2013年8月12日(月) 晴れ

もう2週間以上、真夏日が続く福井。こんな暑い下界には居られません!
3日間のお盆休みを貰ったので、先月に引き続き北アルプスへ。
IMG_0758_201308160654426fa.jpg
先月はテントポールを忘れて小屋泊まりになってしまったので、今回こそは絶対テン泊しよう!
何処に登ろうかとあれこれ悩んだ末、まず選んだお山は笠ヶ岳(2897m)。
新田次郎氏の小説「槍ヶ岳開山」で有名な播隆上人が再興した山で、日本百名山、
新・花の百名山にも選ばれている。
昨年登った焼岳(2455m)の山頂から望んだ際、いつかは登ってみたいと思っていた。
 
ただし笠ヶ岳には大きな問題がある。
北アルプス三大急登(ブナ立尾根:烏帽子岳、合戦尾根:燕岳)の1つ、
笠新道である。
(※笠新道の代わりに、早月尾根:劔岳とする説も)

山頂まで距離約12km、標高差約1800mのロングコースで、特に中間地点の杓子平までは
平均斜度25度を超える急斜面が延々と続く。
標準CT(登り)は8時間で、日帰りされる健脚の方もいるが、よたよた亀足の私には絶対ムリ!
いや、たとえ泊まりでもテン泊の重装備を背負って笠新道を登るのは、それこそ暴挙に等しい。

笠ヶ岳への登山ルートは笠新道以外にも、小池新道から弓折岳に登り、稜線を縦走するコースがある。
距離は2倍になるが、途中に山小屋がいくつかあり、苦行とも言うべき笠新道直登より幾分ラクらしい。
という訳でざっくりとこんな計画を立ててみました。

1日目:新穂高温泉~わさび平小屋~(小池新道)~鏡平小屋~双六小屋(テン泊)(14km:7h)
2日目:双六小屋~弓折岳~抜戸岳~笠ヶ岳(テン泊)(10km:7h)
3日目:笠ヶ岳小屋~抜戸岳~(笠新道)~新穂高温泉(12km:6h)
※時間はいずれも標準コースタイム。

笠新道より多少ラクとはいえ、3日間で36kmと今まで経験したことがないロングハイク。
果たしてヘタれな私が、笠ヶ岳へ辿り着けるのだろうか・・・
一応、プランBも用意してありますが(笑)

************************************************************************************************

前日、ソッコーで帰宅。ザックは前々日からしっかり準備済。
もちろん、今回はテントポールも忘れずにパッキングしてあります(笑)
この時期の登山者用無料駐車場はすぐに満車になるとの情報なので、
できるだけ早く着こうと20時に自宅を出発。 R158で一路高山方面を目指す。

大野市街を抜け、下唯野付近に差しかかった辺りで、突然前方に多数のガードマンの姿が。
(うん? なんだ??)
ガ: 『恐れ入ります。この先の区間、明朝6時まで全面通行止になります。』
よ: 「じぇ、じぇじぇじぇ、マジっすか!」

この日はR158の緊急工事のため、夜20時から明朝6時まで
道の駅九頭竜から岐阜県境までの区間で完全通行止
実は大野に向かう途中、交通情報表示板にこの通行止のことが掲示されていた。
でも石徹白(いとしろ)に抜ける県道もあるので、最悪そちら経由で行けるかなと
思ってやってきたのだが、ガードマンの話では、渓谷沿いの隘路で夜間は危険なため、
手前の道の駅から先は通行させないようにしているとのこと。

ガ: 『他のルートにお回りいただくか、明朝6時まで道の駅でお待ちいただくことになるんですが』

他のルートと言ったって、福井から飛騨方面に抜けられるルートはR158のみ。
それ以外は北陸道で富山県に入り、東海北陸道を南下する北回りか、
米原経由で一宮から北上する南回りのいずれかしかない。
もちろん、朝まで待つといった悠長なことをしている余裕はない。

北回りの方が100kmも短いので、福井北ICまで戻り、北回りで新穂高へ向かう。
大野までの往復60kmのガソリンと1時間のタイムロス。なんてこった。。。
いくら夜間緊急工事とはいえ、お盆のこの時期にやらなくても。
また単に「通行止」じゃなく、【岐阜県方面には抜けられません】とも表示してくれればいいのに(怒)

************************************************************************************************

高山市内で給油した後、再びR158で平湯方面を目指す。
新穂高には過去にツーリングで2回ほど来たことがあるが、最近はすっかりご無沙汰だ。
真っ暗な県道を走っていくと、無料駐車場入口があるスノーシェッドが見えてきた。

0:34 新穂高登山者用無料駐車場(標高約1046m)
IMG_0729_2013081607072004d.jpg
1時間のタイムロスをした時点で半ば諦めていたが、やはり無料駐車場は満車だった。Orz
もっともこの時期はもっと早い時間帯から満車のことが多いようだ。

誘導員から渡された地図を頼りに、もう1つの無料駐車場である鍋平園地駐車場へ。
IMG_0740.jpg
鍋平園地駐車場は新穂高ロープウェイの鍋平高原駅に向かう途中の山上にあり、
麓の新穂高温泉駅までは歩いて約1時間もかかる。
なお新穂高温泉駅周辺には有料駐車場もあるが、これがとんでもなく高い!
6hで500円なので、丸1日で2000円。2泊3日の山行なら軽く5000円以上。
恐らく登山者による長期利用で、日帰り観光客が停められないことを防ぐためだろうが、
さすがに駐車場代にこれだけ支払うのは厳しい以上に阿呆らしい。
当然これらの情報を知っていたからこそ、麓の無料駐車場に停めたかったのだが。。。

駐車場に向かう道路脇には、登山者のモノと思しき車が多数路駐してあった。

0:40 鍋平園地無料駐車場(標高約1180m)
IMG_0731.jpg
こちらもかなり満車に近く、かろうじて空いていた区画に静かに駐車。
空には満天の星が煌めいていた。
5時に目覚ましをセットし、おやすみなさいzzz

2013北アルプステン泊ハイク 1日目その1 に続く

(この日の行程)
20:00自宅~(R158)~大野市下唯野(通行止)(中部縦貫道)
~21:00福井北IC(北陸道)~小矢部JCT~(東海北陸道)~飛騨清見IC~(中部縦貫道)
~23:15高山IC~(R158)~平湯~0:34新穂高温泉~0:40鍋平園地駐車場


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/294-0f6c7ab4