2013年9月28日(土) 晴れ

高谷池ヒュッテで昼食を済ませ、火打山(2462m)に向かうことにする(12:34)
IMG_1996.jpg
高谷池から山頂までは片道約3kmで、標準タイムは1時間30分(下りは50分)。
メインザックはデポしてきたので、余裕をみても16時までには戻ってこれるはず。
高谷池を迂回しながら木道を歩いていく。
IMG_1997_20131001192109496.jpg

12:36 高谷池分岐(標高約2110m)
IMG_1998.jpg
右へ行くと、黒沢池ヒュッテを経て明日登る予定の妙高山(2454m)に至る。

高谷池越しにテント場が見える。戻ってくる頃にはもっと増えているんだろう。
IMG_2000.jpg

火打山を仰ぎながら一旦緩やかに登っていく。
IMG_2002_20131001220704b31.jpg
サブザックには水500mlだけで、午前中とは比べ物にならないほど軽いハズなのだが、なぜか足取りが重い。やはり昼飯が少な過ぎたせいかな?(笑)

この一帯には池塘や湿原が多い。
IMG_2004.jpg
頚城三山のうち、妙高山(ランクC)と焼山(ランクB)は活火山だが、火打山は火山ではない。

この辺りのナナカマドはだいぶ紅葉している。
IMG_2005_20131001220712e36.jpg

2日前には初雪が観測されたそうだ。
IMG_2007_20131001220901d29.jpg

木道は幅が狭いので、所々待避所や一方通行箇所がある。
IMG_2006.jpg
道を譲る場合も、木道から降りないようにという注意看板もあった。

12:54 天狗の庭(標高約2115m)
IMG_2008.jpg

私ん家の庭よりチョッと狭いぐらいかな?(←大ウソ)
IMG_2009_2013100122090909d.jpg

無風だと湖面にキレイな逆さ火打が映るのだが、残念ながら波立っていてイマイチだった。
IMG_2011.jpg

13:10 山頂まであと2km地点
IMG_2013_20131001220917b40.jpg
山頂までの標高差は約350mなので、ホームの文殊山を登るようなモノなのだが、なぜかエラく遠くに感じる。

天狗の庭を過ぎると、一旦樹林帯の中に入り稜線へ。
IMG_2014.jpg

あの前峰も登っていくんだよな。。。
IMG_2015_20131001224420a0d.jpg

稜線からの眺めは良く、右手には妙高市街が広がる。
IMG_2016_2013100122442274d.jpg

視線を左に移すと、戸隠連峰の最高峰で同じく百名山の高妻山(2353m)。
IMG_2020.jpg
別名”戸隠富士”とも呼ばれ、ブロ友のJH9IRLさんが2週間ほど前に登られたそうだ。

火打山の右(東)側にある岩肌が剥き出しの荒涼とした峰は、鬼ヶ城と呼ばれている。
IMG_2021.jpg

前峰の登りに差し掛かると、一層足取りが重くなる。
IMG_2022_20131001224505b27.jpg

大して急ではないのだが完全にシャリバテで、立ち止まりが激増。
IMG_2024.jpg
食べ過ぎるとモチベーションが下がると思い控えたのだが、これならもう少し食べておくべきだった(笑)

座り込んで小休止しながら、絶景をしばし鑑賞。
IMG_2025.jpg

雲海の先には北アルプスの後立山連峰も。
IMG_2026.jpg

あそこにも大勢登っているんだろうな。。。
IMG_2027_20131001224515ed4.jpg

階段の段差が大きいので、足への負担も増大。
IMG_2028.jpg

13:58 雷鳥平(標高約2275m)
IMG_2030.jpg
この付近はライチョウの生息地だそうだ。残念ながら好天なので姿を見ることはできなかった。

14:07 山頂まであと1km地点
IMG_2032.jpg

既に標準タイムの1時間30分が経過。
IMG_2033_20131001234945a9f.jpg
まだ1km以上ありそうに見えるのだが。。。

ここからは九十九折れに登っていく。
IMG_2035_20131001234948b1b.jpg
ここまで大勢の下山者とすれ違っているが、もしかしてまだ登っているのは私だけ?

再び木道となる。
IMG_2036.jpg
木道の脇ある板の土留め部分は、裸地化した登山道の植生復元をしているそうだ。

高谷池までデッドヒートを繰り広げた山ガール2人組も降りてこられた。情けない。。。
IMG_2038.jpg

ようやく山頂が見えてきた。
IMG_2039_201310012351463c9.jpg

14:43 火打山山頂(標高2462m)
IMG_2042_201310020039540ed.jpg
空身にもかかわらず、高谷池から2時間9分と情けないタイム。
先にバッジを買っていなかったら、途中で引き返していたかも(笑)
広い山頂には2人組の男性しか居なかった。

登頂記念の三角点(三等・火打山)タッチ。
IMG_2040.jpg

この標石、えらく傾いているんですが。。。
IMG_2041_20131001235157d33.jpg

山頂からの眺めも素晴らしく、歩いてきた天狗の庭や明日登る予定の妙高山。
IMG_2044_201310022059177ee.jpg

北側には日本海。
IMG_2045.jpg

北アルプス方面も山頂部分が顔を覗かせていた。
IMG_2049_201310022059226e2.jpg

少し風が出てきて肌寒くなってきたので、降りることにする(14:52)
IMG_2050.jpg

登りの際はあまり気にならなかった木道の滑り止めだが、下りは歩幅が制限されるので歩きづらい。
IMG_2051.jpg

今年は当たり年だったコバイケイソウもすっかり枯れていた。
IMG_2052_2013100220595557a.jpg

この辺りで微かにライチョウらしき鳴き声が聞こえたが、姿は見えず。
IMG_2053_20131002205958d03.jpg

15:20 雷鳥平(標高約2275m)
IMG_2054.jpg

天狗の庭で今降りてきたトレイルを仰ぐ。
IMG_2057_20131002210008732.jpg

涼しい風が吹いていて気持ちいい。
IMG_2059_20131002210011c2c.jpg
♪風たちぬ~ 今は秋  もういいって!?(笑)

ヒュッテが見えてきた。
IMG_2060_2013100221402011f.jpg

16:03 高谷池ヒュッテ(標高約2110m)
IMG_2062_20131002214024dc3.jpg
下りは1時間11分。やはり50歳以上のコースタイム(80分)通りだった(笑)

登頂のご褒美にスポドリ(300円)を購入。
IMG_2063.jpg
汗で失われたミネラルと水分が身体に染みる。
空容器は各自持ち帰りとなるのだが、逆に小分け用の容器が欲しかったのでノープロブレム。

テン場に戻ると予想通りテントがビッシリ。数えたら40張と定数(30張)を超えていた。
IMG_2065_20131002214031018.jpg

さて晩飯にしよう。
IMG_2066_20131002214034419.jpg

まずはアテの焼売でいただきます!
IMG_2067_20131002214140e8f.jpg
くぅ~ 美味い!

次はもやし炒め。
IMG_2068_2013100221414372e.jpg
ビアが進む進む(笑)

〆はチャーシューたっぷりラーメン。
IMG_2070.jpg
もちろん、2玉ですがなにか。

疲れと酔いのせいか、19時には床に就く。

火打山・妙高山テン泊ハイク 2日目その1 に続く。

(この区間の行程)
高谷池ヒュッテ12:34~12:54天狗の庭~13:58雷鳥平~14:43火打山山頂14:52~15:20雷鳥平~15:41天狗の庭~16:03高谷池ヒュッテ(テン泊)

火打山(2462m)
標高差1146m・歩行距離12.5km
登り 6時間34分、下り 1時間11分、TOTAL 9時間

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/312-359edd51