IMG_3545.jpg

落葉した枝の隙間からかろうじて西峰が望めた。
IMG_3546.jpg

ここも長居せず、息を整えた後下山開始(11:06)
IMG_3549_201311162329466c6.jpg

道端にはまだアキノキリンソウが咲いていた。
IMG_3550_2013111623294927f.jpg

下りは7分(11:13)
IMG_3551_20131116232953d63.jpg

引き続き林道を進んでいくと、真新しい舗装路になる。
IMG_3552_201311170049582d0.jpg
どうやらこれが今週終わったばかりの舗装区間のようだ。試走行検査しておきました(笑)

この辺りは稜線近くを走っているので、眺望が良い。
IMG_3553_20131117005000322.jpg

冠雪した白山も望めた。
IMG_3554_20131117005003104.jpg
ちなみに昨日(11/15)で、市ノ瀬~別当出合間が冬期通行止になったそうだ。

未舗装箇所は浸食等で轍が深い箇所もあるので、低速で進行。
IMG_3556_2013111700500789a.jpg

11:22 大佛寺山・仙尾山登山口(標高約770m)
IMG_3557_20131117005010e0a.jpg
特に駐車スペースはないので、目一杯路肩側に寄せて駐車。

ここは大佛寺山(807m)と仙尾山(825m)両方の登山口になっている。
IMG_3559_20131117005138625.jpg

曹洞宗の開祖道元禅師が歩いた道とされ、祖跡コースとも呼ばれる。
IMG_3558_20131117005135483.jpg

本日初のザックを担ぎ、大佛寺山から登ることにする(11:23)
IMG_3560_20131117005142184.jpg

積雪のせいだろうか、コンクリート製の手すりが倒れていた。
IMG_3563.jpg

コウちゃんさんが登られた10日ほど前と比べ、すっかり落葉していた。残念。
IMG_3564_201311170116414eb.jpg
ただ落葉したブナ林も味があってイイ。

山頂までは概ねなだらかだが、3つほど小ピークを越えていくのでアップダウンが続く。
IMG_3566_20131117011647bb4.jpg

ふう~ あれも騙しピークなんだろうな。。。
IMG_3568_20131117011657394.jpg
でも永平寺ダム側からの激登から比べれば、全然ラクだ。

11:36 血脈池分岐(標高約781m)
IMG_3569_20131117011702c82.jpg
分岐からも望めたのでスルー。

道元禅師ゆかりの池で、この池を荒らすと大雨が降るらしい。
IMG_3570.jpg

11:44 小ピーク(標高約791m)
IMG_3571_20131117011946b6a.jpg

あれが山頂かな?
IMG_3573_2013111701195261f.jpg
この付近で今日初めてのハイカーとすれ違う。ご夫婦と思われる2人組は永平寺ダム側から登って来られたそうで、これから血脈池まで行ってみるとのこと。

11:53 大佛寺山山頂(標高約807.4m)
IMG_3574_20131117011956b09.jpg
タイムは30分。

お約束の三角点(二等・勢競)タッチ。
IMG_3575.jpg

前面には浄法寺山(1052m)
IMG_3583_201311170121337a9.jpg
今日もいっぱい登っているんだろうなぁ。

勝山方面はやや霞んでいたが、ここからも白山が望めた。
IMG_3578_20131117012051b33.jpg

シートを広げてお昼にする。
IMG_3579.jpg

残った汁はカレー雑炊にリメイク。
IMG_3580.jpg
最近ブロ友たちの話では、山でラーメンの残り汁や湯切りしたお湯を捨てるハイカーが多いようだが、本当に困ったもんだ。

小春日和で、風もほとんどなく気持ちいい。
IMG_3581_2013111701210130a.jpg

まだ先があるので、そろそろ降りることにしよう(12:34)
IMG_3584.jpg

今日一番だった紅葉。
IMG_3586.jpg

12:50 血脈池分岐(標高約781m)
IMG_3588.jpg
先ほどのご夫婦、あれから見かけていないし、血脈池付近にも見当たらない。もしかして。。。(怖)

林道が見えてきた。
IMG_3589.jpg

下りも30分(13:04)
IMG_3590_201311170204306d5.jpg

息を整え、今日4座目の仙尾山(せんのおやま)へ(13:07)
IMG_3591_201311170204359f9.jpg

こちらは大佛寺山より少し紅葉が残っていた。
IMG_3593.jpg

もう少し早く来たかったな~
IMG_3595.jpg

途中で見かけた俳句の看板。
IMG_3596_20131117020559bdf.jpg
含蓄のある句ですね(笑)

10分ほどで鉄塔(標高約806m)に出る。
IMG_3598.jpg

一見山頂っぽいが、山頂はまだ200mほど先。
IMG_3599_20131117020609d23.jpg

ここも巡視路なので、整備されていて歩き易い。
IMG_3600.jpg

13:26 仙尾山山頂(標高826m)
IMG_3603.jpg
タイムは19分。標柱のほかに地元上志比中学校の生徒が作った看板もあった。

眺望はあまり良くなく、かろうじて北西側が見える程度。
IMG_3605.jpg

朝より右足の痛みがひどくなってきたせいか、下りも17分かかってしまった(13:46)
IMG_3609.jpg
やっぱりしばらく安静にしておいた方が良いのかな・・・

車に戻り、上志比方面に進んでいく。
IMG_3610.jpg

この付近の路面には、ピンクのリボンがマーキングされていた。
IMG_3611_20131117023334a82.jpg
どうやら来週から舗装工事される区間のようだ。

確かに雨水で路面がかなり浸食されているので、舗装工事が必要のようだ。
IMG_3613_20131117023337da9.jpg

本日最後のお山、祝山(705.3m)に登ろうと登山口までくるが、なぜかバリケード(13:57)
IMG_3615_20131117023344a32.jpg
祖跡コースに崩落箇所があるらしく、立入禁止になっていた。
もしかすると祝山までは行けるのかもしれないが、今回は規制に従い諦める。

この辺りはやや道が荒れているので、走行は慎重に。
IMG_3616_20131117030450f6f.jpg

14:06 皿谷線分岐(標高約577m)
IMG_3617_20131117030454fe2.jpg
右手に進むと、リズムの森がある旧美山町(福井市)の皿谷地区に通ずる。

一本杉の先にも支線が続いていたので、寄ってみる。
IMG_3620_20131117030501d53.jpg

150mほど進み、ログハウスの先で林道は行き止まり。
IMG_3618.jpg
ここは旧上志比村が整備したほおのき広場というらしいが、近年はあまり使われていない様子だった。

色付いた山を眺めながら、吉峰寺方面に下っていく。
IMG_3622_201311170305058f0.jpg

舗装されているが、落石も多い。
IMG_3624.jpg

14:25 大仏林道終点(永平寺町吉峰)
IMG_3626_2013111703055544f.jpg
結局林道で出会った車は3台だけだった。

松岡側と比べて立派なゲートがあった。
IMG_3628_20131117030559ce2.jpg
ところでなんで英語なの?

こちらでは別名、”どんぐりころころ林道”と呼ぶそうだ(笑)
IMG_3629_201311170306032ec.jpg

下山後は先週に引き続き、永平寺温泉禅の湯へ。
IMG_3632.jpg
今度の土日(11/23・24)には入館者3万人突破感謝祭が開催されるそうで、お楽しみ抽選会やかけそば・かけうどんの無料振る舞い(両日先着100名)があるようだ。

今日は前回売切れだったかき揚げ(50円)をトッピング。
IMG_3633_20131117030627b30.jpg
上志比名物の玉ねぎやにんにくが使われており、これで200円だなんて信じられます?

美味しくて、もう1杯注文しちゃいました(笑)
IMG_3634.jpg


今回は歩行時間3時間弱とゆるめのハイクだったが、計4座も登ったので意外と疲れた。
また大仏林道は落石や未舗装区間などやや荒れた箇所もあったが、概ね安全に通行できた。
ただ50億も使って造られた割には、あまり利用されていないのは本当にもったいない。
林道を使うとハードな大佛寺山も手軽に登れるので、メンテナンスをしっかりすればもっと利用者が増えると思う。

今回のルート図 (クリックすると拡大します)
daibutsurindou01-005.jpg


吉野ヶ岳(547m)
標高差199m
登り 29分、下り 24分

剣ヶ岳東峰(789m)
標高差73m
登り 9分、下り 7分

大佛寺山(826m)
標高差37m
登り 30分、下り 30分

仙尾山(777m)
標高差56m
登り 19分、下り 17分

TOTAL 5時間30分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/337-dcd418f4