2013年10月14日(月・体育の日) 快晴

今日は体育の日。毎年好天の日が多いようで、今日も快晴の予報。
本当は奥越のお山に行こうと思っていたのだが、またも早起きできず没。
仕方なく午前中は家でうだうだ過ごした後、近場の文殊山へ。
IMG_2585.jpg
バカのひとつ覚えのハイクだが、この山は何度登っても飽きないから不思議だ。
13:08 二上登山口駐車場
IMG_2586_20131014174852767.jpg
お昼を過ぎているにもかかわらず、駐車場には30台近い車。しかも駐車具合から想像するに、午前中は満車だったようだ。
駐車場で大N翁を見かける。もう下山されたのかと思いきや、これから登られるとのこと。

13:15 二上登山口(標高約26m)
IMG_2587_20131014174857836.jpg
翁に先行するが、多分途中で抜かれるんだろうな(笑)

今日は日差しはあるが、登山道は割とひんやりしている。
IMG_2588_20131014174902841.jpg
下山者の顔ぶれは初めて見るような家族連れやカップルが多い。体育の日のせいなのか?

13:44 七曲合流点(標高約248m)
IMG_2589_2013101417490619d.jpg
ここで大村コースから来られた単独行の男性が後にピタリとつかれる。後に人がつかれるとせかされているようでイヤなので、抜いてもらおうと思ったが、一定の距離をキープされている。歩きにくいな。。。(笑)

13:54 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_2590_20131014174934aad.jpg
ここまでで60人ほどの下山者とすれ違う。今日は本当に多いな~。

14:06 大文殊(山頂)(標高365m)
IMG_2591_20131014174938fe2.jpg
タイムは51分と、後続の男性に追われた?せいか、いつもより随分早いタイムだった(笑)
山頂にはご住職をはじめ、M川翁や常連の方々が数組。大N翁も程なく到着された。

ここまで29組74名(うち子供16名)の方とすれ違ったが、本当に子供連れの方が多かった。
IMG_2592.jpg
よく数えたって? 登りの苦しさを紛らわすため、時折こんな風に数えているんです(笑)

快晴だが、今日も白山は遥拝できなかった。
IMG_2593_20131014174948a7b.jpg

コンロを取り出すと、ご住職や大N翁が揃って、「お、今日も宴会始めるの!?」IMG_2594.jpg
いえいえ、今日はコーヒーを飲むだけですよ。どうも私イコール山めしと思っているらしい。
まぁ間違ってはいませんが。。。(笑)

コーヒーを飲みながら談笑。
先ほどの後続の男性、亀足の私とあまり変わらない足取りだったが、理由が氷解。
鍛錬のためにザックに重りを入れておられたそうで、総重量は15kg超とのこと。
通りでキツそうだったんですね。

下りは大N翁とご一緒することに(14:52)
IMG_2596.jpg
翁は今日の午前中、三峯城山や広野山方面を歩かれていたとのこと。

15:11 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_2597_20131014175023b6c.jpg

文殊山から尾根続きの広野山(318m)や丹波岳(290m)。以前は山道があったそうだが、今では歩く人も稀なせいかだいぶ荒れてしまっているとのこと。
翁は文殊山から榎坂峠、丹波岳、広野山、三峯城山へと続くトレイルを復活させたいそうだ。
私も興味があるので、微力ながらお手伝いしていきたい。

サワフタギ(沢蓋木)
IMG_2599_2013101417503093e.jpg
瑠璃色の実から、別名、ルリミノウシコロシ(瑠璃実の牛殺し)とも言われる。牛殺しとは鼻輪を作るほど木が硬く、頭を叩くと死んでしまうからだそうだ。

15:31 二上登山口(標高約26m)
IMG_2598.jpg
下りでも20人近い登山者とすれ違い、大賑わいの文殊山だった。
大N翁、今日は色々教えていただきありがとうございました。

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 51分、下り 39分、TOTAL 2時間25分
今年23回目・通算71回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/323-546306a6