千年街道 ~木ノ芽峠・鉢伏山~

author photo

Byよっし~

2013年9月7日(土) 雨

今日は1日中雨の予報だが、今月はあまり山に行けそうにないので、珍しく雨天ハイク
以前から登ってみたかった南越前町の鉢伏山(762m)へ。
IMG_1331_2013090717244050c.jpg
おたまじゃくしのような形の福井県。頭にあたる嶺北地方としっぽの嶺南地方の接点、
木ノ芽峠から稜線続きの山である。
なお嶺北・嶺南とは、木嶺(=木ノ芽峠)以北木嶺以南を省略したもので、
ここを境に気候、文化、風習、方言などが変わる。
 
旧北国街道であるR365で今庄宿を抜け、板取宿跡へ。
IMG_1270_20130907173630119.jpg
右へ曲がり登っていくと今庄365スキー場に至る。実は鉢伏山は今庄365スキー場になっており、
スキー場側から舗装された林道を登っていくと、木の芽峠の直下まで車で行くことができる。
でもそれじゃあまりにも物足りないので、反対(嶺南)側の敦賀市新保から登っていくことにしよう。

直進してR365から分岐してR476へ。
IMG_1271_20130907173633016.jpg

木ノ芽峠トンネルを抜けてすぐ右手に新保側登山口がある。
IMG_1273.jpg

国道から入ってすぐのところに2~3台ほどの駐車スペースがあったので、ここに駐車(10:13)
IMG_1274_20130907173641894.jpg

この道は木ノ芽古道と呼ばれ、平安初期の天長7(830)年に開かれた。
IMG_1276.jpg
明治初期まで敦賀と福井を結ぶ主要官道として、多くの歴史上の偉人たちがここを通った。

浄土真宗の宗祖親鸞聖人や本願寺中興の祖蓮如上人も、ここを通って北陸に入った。
IMG_1277.jpg

10:20 木ノ芽古道入口(新保登山口)(標高約353m)
IMG_1279.jpg
霧雨程度だが、カッパを着てハイクアップ。まずはコンクリート舗装された林道を登っていく。

中部北陸自然歩道にも選定されているようだ。
IMG_1281_20130907173721f5e.jpg

5分ほど進むと未舗装に変わる。
IMG_1282_20130907173726395.jpg

木ノ芽川の左岸をなだらかに登っていく。
IMG_1286_20130907173731fae.jpg
往時は多くの人馬が通った木ノ芽古道も、明治20(1887)年の車道開通と
明治29(1896)年の北陸線開通によりその役目を終えた。

最近は歩く人も少ないのだろうか、路面の岩が苔生していた。
IMG_1287.jpg

前方に大きな看板が見えてきた。
IMG_1289.jpg
大岩? どこにあるんだろう?

すぐ近くのようなので寄ってみる。
IMG_1290_20130907182822485.jpg

鉄製の橋の先に大岩が見えてきた。
IMG_1291_20130907182827b47.jpg
なお道幅が狭く足元が滑り易いので、雨天時は注意。

10:38 弘法の爪描き地蔵さん(木ノ芽中坂地蔵尊)
IMG_1293.jpg
説明では岩の上の方に地蔵菩薩立像が彫られているらしいが、苔で全く分からなかった。

ノギク
IMG_1294.jpg

ゲンノショウコ(現の証拠)
IMG_1295.jpg
フウロソウ科フウロソウ属の多年草。道中にはこの2つが目立っていた。
両方とも花博士の山ガールの青レンジャーさんに同定していただきました。
いつもありがとうございます。

ここまで2箇所ほど渡渉する。
IMG_1296_20130907182926311.jpg

紫式部も越前国司として下向した父藤原為時に随って、この道を通ったとされる。
IMG_1297.jpg

10:49 休み石(腰掛け石)
IMG_1299_20130907190219326.jpg

人足たちは荷物を背負ったままこの石に腰掛けて一服したそうだ。
IMG_1298.jpg
今日は20℃と涼しいせいか、調子がイイのでスルー。

3箇所目の沢を渡渉して、木ノ芽川の右岸へ。
IMG_1300.jpg
この付近は道の中央が削られていて、少し歩きづらい。

11:07 明治天皇御膳水
IMG_1304.jpg
明治11(1878)年10月9日、明治天皇が北陸に巡行された際、ここでご休息され飲用されたそうだ。

木ノ芽川の源流で、弘法大師お手彫りの湧水とされる。
IMG_1306_20130907190232f30.jpg
冷たくて美味しかった。

路面が石畳に変わり、イヌの鳴き声が大きくなってくると、木ノ芽峠が見えてきた。
IMG_1310.jpg

11:10 木ノ芽峠(標高約625m)
IMG_1320.jpg
登山口から50分。ここで小休止。

不審者?を威嚇するように、3匹の白い犬たちが出迎えてくれた(笑)
IMG_1323.jpg
実はここに来るのは2度目。8年ほど前に一度来たことがあるが、その時は誰も居なかった。

峠の茶屋を彷彿させる茅葺の1軒家。
IMG_1329.jpg
でも茶屋や観光用施設ではなく、れっきとした民家(前川家)

前川家は桓武平氏の末裔らしく、約550年前から代々峠の警護役を任されていたそうだ。
IMG_1322_2013090719031123d.jpg
羽柴(豊臣)秀吉も北ノ庄攻めの際、この前川家に立ち寄ったらしい。

中から読経が聞こえていてご当主は居られるようだが、出てこられなかった。
IMG_1328_2013090720534869f.jpg
電気も水道もないようだけど、冬もずっとここで暮らしているのだろうか?

前川家の対面には曹洞宗の宗祖道元禅師の石碑。
IMG_1325.jpg
道元禅師が病で京に戻る際、この地で愛弟子たちとの別れを惜しんだとされる。

鉢伏山山頂に向けて出発(11:20)
IMG_1335.jpg

前述のように今庄365側からやってくると、峠直下まで車で来ることができる。
IMG_1338_2013090720581876f.jpg
もちろん、前回はラクさせてもらいました(笑)

途中、鉢伏山山頂に続くと思われる分岐があったが、言奈地蔵に寄るべく林道を直進。
IMG_1339.jpg

11:31 言奈(いうな)地蔵(標高約620m)
IMG_1341_201309072058327a4.jpg
ここも2度目の訪問。

言奈地蔵の謂れ。
IMG_1340_20130907205828b88.jpg
お地蔵様に強盗殺人の現場を目撃された馬子が、「地蔵言うなよ」と口止めをしたところ、
「地蔵言わぬが、おのれ言うな」と言われ、改心して山を降りた。
その後、この地で殺した旅人の息子と偶然出会い、つい自分の悪事を話してしまい、
馬子はその息子に討たれたとされる。

先ほどの分岐まで戻ろうかとも思ったが、真っ直ぐ行っても登れるようなので、先に進む。
IMG_1342.jpg
この選択が誤りだったのだが。。。

言奈地蔵から5分ほどでゲレンデに出る(11:35)
IMG_1343.jpg

目の前には急登な斜面(スーパーコース:中級者向け)が広がる。
IMG_1345.jpg
これ登るのか。。。(汗) しかも雨も次第に強くなってきた。

斜度は20度ほどだろうが、直登なのでキツい。
IMG_1347.jpg
まだかー
もう終わりかと思ったら、まだゲレンデが続く。 Orz
IMG_1348_20130907205912fde.jpg

上部の方が斜度がやや緩いので、下からだと全貌が見えない。
IMG_1349.jpg

ようやくリフト終点が見えてきた。
IMG_1350.jpg

12:00 リフト終点(標高約750m)
IMG_1351.jpg
いや~ キツかった。 やっぱりゲレンデは滑るもんで、登るもんじゃない!(笑)

山頂はもう少し先のようだ。
IMG_1352.jpg

山頂部は戦国時代、鉢伏城という山城だったそうだ。
IMG_1354.jpg

12:04 鉢伏山山頂(標高761.8m)
IMG_1356.jpg
タイムは1時間44分。こんな天気なのでもちろん誰も居なかった。

三角点(二等・鉢伏山)があるはずなのだが、見当たらない。
IMG_1357_2013090721422492e.jpg
帰宅して調べたところ、標識の横のススキの茂みの中にあったようだ。

天気が良ければ、日本海や敦賀半島、”北陸のハワイ”の水島も望めるようだが、生憎の空模様。
IMG_1358.jpg
雨もかなり強くなってきたので、足早にリフト降り場へ(12:07)

屋根のあるリフト降り場で雨宿りを兼ねて昼食にする。
IMG_1359_201309072142394ab.jpg

今日は鍋焼きうどんとおにぎり2個と控え目?な山めし(笑)
IMG_1361_201309072142423b7.jpg

雨足は一向に衰えず、むしろ強まる感じ。
IMG_1363.jpg
スーパーコースは懲りたので、下りはシーサイドコースへ(12:46)

シーサイドコースは舗装された林道で、斜度も緩い。
IMG_1364.jpg
やっぱりコッチから登ってくれば良かった(笑)

ここでコースは林道を外れるので、そのまま林道を直進。
IMG_1365.jpg

12:58 木ノ芽峠分岐(標高約625m)
IMG_1366.jpg
右へ行くと木ノ芽峠を経て、登ってきた新保口に続く。
しかし結構雨が降っているので、登り時より歩きづらくなっているかも。
しばし迷った末、直進してスキー場側に降りることにする。

距離は大幅に長くなるが、舗装された車道なので木ノ芽古道よりはかなり歩き易いはず。
IMG_1367_20130907220845d7d.jpg
この林道、反対側に進むと栃ノ木峠や新保側に続く。

スキー場内を走る林道を下っていく。
IMG_1369.jpg

5km?
IMG_1370.jpg
それってR365の入口までの距離!?(汗)

ようやく365スキー場の施設が見えてきた。
IMG_1372.jpg

13:30 今庄365スキー場(標高約430m)
IMG_1375_201309072209225f8.jpg
ここで小休止。

隣接する今庄365温泉やすらぎの利用者から、呆れ顔の眼差しが向けられる。
IMG_1377.jpg
ええ、こんな雨の日に山歩きしている山バカですよ(笑)

雨足は一段と激しくなってきたので、ここからは持参した折りたたみ傘もさすことにする(13:36)
IMG_1378_201309072244562be.jpg

13:50 スキー場入口(標高約312m)
IMG_1382.jpg

ここから車を停めた新保口までは約3km。
IMG_1383_201309072245019b7.jpg
緩やかに国道365号線を登っていく。

14:07 木ノ芽峠トンネル(標高約367m)
IMG_1387_201309072245041d8.jpg
平成16(2004)年に供用されたトンネルで、それ以前は隘路の林道を通るしか敦賀側に行けなかった。

長さ1783mで、県内の一般道路では旗護山トンネル(1790m)に次いで長い。
IMG_1388.jpg
傘を仕舞い、念のためヘッデンを装着してトンネルへ。

平成版”木ノ芽新道”はほぼフラットなので、木ノ芽古道より歩き易い。
IMG_1390.jpg

でも本当に長い! 出口が見えているのだがなかなか近づかない。
IMG_1392_20130907224924c1a.jpg
トンネルを走行するドライバーがコチラをガン見していく(笑)

敦賀市と南越前町(今庄)の境界。
IMG_1394.jpg

23分かかってようやく出口へ(14:30)
IMG_1396_201309072249300c0.jpg
トンネルを抜けると雨はほとんど止んでいた。どうやら一番ひどい時間帯に降りていたようだ。

14:31 木ノ芽古道入口(標高約353m)
IMG_1397.jpg
下りは1時間45分。木ノ芽古道ピストン(約1.7km)より5kmほど余分に歩いたが、意外と早く戻れた。

車でふたたび今庄365スキー場に戻り、温泉で汗を流した後帰宅する。
IMG_1399_2013090723290226e.jpg
生憎の天気だったが、新旧木ノ芽峠を周遊し、歴史ロマンに触れ合うことができた。

鉢伏山(762m)(登り:木ノ芽古道 下り:木ノ芽新道)
標高差450m
登り 1時間44分、下り 1時間45分、TOTAL 4時間18分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 4

-  

ゲンノショウコは下痢に効く。

よっし~さん、こんにちわ。

結構マニアックな山行でしたね。しかも雨の中!!!・・・きっとほとんど人が通っていないと思います。。。よっし~さんは、藪コギなどあまり厭わない方なんでしょうか?凄いです~。

白いお花はノギク、ピンクのお花はゲンノショウコですかね。ゲンノショウコはよく下痢の時におばーちゃんに飲まされませんでしたか?どこから採ってきた草なのか、今なら気になります。。。道路は犬のオシッコが。。。

今回のよっし~さんの山メシは、ずいぶんと少な目ですね、下山後にたくさん食べられたのでしょうか?

2013/09/09 (Mon) 09:12 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: ゲンノショウコは下痢に効く。

山ガールの青レンジャーさん こんにちは。

最初匿名なので、わかりませんでした(笑)

木ノ芽峠はそこそこ知られている場所ですが、ほとんどの方が365スキー場側(徒歩5分)から登られ、木ノ芽古道側から登る方はかなり少ないみたいです。
苔はびっしり蒸していましたが、下草などは刈られていたので地元の方が整備しているようです。
道幅はそこそこ広く、急登な箇所もないので、初心者でも楽に登れるお山でした。

お花の同定、いつもありがとうございます。
ゲンノショウコですか。名前は聞いたことがあります。

今回は下山後に食べたのは、お風呂上がりのアイスだけです。
風呂上がりのアイスって、止められませんよね。




2013/09/09 (Mon) 12:10 | EDIT | REPLY |   

yukisan  

こんにちは。よっしーさんのブログたいへん参考になりました。2013年に書かれたブログなので、このコメントも読まれることはないかもしれませんが書かせていただきます。
一度木の芽峠に行ってみたいと思っておりましたが、前川家にはお犬様が3頭いるというので、どうしても行きづらく今まで見送っておりました。本日どうしても行ってみたくなり、今庄側から近づきました。前川家の藁葺きの屋根が見えるところまで行きましたが、どうしてもあと少しの前進がためらわれ、本日も引き下がってしまいました。

家に帰ってから、関連ブログを探していたら、よっしーさんのこのブログに出会えました。ほとんど行けたような気持ちにさせてもらえてたいへんありがたかったです。私の場合は、多くの人と一緒に木の芽峠を越えるような催しでもない限り実現できないようです。

よっしーさんは、お犬様は平気なのでしょうか。どのように対応して歩けば良いのか、コツを教えてもらいたいです。私は吠えられるだけで、恐怖で体が硬直してしまいます。近いうちに新保側からまた前川家の屋根を見にいってこようと思います。それでは、よっしーさん、お元気で。

2016/08/28 (Sun) 20:08 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

yukisan 初めまして
コメントありがとうございます。

木ノ芽峠のレポ、ご覧いただきありがとうございます。
近くまで行かれたのにワンちゃんが気になられて引き返したとは残念でした。

前川家のワンちゃんたち、よく吠えますが人に危害は加えないと思いますよ。
また1匹は鎖で繋がれていて、おそらくこの子が一番ヤンチャなのかもしれません。
レポが説明不足で申し訳ありません。
でも吠えられるだけでダメなのであれば、大勢で行かれるか、11月頃の冬間近の頃しかないですね。
現在は春から秋までしか住んでおらず、電気も水道もないので冬近くになると里に下りておられるそうです。
またそれ以外のシーズンでもご当主不在の時はワンちゃんたちもいませんでした。
でもこればかりは運次第ですね。

たとえワンちゃんたちがいても、距離をとっていれば大丈夫かと思いますので、今度は頑張ってみて下さい。
あまり参考にならなかったかもしれませんがご容赦を。

2016/08/29 (Mon) 12:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (87)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)