2013年10月8日(火) 曇り時々晴れ 

台風の影響なのか、夕方から結構強く吹いていた風も深夜になると収まった。
だが標高2000m超のテン場はやはり冷え込む。
先週の火打山・妙高山の際と同じ様な防寒対策で臨んだにもかかわらず、寒さでほぼ1時間おきに目が覚める有様だった。
IMG_2434_20131010152041d16.jpg
3時頃に目を覚まし、あつぷりさんの真似をして、御前峰でご来光を見ようかとも思ったが、ビビリな私はそのまま朝までテントで過ごすことにした。
モルゲンロートに染まるエコーラインを望みながらモーニングコーヒー(5:59)
IMG_2419_20131010000230653.jpg
心配していたお天気だが、今日は晴れそうだ。

テントの中で朝食を準備。昨夜の残り物を使った炒め物と、
IMG_2422.jpg

新メニューのから蕎麦
IMG_2433.jpg
詳しくは山めしにて。

エネルギーも補充したことだし、そろそろ出発しよう(6:40)
IMG_2438_201310101520467f6.jpg

手早くテントを撤収。
IMG_2439.jpg
砂防工事の方が現場に向かわれていく。ご苦労様です。

7:00 南竜ヶ馬場テント場
IMG_2440.jpg
お世話になりました。

7:10 南竜ヶ馬場ビジターセンター(標高2070m)
IMG_2441_20131010152117904.jpg
ここで用を済ませ、御前峰に登るべく、メインザックをデポさせてもらう。

室堂まではエコーライン(2.6km)、トンビ岩コース(1.7km)、展望歩道(3.1km)の3コースがあるが、
IMG_2442.jpg
一番距離の短いトンビ岩コースを選択(7:22)

距離が短い反面、標高差は同じなので急登が待っているのだが。。。
IMG_2443.jpg

今年も昨年同様、赤や黄色、オレンジに色付いた紅葉が広がるが、
IMG_2447_201310101521520a2.jpg

お日様が差していないので、鮮やかさはイマイチ。
IMG_2448.jpg

空身だが、この急坂は毎度のことながら堪える。
IMG_2449_20131010152200385.jpg

やや雲が残っていたが、別山(2399m)も顔を覗かせていた。
IMG_2450.jpg

荷揚げのヘリだろうか、上方からヘリの音が何度も聞こえてくる。
IMG_2451.jpg

8:21 御前坂(室堂まで残り800m)
IMG_2453.jpg
ここで5分ほど小休止。

8:37 トンビ岩(標高2370m)(室堂まで残り550m)
IMG_2456.jpg
ようやく急登が終了。室堂まではまだ550mあるが、ここまで来ればひと段落。

この先はハイマツの生い茂る、なだらかな稜線上の登山道となる。
IMG_2458.jpg

御前峰(2702m)がようやくお顔を覗かせてくれる。
IMG_2459.jpg

シラタマノキ(シロモノ)
IMG_2460.jpg
ツツジ科シロタマノキ属の常緑小低木。実をかじるとハッカのような味がするそうだ。
※山ガールの青レンジャーさんにご教授いただきました。ありがとうございます。

涸沢を渡り、あの丘を越えれば室堂だ。
IMG_2462.jpg

荷降ろし?中のヘリ。何か丸いタンクのようなモノを吊っている。
IMG_2463.jpg

室堂に近づくにつれ、香しい臭いがしてきた。
IMG_2465_20131010152310997.jpg
どうやらトイレの汚物タンクを麓に降ろしているようだ(笑)

悩ましい臭いと合わせて、もう1つの香しい匂いも。
IMG_2466.jpg
こちらは山荘の外壁を塗り直している塗料の匂いのようだ。

9:02 白山室堂(標高2450m)
IMG_2467.jpg
南竜から1時間40分。まだ少し時間が早いせいか、日帰り登山者の姿はまばら。

ここで昨日南竜でお見かけしなかった3人組の方と再会。
伺うと、雨が降ってきたのでテントを張らず、南竜のビジターセンター脇にある避難小屋で過ごされたそうだ。本当は10月15日までは利用不可なんですよ。。。(笑)

ドーピング剤を摂取して、山頂へのアタック開始(9:16)
IMG_2469_20131010152337210.jpg
今日はヘバらないよう、できるだけゆっくりした歩調で登っていこう。

9:34 青石(山頂まで750m)
IMG_2470_2013101015234196e.jpg
いつもならヘバってここで小休止するのだが、スルー。

9:44 高天ヶ原(山頂まで500m)
IMG_2471_20131010152344a4a.jpg
この辺りで昨日デッドヒートを繰り広げた老夫婦と再会。
結局17時を回ってしまったが、無事室堂に辿り着けたそうだ。良かった。

結局一度も立ち止まることなく、山頂まで登ることができた。
IMG_2472_2013101015234721e.jpg

10:05 白山山頂(御前峰)(標高2702m)
IMG_2473.jpg

室堂から49分とこれまでで一番良いタイム。
IMG_2474_2013101015240917e.jpg

秋独特の高層の筋雲があるので、日差しこそあまりないが、
IMG_2475_201310101524122de.jpg
大汝峰(2684m)や剣ヶ峰(2677m)もバッチリ。

また別山(2399m)や三ノ峰(2128m)や、
IMG_2476_20131010152414aed.jpg

福井県側も望むことができた。
IMG_2477_20131010152416452.jpg

一方に東側に目を遣ると、すげぇーIMG_2479_20131010152450c8d.jpg

北アルプスが一望!
IMG_2482_20131010152455a90.jpg

お槍様(=槍ヶ岳・3180m)を始め、穂高連峰の峰々がずらりと並ぶ。
IMG_2490.jpg
以前登った際、お槍様の穂先が少し見えたことはあるが、ここまでキレイに峰全体が見えるのは初めて。

しかも乗鞍岳(3026m)や焼岳(2455m)に加え、
IMG_2492_20131010152528597.jpg

剱岳(2999m)や今年登った白馬岳(2932m)までと北アルプスの主要な山々が勢揃い。
IMG_2498_20131010152604102.jpg

これだけでも感動モノなのに、甲斐駒ヶ岳(2967m)や仙丈ヶ岳(3033m)といった
IMG_2493_2013101015253090a.jpg
南アルプスの山々や中央アルプス空木岳(2864m)。

八ヶ岳(赤岳)(2899m)まで望むことができた。
IMG_2483.jpg
生憎富士山(3776m)は確認できなかったが、この日の白山山頂から見えた百名山は、おそらく20座近くあったはず。

さらには金沢市街や能登半島、
IMG_2497_20131010152535f7b.jpg

驚くべきことに富山平野まで望むことができた。
IMG_2495.jpg
これも日頃の行ないが良いせいだろう、きっと(←大ウソ)

また眼下の大白川側(岐阜県)の紅葉は、石川県側以上の彩り。
IMG_2487.jpg

もうこれ以上感動させんといて欲しいわ~
IMG_2488_20131010152505b09.jpg
なんで関西弁やねん!(笑)
正直この時、安物のコンデジでなく、一眼レフでこの絶景を収めたかった。
※後からブロ友のコウちゃんから、これが有名なお花松原だと教えていただきました。



絶景のオンパレードにすっかりお腹いっぱいだ(10:27)
IMG_2499_20131010152608b0d.jpg
山頂で食べるはずだったレーションも忘れてしまった(笑)

下りでは思わず登ってくる登山者に、
「山頂で絶景が待っていますよ!」
と伝えたい衝動に何度も駆られた。

室堂の建物が近づいてくると、またしてもヘリが飛んできた。
IMG_2500_2013101015261005a.jpg

う~ん、またあの香しい臭いがしてきたぞ(笑)
IMG_2503.jpg

10:50 白山室堂(標高2450m)
IMG_2504_201310101526152bf.jpg
下りは23分。

山頂で食べ忘れたレーションを食べながら小休止。
IMG_2505_20131010175422894.jpg
ご当地石川県の名産、五郎島金時芋の餡と能登産の塩が入ったマーガリンが使われている。

職人さんたちがセンターの外壁を塗り直しておられた。
IMG_2506_20131010175425e58.jpg
15日(火)が小屋仕舞いで、着々と冬の準備がされている。

名残り惜しいがそろそろ戻ろう(11:08)
IMG_2507_20131010175440eb1.jpg
今年も遊ばせていただきました。ありがとうございます。

下りもトンビ岩コース(1.7km)へ。
IMG_2508_20131010175442580.jpg

落葉し結実したナナカマド。
IMG_2510.jpg

11:23 トンビ岩(標高2370m)
IMG_2511_201310101755199bb.jpg

南竜山荘が見えてきた。
IMG_2513_20131010175522f0c.jpg

概ね整備されているが、ガレた場所もあるので慎重に下っていく。
IMG_2516_2013101017552785e.jpg

南竜でも汚物タンクを搬送していた。
IMG_2517_20131010175530ab6.jpg

11:58 南竜ヶ馬場ビジターセンター(標高2070m)
IMG_2519_2013101017553486d.jpg
下りは50分。

デポしておいたザックをピックアップし、下山開始(12:08)
IMG_2520_20131010175611735.jpg

ほとんどの食材やビアがお腹に消えたとはいえ、ザックの重さが堪える。
IMG_2521_2013101017561502d.jpg

12:22 エコーライン分岐(別当出合まで4.4km)
IMG_2522_201310101756181c6.jpg

南竜が見えなくなる地点で振り返る。
IMG_2523_201310101756219ab.jpg
また来年も利用させてもらいます。

南竜分岐までのトラバース路は反対側が切れ落ちているので、要注意。
IMG_2525_20131010175721c34.jpg

12:37 南竜分岐(標高2100m)(別当出合まで4.0km)
IMG_2526.jpg
ここはスルー。

12:52 甚之助避難小屋(標高1975m)(別当出合まで3.5km)
IMG_2527_20131010175727bd9.jpg
ここで小休止。

別山方面はまたガスが出てきた。
IMG_2528.jpg

稜線付近にもガスが立ち込めていた。
IMG_2530_20131010175741a21.jpg
明日は台風の影響がありそうで、今日あの絶景が見られたのは本当にラッキーだったのかも。

15日の山仕舞いを過ぎると、小屋の夏期トイレや水場は閉鎖されるのでご注意。
IMG_2531.jpg

昨日は俯いてあまり楽しめなかった紅葉を愛でながら降りていく。
IMG_2533.jpg

13:34 別当覗(標高1750m)(別当出合まで2.6km)
IMG_2535.jpg
台風のせいだろうか、今日は登ってくる人もまばら。

13:56 中飯場(標高1550m)(別当出合まで1.5km)
IMG_2536_20131010183716812.jpg
ここで最後の小休止。

この先の区間は時折クマが出没するので、クマ鈴を5割増しでかき鳴らす(笑)
IMG_2538_20131010183741f01.jpg

14:15 一方通行上部(別当出合まで650m)
IMG_2539.jpg
下りは右の方へ。

あとは吊り橋を渡ればゴール。
IMG_2540_20131010183749c86.jpg

14:34 別当出合(標高1260m)
IMG_2541_201310101837523df.jpg
南竜から2時間26分。またもヘロヘロなハイクだったが、無事下山することができた。

センターに白峰温泉総湯の割引券(650円→550円)があったので、使おうかなと思ったら、
IMG_2542.jpg
今日は定休日だった(笑)

自販機でスポドリ(200円)を購入し、一気飲み。
IMG_2544_20131010185612cf2.jpg
ふぅ~ 生き返る。

これで今年の高山ハイクは終了。これからは低山での紅葉を楽しむことにしよう。
でももしかすると、もう1度くらい登るかもしれませんが。。。(笑)

(この区間の行程)
5:00起床~7:00南竜ヶ馬場テント場~7:10南竜ヶ馬場ビジターセンター(小休止)7:22~(トンビ岩コース)~8:21御前坂(小休止)8:26~8:37トンビ岩~9:02白山室堂(小休止)9:16~9:34青石~9:44高天原~10:05御前峰山頂(中休止)10:27~10:50白山室堂(中休止)11:08~(トンビ岩コース)~11:23トンビ岩~11:58南竜ヶ馬場ビジターセンター(小休止)12:08~12:22エコーライン分岐~12:37南竜分岐~12:52甚之助小屋(小休止)13:07~13:34別当覗~13:56中飯場(小休止)14:08~14:34別当出合14:44~14:54別当出合駐車場

白山(2702m)(砂防新道・トンビ岩コース)
標高差1442m
登り 7時間25分、下り 4時間7分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/319-59437139