2013年10月28日(月) 快晴

奥越の山々は、今週から来週にかけてが紅葉の見頃のようだ。

昨年この時期に登った経ヶ岳(1625m)や荒島岳(1523m)などの
メジャーどころを筆頭に、昨日まで九頭竜紅葉まつりが開かれていた旧和泉村の
鷲鞍山(1010m)や未踏の平家岳(1441m)や越前甲(1319m)も捨て難い。
また先週の銀杏峰(1441m)途中敗退の悔しさも、頭の片隅にこびり付いている。
この時期はホント、登りたい山が目白押しで、1週間ぐらいお休みだといいのに。。。(笑)

最終候補として未踏の平家岳と越前甲が残ったのだが、平家岳登山口に通ずる
大谷秋生大野線(県道230)の箱ヶ瀬橋は、台風による土砂崩れの影響で通行止のようだ。

という訳で今週のハイクは、勝山市にある越前甲(えちぜんかぶと)に決定!
IMG_2876_2013102818312050a.jpg
正式名称は越前大日山。 福井-石川県境にある山で稜線が長く、
石川県側の加賀大日山(1368m)や小大日山(1198m)、加賀甲(1312m)など
と合わせて大日山塊と呼ばれている。

その山容が武具の(兜)に似ていることから、地元ではもっぱら越前甲の方が通りが良い。
また積雪期に山スキーや白山遥拝で登られる方も多い。

天気予報は快晴! これは絶対登らねば・・・と、先週の反省を踏まえ早寝。
目覚ましどおり5時に起床したが、自宅でうだうだしていたので、出発は7時半過ぎだった(笑)
 
R416(勝山街道)で勝山市へ。
IMG_2873_20131028183114109.jpg
道中、やや霞んでいたが山頂部が少し冠雪した白山が望めた。

越前甲は約300万年前に活動していたトロイデ(鐘状)型の休火山で、
IMG_2877_20131028185321e7c.jpg
白山より歴史(約40万年前)が古い。その形状からいかにも急登が待ち構えていそう。。。

滝波町交差点で左折し、野向(のむき)町方面へ。
高尾岳(525m)の西麓をかすめながら、九頭竜川の支流、野津又川沿いに進んで行く。

野向町横倉にあるあまごの宿(標高約360m)。
IMG_2878.jpg
”アマゴ”とはサツキマスの陸封型のサケ科の魚で、ここで養殖・提供されている。

実はここには1度来たことがある。もっとも40年以上前の話で、家族で食事にやって来た。
その名の通り、アマゴ料理を食べさせてくれるお店で、今なら喜んで舌鼓を打つところだが、
当時の私は魚が大の苦手で、アマゴの塩焼きや刺身などアマゴづくしの料理に全く箸が伸びず、
ハンバーグやカレー食べたいな~と思いながらひもじさを味わった苦い記憶が今も残っている(笑)

宿泊やアマゴ料理が堪能できる昼食(11:00~16:00)がメインだが、立ち寄り入浴
(315円:11:00~18:00)も可能だそうだ。

あまごの宿HP

このR416は、本来福井市からこの加越国境を越えて石川県の小松市に通ずる国道なのだが、
IMG_2879.jpg
このすぐ先辺りで途切れている。(車両交通不能区間)

国道終点から先は現在拡張工事中の林道になっていて、工事日によっては通行止となる。
ブロ友さんたちの過去の山行記録でも、林道手前の駐車スペースに停められて林道を
歩いていたようだが、今日は規制の看板やバリケードも見当たらない。
進んでもイイんだよね?!

だが林道に入ってすぐのところに、ご覧のような巨大な水溜り
IMG_2880_20131028183131c06.jpg
うそ~ ここ通れるかな・・・

水溜りはほぼ林道いっぱいにあり、距離は約20mで、深さは20~30cmほどのようだ。
車高の高いRV車じゃないので、そのまま進むとドアの下部から浸水するかもしれない。
諦めて先ほどの駐車スペースまで引き返そうかと思ったが、よく見ると左側と中央部に
少し路面が露出した箇所があり、ここにタイヤをのせて進めばなんとか行けそうかも。
低速で慎重に進み、なんとか無事クリア。

8:37 八反滝分岐(標高約518m)
IMG_2881.jpg
左側に進むと(車両は通行不可)、八反滝に行くようだ。時間があれば、帰りに寄ってみよう。

林道は1~1.5車線の隘路で未舗装。轍も深いので、普通に走ると車底をガリガリ擦ってしまう。
路肩側は怖いので、山肌側に轍を外しながら低速で進んでいく。
私の車でもなんとか通れましたが、RV車以外はあまりオススメしない路面状況でした。

分岐から3分ほど進むと、今度は前方に工事作業中の重機
IMG_2882_20131028183230715.jpg
ここでも通れないのかと思いきや、徐行して通行することができた。ご苦労様です。

8:44 越前甲登山口(標高約720m)
IMG_2883_20131028183234507.jpg
登山口には「野向町まちづくり推進委員会」が設置された看板がある。
林道がやや広くなっており、路肩に5~6台駐車可能。先客の車は1台もなかった。
工事の方の邪魔にならないよう目一杯端に寄せて駐車する。

準備を済ませハイク開始(8:48)
IMG_2884_20131028183239727.jpg
今日も誰とも遭わないのか。。。

序盤はなだらかに登っていく。
IMG_2885_20131028183244896.jpg
このコース、距離はたった2kmしかないが、標高差は約600m(平均勾配率30%)。

前方にはいかにもエグそうな急登が待ち構えている(汗)
IMG_2886.jpg

沢沿いの道を登っていく。
IMG_2887_20131028183312697.jpg
なおこの道がR416だそうです(笑)

渡渉箇所も何箇所かある。
IMG_2888_201310281833162b3.jpg
ここは一番幅が広く、足場を選ぶのが難しかった。

中には登山道というより、沢そのものを歩く箇所もある。
IMG_2889_201310281833218f4.jpg
苔が生えて滑り易い箇所も多く、水量の多い春先はかなり歩きづらいかも。

9:04 巡視路分岐(標高約850m)
IMG_2891_20131028183326316.jpg
写真には写っていないが、左手の虎ロープが張られた道は電力会社の巡視路。
こちらに進んでいくと、八反滝分岐近くに降りられるようだ。

???(同定中)
IMG_2892_20131028183355a02.jpg

マユミ(ヤマニシキギ)?
IMG_2894_2013102818335999a.jpg
山ガールの青レンジャーさ~ん、ご教授下さい(笑)

次第に道が険しくなってきた。
IMG_2895.jpg
大日峠までの前半部分は、その先の後半から比べるとゆるやかと言われるそうだが。。。

紅葉も少しずつ目立つようになってきた。
IMG_2897_20131028183409afc.jpg

虎ロープが張られた場所も。
IMG_2899.jpg

ようやく前方が開けてきた。
IMG_2901.jpg

9:32 大日峠(標高約930m)
IMG_2902_2013102818350124b.jpg
ここまで42分で、標準タイムが約50分なので、まずまずのペース。ここで小休止する。

ここはT字路になっており、右手を登っていくと新又越を経て小松市新保町(R416)に至る。
IMG_2905_20131028183516282.jpg

峠から見える石川県側の紅葉もキレイだった。
IMG_2903_20131028183506208.jpg

前回の反省を踏まえ、シャリバテする前にレーションを補給。
IMG_2906_20131028183534014.jpg

ここからは残り約1.2km(9:38)
IMG_2907.jpg
でもまだ400mも登らないとならない(滝汗)

最初は紅葉の始まったなだらかな稜線歩きだが、
IMG_2908_20131028183544972.jpg

100mほどで急登が出現。
IMG_2911_2013102818355371f.jpg
ロープを握りながらよたよた登っていく。

背後には白山もお顔を覗かせてくれていた。
IMG_2912.jpg

風が結構強く吹いていたせいもあり、いつもはダラダラ流れる汗も今日はほとんどかかない。
IMG_2913_2013102822204440f.jpg

9:49 小ピーク(標高約980m)
IMG_2914.jpg
地図に載っている古い登山道はこの付近で合流するが、現在は廃道状態のようだ。

視界が開け、前方には鮮やかに色付いた紅葉
IMG_2916_20131028222053086.jpg
キレイだな~ でもあれは多分、山頂じゃないんだよな。。。

延々虎ロープが張られた急登が続く。
IMG_2920.jpg

20分歩いても依然として急登。
IMG_2923_20131028222240bde.jpg
先月の妙高山から比べればまだマシな方だと自分に言い聞かせるが、ツラさはあまり変わらない(笑)

大日峠から約50分でようやく急登を登りきる。
IMG_2926_201310282222536b8.jpg

10:28 前峰(標高約1180m)
IMG_2927_201310282223360a1.jpg
うすうす山頂じゃないとは思っていたが、やっぱり。 Orz
IMG_2930_201310282223429c1.jpg

たまらず立ったまま小休止する。
IMG_2931_201310282223478e4.jpg

前峰から先も、先ほど同様の急登が待ち構えていた。
IMG_2932_2013102822235263a.jpg

山頂は近くに見えるのだが、なかなか近づかない。
IMG_2933_20131028222357a18.jpg

10分登っても景色があまり変わらないんですが。。。
IMG_2934.jpg

前峰から約25分でようやくなだらかになり、前方が開けてきた。
IMG_2936_20131028222425b2a.jpg
今度こそ頂上だよね!?

11:00 越前甲(越前大日山)山頂(標高1319.6m)
IMG_2937_20131028222433193.jpg
タイムは2時間12分とほぼ標準タイム。

山頂は意外と広く、2~30人ぐらいは居れそうだが、予想通り誰もいなかった。
IMG_2938.jpg
今日も独り占めか~(笑)

また山頂には三角点(二等・大日山)がある。
IMG_2939_20131028222441f61.jpg

東側には頂部が少し冠雪した白山連峰
IMG_2941.jpg
ツラかった登りもすっかり忘れさせてくれる。

ここからだと剣ヶ峰(2677m)も望めた。やっぱり寒そうだな~
IMG_2942_20131028231726d9b.jpg
実は今回、泊りで白山に行こうかとも思ったのだが、今朝の福井の最低気温は7℃。
福井で7℃だったら、白山(2702m)は間違いなく氷点下で凍結しているはず。
1週間前に避難小屋(白山荘)泊まりされたブロ友のよっしーさんの情報でも、
かなり寒かったそうなので断念した。

稜線続きの北側には、(加賀)大日山(1368m)。
IMG_2943_20131028231729016.jpg
加南三山(富士写ヶ岳・鞍掛山)の1つで、あちらの方が50mほど高い。

加賀大日山の右手には同じく加南三山で、2月に登った鞍掛山(477m)。
IMG_2955.jpg

はるか先には先月登った医王山も望めた。
IMG_2957.jpg

南東側には今回登ろうか悩んだ経ヶ岳(1625m)や荒島岳(1523m)。
IMG_2949.jpg

取立山(1307m)や赤兎山(1629m)にはいっぱい登っているのかな?
IMG_2951-001.jpg

山頂の西側には、加賀大日山に通ずるトレイルが続いている。
IMG_2944_20131028231734aab.jpg

山頂からは木々が邪魔して見えないので、少し進んでみると視界が開ける。
IMG_2945.jpg
うん、あれは?

ズームしてみると小屋のようだ。
IMG_2946.jpg
あとで調べたら、あれは加賀甲避難小屋(標高1312m)だそうだ。

5月にテン泊縦走ハイクした南丈競山(1045m)や浄法寺山(1053m)も望めた。
IMG_2948_2013102823181113a.jpg

絶景を堪能した後は、お昼にしよう。今日は簡単にカップ麺だけ。
IMG_2953.jpg
少ないですか?(笑)

食後もコーヒーを飲みながら、絶景をひとり占め。
IMG_2954_20131028231902716.jpg

加賀大日山まで足を伸ばそうかとも思ったが、下調べしていないので次の機会に(11:39)
IMG_2960_201310282319109f7.jpg

下りは急坂が続くので慎重に。
IMG_2961_20131028231936bc3.jpg

って言っている尻から、紅葉に見惚れて2回ほど転んだ(笑)
IMG_2962_20131028231942c71.jpg

虎ロープがこまめに設置されているのがありがたい。
IMG_2963_201310282319527b5.jpg

11:55 前峰(標高約1180m)
IMG_2965_20131028231958f38.jpg
登りは32分かかったこの区間も16分。

峠までの急坂も滑り易いので要注意。
IMG_2967_20131028232003fdc.jpg
ここでも1回コケました(笑)

12:23 大日峠(標高約930m)
IMG_2968.jpg
山頂から44分。立ったまま3分ほど小休止する。

この先はこれまでよりはだいぶ緩やかになるが、沢歩きの箇所もあるので気が抜けない。
IMG_2969_201310290049234a4.jpg

うっかりしていると、道を外れて沢に迷いこみそうな場所もあるので要注意。
IMG_2970_201310290049285b3.jpg

12:45 巡視路分岐(標高約850m)
IMG_2972.jpg

ここまで降りてくると道もなだらかになるが、沢沿いを歩くのでまだ気が抜けない。
IMG_2973_20131029005400a95.jpg

この渡渉箇所を渡れば、登山口はもうすぐ。
IMG_2974_201310290054057f3.jpg

12:55 越前甲登山口(標高約720m)
IMG_2975.jpg
下りは1時間16分。結局誰とも出遭わなかった。

車で林道を下っていくと、前方で工事車両が荷降ろし中で通れない。
IMG_2976_201310290054201d9.jpg
3分ほど待って、やや広くなった場所までバックしてすれ違う。

13:05 八反滝分岐(標高約518m)
IMG_2977_20131029005423439.jpg

ここから5分ほどなので、車を路肩に停めて寄ってみよう。
IMG_2978_20131029012518570.jpg

八反滝
IMG_2980_20131029012522c11.jpg
白布を八反つないだほどの高さがあるので、こう呼ばれるようになったとされる。
でも実際の落差は約20mで、1反は約12m(白布の場合)なので、全然計算が合わない。
おそらく八百万(やおよろず)や大江戸八百八町のように、”多い”という意味からなのだろう。

説明看板によると、滝付近の岩壁は約2000万年前に形成された火成岩で、
越前甲山頂部の火成岩よりずっと古いそうだ。

さらに上流には深い森に包まれた”つばくろ滝”という幻の滝もあるらしい。
IMG_2981.jpg

さすが県内指折りの急登と呼ばれる越前甲。
IMG_2993_2013102902400145b.jpg
今回もかなりキツいハイクだったが、紅葉と絶景を堪能することができた。
今度は加賀大日山まで足を伸ばしたり、避難小屋で泊まりハイクもやってみたい。

越前甲(越前大日山)(1319m)
標高差599m
登り 2時間12分、下り 1時間16分、TOTAL 4時間11分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/327-9de14ecb