大佛寺山(807m)

author photo

Byよっし~

2013年7月16日(火) 曇り時々晴れ

この時期のハイクの山選びは本当に悩む。
白山のような涼しい高山に行くのがベストだが、日帰りだと早起きが必須だし、体力的にも翌日が大変。
かといって低山は手軽だが、この暑さだとまさに地獄。
距離が手頃で、涼しい滝なんかもある山はどこかないかな。。。
地図や山ブログを見ながら山を探していると、ある山に目が留まる。

大佛寺山(だいぶつじやま)(807m)
IMG_0107_20130716220823.jpg
福井市と永平寺町に跨る山で以前から登ろうと思っていたが、なかなかふんぎれず未踏だった。
山頂まで1.5kmほどと距離が短く、途中滝や沢もあるらしいので、希望の山にピッタリ。
でも距離が短いということは急登が待っているんだよな。。。
旧永平寺有料道路(R364)で登山口のある永平寺町へ。
IMG_0103_20130716220806.jpg
永平寺ダムの看板を目印に、旧料金所跡のすぐ先を右折。

舗装された林道を走っていると、前方に何やら黒い物体が複数。
IMG_0104_20130716220812.jpg
よく見ると、イノシシの親子。今年生まれたと思われるウリ坊も5~6頭。
慌ててカメラを手にするが、イノシシくんたちは茂みに消えていってしまった。残念。

トンネルを抜けると、永平寺ダムが見えてきた。
IMG_0105.jpg

林道は舗装されているが、あちこちに落石が目立つ。
IMG_0108_20130716220830.jpg

こんな土砂崩れ箇所もあるのでご注意を。
IMG_0109.jpg

10:18 大佛湖駐車スペース
IMG_0110.jpg
ちょうど5~6台停められそうな場所があったので、ここに停めさせていただく。

準備を済ませ、コンクリート舗装された道を登っていく(10:21)
IMG_0111.jpg

途中から路面に水が流れてくる。
IMG_0114.jpg

10分ほど登ってきたが、まだ登山口の標識はなし。 なんか草が茂ってきたし。。。
IMG_0115_20130716220928.jpg

舗装路が終わり、行き止まり。ここが登山口か?
IMG_0118.jpg

山肌側を見回すが、標識はおろか登山道らしきトレースも見あたらない。
IMG_0119.jpg
しまった。どうやらここは登山口へ続く道ではなく、砂防堰堤の作業道のようだ。

このまま登っていって山頂にいこうかなと思ったが、間違いなく遭難しそうなので引き返す。
IMG_0120.jpg

ハイク前のウォーミングアップ終了(10:46)
IMG_0121_20130716221015.jpg
道迷い?違いますよ、ウォーミングアップです。こうでも思わないとやってられない(笑)

車はそのままにして、大佛湖沿いの道を進んでいく。
IMG_0122_20130716221020.jpg

今年も水不足かと思っていたが、貯水量は結構ありひと安心。
IMG_0124_20130716221052.jpg

10:51 大佛寺山登山口(標高約323m・山頂まで1500m)
IMG_0126_20130716221058.jpg
ようやく登山口を発見。この近くにも路肩が広くなった場所があるので、数台は駐車可能。

この道は曹洞宗の開祖、道元禅師が歩いた道とされ、祖跡コースとも呼ばれる。
IMG_0127.jpg

情報通り、山頂までは1.5km。
IMG_0129.jpg
でもここの標高が約323mだから、標高差は484m。急登で有名な鬼ヶ岳(1.5km)の標高差が433m(平均勾配率28.8%)なので、アレ以上の急登(平均勾配率32.2%)が待っているということか(汗)

気を引き締めてハイクアップ(10:52)
IMG_0130.jpg

沢沿いの林道のような坂道を登っていく。
IMG_0131.jpg

途中見かけたお地蔵様。ハイクの無事を祈念する。
IMG_0132.jpg

最近はあまり登る人が少ないのか、路面に雑草が目立つ。
IMG_0134_20130716221200.jpg
今日も私ひとりなのかな。。。

前方に沢が見えてきた。
IMG_0135_20130716221208.jpg

結構幅があるので、渡渉の際はご注意を。
IMG_0136_20130716221214.jpg

11:10 虎斑滝分岐(標高約436m・山頂まで1000m)
IMG_0137_20130716221238.jpg
200mほどいったところに虎斑滝(こはんのたき)があるようだが、帰りに寄ってみよう。

ここから先も何度か沢を渡渉しながら登っていく。
IMG_0139_20130716221251.jpg
丸太橋には菰がかけられているが、苔で滑りやすいので要注意。危うく落ちそうになりました(笑)

林間で日差しは少ないが、湿気が多いせいか蒸し暑くて汗が止まらない。
IMG_0142_20130716221305.jpg

11:31 中間地点(山頂まで800m) 
IMG_0143_20130716221330.jpg
ここで小休止。まだ半分しかきていないのか。。。 

苔の生した岩が多いので、渡渉の足場選びは慎重に。
IMG_0144_20130716221336.jpg
岩にのるより、思い切って沢の浅い部分に足を運んだ方が安全でした。

道がかなり荒れており、どこが登山道か沢か分からなくなってきた。
IMG_0146_20130716221343.jpg

増水時はかなり厳しいかも。
IMG_0147_20130716221350.jpg

雑草が茂っていて、道迷いしていないか不安になってくる。
IMG_0149_20130716221427.jpg

忘れた頃に出てくる赤テープがとってもありがたかった。
IMG_0148.jpg

道幅の狭い急登が続き、立ち止まりが激増。キツい。。。
IMG_0151_20130716221433.jpg
実は今日も”小股でチョロチョロ作戦”をやっているのだが、全然利かない。

12:45 御開山砥石の水(標高約705m)
IMG_0152_20130716221439.jpg

道元禅師ゆかりの水場らしい。
IMG_0153_20130716221445.jpg

12:47 大佛寺跡(標高約730m・山頂まで200m)
IMG_0162_20130716221452.jpg
山頂まで残り200mだがたまらず小休止。
説明板によると、道元禅師は1244(寛元2)年に吉峰寺(きっぽうじ)からこの地に移り、永平寺の前身である大佛寺を開堂。ここで「正法眼蔵」を著述したとされる。

大佛寺跡から先は急斜面(平均勾配率38.5%)をつづら折れに登っていく(12:54)
IMG_0163.jpg
ロープ場や路面が崩れかかった箇所もある。

途中見つけたキノコ。名前は分からないが、いかにも毒キノコっぽい感じ。
IMG_0165.jpg
(追記)コメント欄でのご教授で、タマゴダケというれっきとした食菌だそうです。やっぱりキノコは難しい。

最後の最後で急階段が待っている。ヒーヒー
IMG_0166.jpg

前方が開けてきた。山頂か。。。
IMG_0167.jpg

13:15 大佛寺山山頂(標高807.4m)
IMG_0168.jpg
タイムは2時間23分。僅か1.5kmだが、蒸し暑さと急登ですっかりバテバテ。
汗びっしょりのシャツを脱いで絞ると、ジャバジャバと汗が落ちる。
予想通り、山頂には誰もいなかった。

お約束の三角点(二等・勢競)タッチ。
IMG_0169.jpg

山頂からは北側方面の眺望が開けており、
IMG_0177.jpg
今年登った鷲ヶ岳浄法寺山が望める。

天気が良いと白山も望めるようだが、生憎の厚い雲の中。
IMG_0178.jpg

祖跡コースはここから仙尾山(826m)や祝山(705m)を経て吉峰寺へと続く。
IMG_0179.jpg

眺望を楽しみながら、ビアを開ける。うめぇ~
IMG_0175.jpg

つまみはタコさんウインナー。上手でしょう?
IMG_0182.jpg

実はこんなの使いました(笑)
IMG_0180.jpg

今日の山めしはそのタコさんを添えたスパゲッティー。
IMG_0183.jpg

降りる頃、雲の切れ間から少し白山を望むことができた。
IMG_0185.jpg

当初の予定では仙尾山まで足を伸ばす予定だったが、これはまた次の機会に(14:05)
IMG_0174.jpg

14:15 大佛寺跡(標高約730m) 
IMG_0187.jpg

下りの階段は框部分に生えた苔で滑り易いので、特に要注意。
IMG_0189.jpg
なるべく木の部分を踏まないよう、身体を半身に開いて下っていく。

14:58 中間地点
IMG_0192.jpg
ここで小休止。沢の水で喉を潤す。冷たい水で顔を洗うと気持ちいい~

15:15 虎斑滝分岐(標高約436m)
IMG_0193_20130716221822.jpg
先ほどスルーした虎斑滝に寄ってみよう。

15:20 虎斑滝(こはんのたき)(標高約445m)
IMG_0196.jpg
分岐から5分ほどで到着。虎斑滝は二段滝で、滝の脇にある梯子で登っていけるようだが、草が茂って分かりにくいのと水量が多く危険を感じたので、滝の下から鑑賞して引き返す。

15:41 大佛寺山登山口(標高約323m)
IMG_0197_20130716221843.jpg
下りは1時間36分。予想以上の急登と暑さで今日もヘロヘロのハイクだった。
やはりこの山に登るのは雑草の茂る前の4月頃か、紅葉の時期がベストのようだ。

大佛寺山(807m)
標高差484m
登り 2時間23分、下り 1時間36分、TOTAL 5時間27分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 10

コウちゃん  

あぁまたやっちゃいました。
Secret押してあったかも?

かなり草ボーボーになってますね。
僕なんか林道から尾根歩きなので
30分でラクチンです。新緑のブナと
紅葉(林道は特に綺麗ですよ)の頃
林道から仙尾山と大佛寺山往復でも二時間
ですから行ってみて下さい。

2013/07/17 (Wed) 23:38 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん おはようございます。

多分そんなことかな?と思っていました(笑)

実は私も大仏林道から登ろうかなとチラッと思ったんですが、まずは正攻法でと永平寺ダム側から登りました。
林道ができたせいか、ダムからのハイカーは少なくなったようで、道は荒れ放題でした。

紅葉の頃に仙尾山にも登ってみたいと思います。もちろん林道で(笑)

2013/07/18 (Thu) 06:49 | EDIT | REPLY |   

あつぷり  

よっし~さん こんにちは。

同じくこの時期の山選びには頭を悩ませてます。

永平寺ダム側からの登山道は、人があまり歩いてなさそうですね。人が歩いていない登山道はクモの巣が多くて、難儀しませんでしたか?

ところどころ沢があって涼しそうな個所もありますね。今度登ってみたいと思います。

2013/07/18 (Thu) 09:53 | EDIT | REPLY |   

NeNe  

この時期の低山は草ボウボウで しかも蒸し暑いですね。
写真のくもりから蒸し暑さが伝わってきます。
今度の土曜日 私の行動日なんですが何処へ行こうか悩みのタネ。
ニッコウキスゲが気になる別山平へも行ってみたいしね~。

2013/07/18 (Thu) 12:53 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

あつぷりさん こんにちは

連日暑い日が続きますね。
大佛寺山は本当にキツかったです。

通常のお山はある程度登ると尾根づたい歩きになるんですが、このコースは大佛寺跡までずっと谷歩き。
沢と登山道の区別がつかないほど荒れていました。
沢の水は冷たくて気持ちいいんですが、風がなくてムシムシしていました。

なお登山道上には葉が尖った草が多く、誤って触れると激痛が走ります。
この日は半袖だったので、腕にミミズ腫れのような傷が何ヶ所もできてしまいました。
虫も多いので、長袖をおススメします。

2013/07/18 (Thu) 13:07 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

NeNeさん お久しぶりです。

社会復帰?されたそうで、おめでとうございます。
お仕事に家事、孫守りそして山歩きとお忙しそうで大変ですね。

カメラをズボンのポケットに入れているんですが、汗をかいて湿ってくるのでレンズが曇ってしまうみたいです。
化繊のズボンですが、下山後は倍の重さになるほどびっしょりで、いつも悩まされています。

この時期、涼しいお山だとやっぱり白山方面ですが、日帰りで別山平までだとかなりハードですよね。
ヘタレな私には厳しいので、NeNeさんの写真で我慢します(笑)

2013/07/18 (Thu) 13:17 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

暑い中。。。

よっし~さん、こんばんわ。

暑い中、お疲れ様です。大沸寺山は、今の時期、草ボーボーの登山道と化していますね。人も絶対いなさそうですし、蛇などの住処っぽくなっていそうですが、よっし~さんはとても勇気があります。。。しかも、調理までされてる。。。

今の時期のお山選びは本当に悩みます。青レンジャーは大抵パターン化しておりまして、頑張って白山・・・の黒ボコ岩以上まで行くか、立山に行くか、西穂高独標に行くか・・・という三択となっております。この中に新しいお山が加わらないか、試行錯誤中です。。。いいお山ないですかね~。長野県だったら、日帰り圏内の高いお山は目白押しなんですけどね。。。

2013/07/21 (Sun) 21:12 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 暑い中。。。

山ガールの青レンジャーさん おはようございます。

北海道遠征お疲れ様でした。
天候やもろもろで予定通りのハイクができなかったようで残念でしたね。
ここ数年北海道に行けてないですが、青レンジャーさんのレポを見てまた行きたくなりました。

大佛寺山はアクセスはすごくいいんですが、急登とマイナーなせいか、ハイカーにはあまり人気がないようです。
稜線を走る林道ができたせいか、登山道も歩く人が少なくなって荒れていて、女性の方にはあまりおススメできないような感じです。

青レンジャーさんも山選びに難儀されているようで。
トムラウシ山を日帰りされた青レンジャーさんなら、早月尾根で劔岳日帰りも可能なのでは?

2013/07/22 (Mon) 09:41 | EDIT | REPLY |   

-  

タマゴタケ
優秀な食菌です

2013/07/23 (Tue) 12:31 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ご指摘ありがとうございます。
タマゴダケというんですね。一見毒キノコっぽいんですが、食べられるんですね。
やっぱりキノコの区別は難しいんですね。

2013/07/23 (Tue) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (86)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)