別山(2399m)2日目

author photo

Byよっし~

2011年9月7日(水)

寒さのせいで、ほぼ1時間置きに目が覚める。
フリースやカッパまで着込んでみるが、まだ寒い。
9月だからと白山をナメていた私。やはり標高2000mの高地なんだ。
5:00 起床
DSC03706_20111206202552.jpg
日の出までは、まだ20分ほどあるようだ。

テント内でお湯を沸かして、目覚ましのコーヒーを入れる。
DSC03705_20111206202551.jpg

今朝のメニューはチゲ風ちゃんぽん。
DSC03708_20111206202546.jpg

う~ん、あったま~る!
DSC03709_20111206202545.jpg

明るくなるまで、テントの中で読書しながらうだうだ。
今日も清清しい絶好の登山日和だ。
DSC03711_20111206202710.jpg
テント等はデポし、サブリュックを背負って別山(2399m)に向けて出発(6:35)。

キャンプ場を降りていくと、木道となる。
DSC03713_20111206202728.jpg
(この木道、えらく白いなぁ?うん?!)

こりゃ、霜だ!!
DSC03714_20111206202706.jpg
風化して白化しているのかと思いきや、一面ビッシリとが降りている。
放射冷却現象で、気温が氷点下まで下がったようだ。
道理で昨夜、あんなに寒かったんだ!

木道を進んでいくと、突如目の前に広がる深い谷(赤谷)。
DSC03715_20111206202906.jpg
(え~、これ降りるの?)

しかも降りた先には、油坂と呼ばれる急登が待っている。Orz
DSC03716_20111206202905.jpg
こういうアップダウンは本当にツラい。のっけから先制パンチを受けた感じ。

前方には同じく単独行の登山者。あ~良かった、一人じゃなくて。
DSC03717_20111206202905.jpg

7:24 油坂の頭(あぶらざかのかしら)(標高2256m)
DSC03719_20111206202904.jpg
油坂を登り切り、後ろを振り返ると、雄大な白山の姿が。
主峰の御前峰を始め、室堂や弥陀ヶ原、エコーライン、南竜のキャンプ場などもハッキリ見える。

眼下の沢にはまだ雪渓があった。
DSC03723_20111206203024.jpg

前方には行く手を阻むかのような大屏風(おおびょうぶ)が聳え立つ。
DSC03724_20111206203024.jpg

7:38 天池(あまいけ)で小休止。
DSC03726_20111206203023.jpg
ここで先行の登山者に追いつく。
昔この辺りには六兵衛室という小屋があり、食べ物や酒が売られていたそうだ。
池のほとりには土台らしき名残も見受けられた。

石川県側は樹木が生い茂っているが、岐阜県側はスパっと切れ落ちている。
DSC03727_20111206203145.jpg

別山まではまだ半分近くある。
DSC03729_20111206203144.jpg

途中にあるヤセ尾根。
DSC03730_20111206203144.jpg

もし足を滑らせると・・・
DSC03731_20111206203206.jpg

8:22 大屏風(標高2276m)付近で小休止。
DSC03734_20111206203140.jpg

眼下の尾根には、チブリ尾根避難小屋が見える。
DSC03739_20111206203337.jpg

この付近が道中で一番危険だった箇所。
DSC03740_20111206203337.jpg

登山道がかなり削られており、しかも小石が多く滑り易いので要注意。
DSC03785_20111206203336.jpg

いよいよ別山だ!?
DSC03741_20111206203442.jpg

別山まで残り600mの標識。
DSC03742_20111206203441.jpg
ふうふう、もう少しだ。

8:50 御舎利山分岐
DSC03743_20111206203441.jpg
チブリ尾根を通る別山市ノ瀬道とここで合流する。

(うん?別山まで残り500m?)
DSC03744_20111206203440.jpg

(ということは、あれは・・・)
DSC03745_20111206203612.jpg
私がずっと別山だと思っていた山は、実は御舎利山(おしゃりやま:2380m)だったと判明(笑)

甚之助小屋や南竜分岐から見える、それっぽい山は別山でなく、御舎利山だった。
DSC03659_20111206201041.jpg
ずっと勘違いしていた(汗)
御舎利山は帰りに寄る事にし、気を取り直して別山に向かう。

分岐の少し先にある岩室(いわむろ)(標高2362m)
DSC03747_20111206203822.jpg
古い石積の避難小屋で、一応雨風はしのげそうだが、内部も石だらけで狭い。
あくまでも緊急避難用だそうだ。

前方にピークが見えてきた。
DSC03748_20111206203822.jpg
今度こそあれが別山だ!(笑)

尾根筋からは、素晴らしい眺めが広がる。

岐阜県側の眼下には、先月訪れたエメラルドブルーの白水湖。
後ろにそびえるのは三方崩山(さんぽうくずれやま)(2059m)。
DSC03749_20111206203821.jpg

視線のずっと先には、御嶽山(3063m)や乗鞍岳(3026m)。
DSC03750_20111206203821.jpg

槍ヶ岳を始めとした穂高連峰も頭を覗かせている。
DSC03752_20111206203820.jpg

祠や標識が見えてきた。頂上まであと僅か。
DSC03755_20111206203959.jpg

登頂前に、別山神社に参拝。
DSC03757_20111206203959.jpg
無事登山できたことに感謝する。

9:05 別山頂上(標高2399m)。
DSC03759_20111206203958.jpg
南竜から2時間30分。ちょうどCTと同じ。

お決まりの三角点(二等:別山)タッチ。
DSC03760_20111206203958.jpg
程なく天池で追い越した単独行の方も到着された。

頂上から白山方面を眺めると、ご覧の大パノラマ。
DSC03766_20111206204342.jpg

雲やガスが全くなく晴れ渡っており、御前峰や大汝峰、それに室堂の山小屋もハッキリと見える。
DSC03767_20111206204341.jpg

こちらは三ノ峰(2128m)へと続く南縦走路。
DSC03761_20111206204342.jpg

お花畑のある別山平(べっさんだいら)や
DSC03768_20111206204341.jpg

三ノ峰避難小屋も見渡せる。
DSC03769_20111206204340.jpg

コーヒーを沸かして休憩していると、私の腕に蝶が止まる。
DSC03771_20111206204532.jpg
蜜は出ないんだけど(笑)

単独行の方と少し談笑。彼は昨夜南竜山荘泊まりで、このあとチブリ尾根経由で市ノ瀬を目指されるそうだ。

入れ違いで、ご夫婦らしき方が到着。
DSC03774_20111206204531.jpg
彼らは昨夜、三ノ峰避難小屋泊まりだったそうで、テントをデポしてここまで縦走されてこられたそうだ。

名残惜しいが、そろそろ下山する(10:20)。

10:30 御舎利山山頂(2380m)
DSC03777_20111206204531.jpg

先ほどまでいた別山。
DSC03778_20111206204531.jpg

帰路でも大屏風は要注意。
DSC03782_20111206204530.jpg

御舎利山、大屏風もはるか後方に。
DSC03788_20111206204716.jpg

11:43 天池
DSC03789_20111206204716.jpg

白山方面にはガスが上がってきた。
DSC03790_20111206204715.jpg

11:55 油坂の頭(あぶらざかのかしら)(標高2256m)
DSC03791_20111206204715.jpg
ようやく南竜キャンプ場が見えてきた。

喉が渇いてたまらない。
DSC03793_20111206204714.jpg

赤谷の沢水をごくり。
DSC03794_20111206204910.jpg
ぷは~ 生き返る

キャンプ場までの登り返しをしのぎ、
DSC03795_20111206204909.jpg

13:00 南竜ヶ馬場野営場
DSC03796_20111206204909.jpg
下りは2時間40分。CTが2時間10分なので、かなりバテバテだった。

お昼ご飯は、たらこクリームスパゲッティ。
DSC03800_20111206204908.jpg

DSC03802_20111206204908.jpg

しばらくまったりした後、テントを撤収。南竜をあとにする(14:30)。
DSC03804_20111206204908.jpg

南竜分岐から見た別山は、すっかり雲の中。
DSC03806_20111206205049.jpg
やはり山行は午前中に限る。

15:40 甚之助避難小屋(標高1975m)
DSC03807_20111206205048.jpg

吊り橋を渡り、
DSC03808_20111206205048.jpg

17:10 別当出合登山口(標高1260m)
DSC03810_20111206205047.jpg
南竜からは2時間40分だった。

今度は三ノ峰や別山平にも寄ってみよう。

別山(2399m)
登り 2時間30分、下り 5時間20分、TOTAL 10時間35分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (211)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (27)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (88)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (7)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)