2013年5月25日(土) 快晴

4日前、残雪期の白山に初挑戦したが、暑さと予想以上の急登でバテバテとなり、山頂はおろか室堂にすら辿り着けない情けない結果となった。
当初は”また来年挑戦してみよう”と思っていたが、降りてからレポを作製していると、やはり山頂まで行けなかった悔しさが次第にこみ上げてきた。
IMG_9156.jpg
来年と言っても、残雪状況や道路の規制解除時期がどうなるか分からないし、それ以上にもう一度挑戦してみたいという気持ちが募り、再び白山へ。
今日も3時半に自宅を出発し、西の空に沈もうとする満月を見ながら石川県へ。
IMG_9152.jpg

4:56 別当出合特設駐車スペース(路肩)
IMG_9153.jpg
土曜日ということもあって、路肩スペースには先客の車がすでに10台以上。

別当出合駐車場にもたくさんの車が停まっていた。
IMG_9155.jpg

前回のハイク時は多少足のハリがあったが、今日の状態は問題なし。
でもそれ以外の要因を改善しないと、また敗退する可能性が極めて大きいので、前回途中敗退した要因を分析。私が亀足でヘタれなことが一番だが、やはり暑さによる脱水症状シャリバテで、途中から足が進まなくなったことが原因と思われる。

そのため今回はドーピング剤を2本用意。
IMG_9154.jpg
1本はハイク前に、もう1本は途中バテ始める前に投与し、シャリバテを防ごう。
また水も前回より500ml追加し、2.5L持参(ビア除く)。こまめに水分補給することで、脱水症状を防ぐ。

5:25 別当出合登山口(標高1260m)
IMG_9157.jpg
今日も室堂までの目標タイムをゆるゆるの6時間に設定し、ハイク開始。大丈夫かな?

ニリンソウ
IMG_9160.jpg
山ガールの青レンジャーさんが気にされていたニリンソウも、この数日で一気に開花したようだ。

中飯場までの登山道上の残雪も、わずかこれだけに減っていた。
IMG_9162.jpg

6:03 中飯場(標高1550m)
IMG_9163.jpg
前回はここまで45分かかったが、今日は38分と出だしはまずまず。

4日前は60cmほどあった広場の雪が、ほとんど消えていてビックリ!
IMG_9164.jpg

中飯場上の標識も前回より露出していて、急速に雪解けが進んでいる。
IMG_9165.jpg

ブッシュもかなり顔を出してきているので、冬道を歩けるのもあと数日かも。
IMG_9167.jpg

前回同様どんどん後続者に抜かれるが、マイペース。
IMG_9169.jpg

ここからアイゼンを装着(6:28)
IMG_9170.jpg

その先も融雪が進んでおり、わずか4日でここまで景色が変わるとは。。。
IMG_9171.jpg

根開きもかなり大きくなってきた。
IMG_9172.jpg

6:54 別当覗(標高1750m)
IMG_9173.jpg
別当崩れも雪原が大きく減っていて、もう山スキーも厳しそう。

石川県の高校山岳部の生徒たちが歩荷を背負って大勢登っていた。
IMG_9176.jpg
甚之助小屋にいた引率の先生に伺ったところ、なんでも来週この白山でインターハイ予選があるらしく、その練習登山だそうだ。

7:37 甚之助避難小屋(標高1975m)
IMG_9178.jpg
今回は通り過ぎませんでした(笑)
ここまで2時間12分とほぼ夏道タイムで、前回より1時間以上早い。今のところ予想以上の調子だ。
なお山岳部の彼らは別当出合から甚之助までの特区間競争(4人1グループで60kgの荷物を分担して担ぎ、タイムを競う)を1時間ちょっとで登るそうだ。す、すごい!!

レーションで栄養補給。
IMG_9179.jpg

さて今日もここからが正念場だ(7:53)
IMG_9180.jpg

南竜分岐までの急斜面をよたよた登っていく。
IMG_9184.jpg

15kgの歩荷を背負った生徒たちもさすがにキツそう。
IMG_9185.jpg

8:24 南竜分岐付近(標高約2100m)
IMG_9186.jpg
なんとか第一関門をクリア。立ったまま息を整える。

今日も別山(2399m)がキレイに見える。
IMG_9187.jpg

大長山(1671m)や赤兎山(1628m)にも靄がかかっていない。
IMG_9189.jpg

前回はここから南竜道(冬道)を経てエコーラインショートカットコースを登ったが、
IMG_9190.jpg
今回は黒ボコ岩コース(砂防新道冬道)をチョイス。

斜面をトラバースしながら進んでいく。
IMG_9192.jpg

雪質がシャーベット状なのでアイゼンがなくても歩けるが、軽アイゼンを履いた方がいいかも。
IMG_9193.jpg

ここも急速に雪が溶けていて、2箇所ほど登山道が露出している箇所があった。
IMG_9194.jpg

足取りが重くなってきたので、十二曲りの急登に差し掛かる前に、ドーピング剤を追加投与。
IMG_9198.jpg
お~し、はいった~!!(笑)

9:16 十二曲り下(標高約2230m)
IMG_9200.jpg

たちはだかる第二関門は、雪渓を直登していく(汗)
IMG_9201.jpg

でも先日のエコーラインショートカットから比べると、距離も半分程度で傾斜もやや緩い。
IMG_9202.jpg
ここもアイゼンなしでも登れるが、キックステップを多用するため、ツボ足で登られた方たちは五葉坂で足が攣られたとのこと。

9:37 黒ボコ岩(標高2320m)
IMG_9204.jpg
ここで小休止。黒ボコ岩一帯には雪はなかった。

ほぼ前回と同じ標高だが、こまめに給水と栄養補給したせいか、2時間近くも早いペース。
IMG_9205.jpg
これならなんとか時間内に室堂につけそう。

弥陀ヶ原に出ると、御前峰が前方に見えてきた。
IMG_9206.jpg

ガスった際道迷いしないよう、コース上に旗が立ててある。
IMG_9210.jpg
なだらかな雪原だが、雪面が緩んでガタガタなので結構歩きづらい。

右手には前回断念して引き返した地点。
IMG_9214.jpg

いよいよ室堂までの最後の関門、五葉坂にさしかかる。
IMG_9213.jpg
夏場でも最後のこの坂がキツいんだよな。。。

1/3ほど登った辺りから岩が露出してきたので、アイゼンを外す。
IMG_9216.jpg

10:25 白山室堂(標高2450m)
IMG_9217.jpg
つ、ついたー!
タイムはジャスト5時間。目標タイムより1時間も早く登ることができた。

正面の入口はまだ雪に覆われて入れないので、反対側に回る。
IMG_9218.jpg

山小屋の周りもまだ4m近い積雪。
IMG_9219.jpg

白山神社奥社の鳥居もご覧の通り。
IMG_9220_20130526034202.jpg

センターの売店等はまだ営業しておらず、休憩できるだけ。
IMG_9221.jpg
でも雪に囲まれているせいか、ほとんど冷蔵庫状態で、外の方がよっぽど暖かい。

水屋尻雪渓ではBC族たちが思い思いのシュプールを描いていた。
IMG_9223.jpg

室堂に着いたが、ここが最終目的地ではない。根が生える前に山頂に向かおう(10:58)
IMG_9225.jpg
100mほど歩き出して、ポールを置き忘れたことに気付き慌てて戻り5分ロス(笑)

11:22 青石(山頂まで残り750m)
IMG_9227.jpg
青石から先に1箇所短い雪渓があった以外、ほとんど雪はありません。

室堂までで力を使い果たしたのか、すっかりヘロヘロ。
IMG_9228.jpg

11:35 高天ヶ原(山頂まで残り500m)
IMG_9229.jpg

立ち止まりが激増し、既に20人以上に道を譲る。
IMG_9230.jpg

山頂の奥宮がもうそこに見えているが、なかなか近づかない。
IMG_9231.jpg

ようやく白山神社奥宮に到着。室堂から1時間10分もかかってしまった。情けない。。。
IMG_9232.jpg
無事ハイクさせていただいた御礼参りをする。

12:09 白山御前峰山頂(標高2702m)
IMG_9234.jpg
つ、ついたぞー!

別当出合から6時間44分もかかったが、リベンジを果たすことができた。
IMG_9235.jpg

祝杯のビアを開けながら、登頂の余韻に浸る。
IMG_9245.jpg
やはり山頂で飲むビアの方が何倍も旨い!

東側には三方崩山(2059m)。
IMG_9239.jpg

うっすらではあったが穂高連峰や笠ヶ岳といった北アルプスの山々も確認できた。
IMG_9240.jpg

この日の山頂は風もほとんどなく、ぽかぽか陽気で気持ちがいい。
IMG_9248.jpg

今日のお昼はあんぱん1個。
IMG_9246.jpg
カップラーメンを食べているハイカーたちが羨ましかった。

名残惜しいがそろそろ降りることにする(12:44)
IMG_9251.jpg
室堂に寄らず水屋尻雪渓をソリで下りたかったが、所々クレバスができていたので断念。

青石を過ぎて雪が出てきたところで、室堂までお待ちかねのそり遊び
IMG_9253.jpg

下りは25分。
IMG_9255.jpg

降りる前に水場で水を補給。水場は雷鳥荘の横にあります。
IMG_9256.jpg

ありがとうございました。今年もまた何回か登らせていただきます(13:32)
IMG_9261.jpg

岩の多い五葉坂を慎重に下って弥陀ヶ原へ。
IMG_9263.jpg

帰りはエコーライン経由とも思ったが、藪漕ぎがあるので黒ボコ岩へピストン。
IMG_9264.jpg

13:51 黒ボコ岩(標高2320m)
IMG_9265.jpg
アイゼン装着を兼ねて小休止。山頂でご一緒になった岐阜から来られた3人組の方もおられた。

さすがにここでソリだと谷底へ一直線なので、キックステップで降りていく(笑)
IMG_9268.jpg

雪が完全にシャーベット状なので、アイゼンがない方が良かったかも。
IMG_9270.jpg

別山方面にガスがかかってきた。急いで降りよう。
IMG_9271.jpg

南竜分岐までのトラバース箇所では、雪解け水が滝のように流れていた。
IMG_9273.jpg

水は雪渓の下を流れており、薄くなって踏み抜き易い箇所もあるので要注意。
IMG_9274.jpg

14:28 南竜分岐付近(標高約2100m)
IMG_9276.jpg
照り返しの日差しで汗が止まらない。

14:40 甚之助避難小屋(標高1975m)
IMG_9279.jpg
内部の冬トイレは真暗なので、ヘッデンが必要。

あんぱんで最後のエネルギー補給。
IMG_9280.jpg

残り3.5km。もうひとがんばりだ(14:58)
IMG_9282.jpg

朝より一段と雪解けが進んでいる。
IMG_9284.jpg

途中、山スキーヤーが立ち止まって地図を見ていたので尋ねると、
「道を間違えて違うところへ降りてしまっているので、登り返さないとならない」とのこと。
確かにこの先でがたちはだかり、道がぷっつり切れている。
そんなバカな。ちゃんとリボンとトレースを目印に降りてきているはずだが。。。

藪の付近をあちこち調べてみると、道がありました!
どうやら日中の陽気で雪が溶けてクマ笹が立ち上がり、冬道を隠してしまったようだ。
恐ろしい勢いで雪が溶けているので、明日にはこの辺の冬道はもう歩けないかも。

また下山中悩まされたのが。ブンブンとまとわりつき、耳にも入ろうとする。
IMG_9285.jpg
誰も見ていないので、タオルを頬被りして防御(笑)

中飯場上の広場も朝より10cm近く溶けていた。
IMG_9286.jpg

15:38 中飯場(標高1550m)
IMG_9287.jpg
ここも明日にはすっかり雪が消えているだろう。

ニリンソウも大きく花弁を開いていた。
IMG_9290.jpg

今日も石段ルートを下っていく。
IMG_9292.jpg
ここでもまだ虫が寄ってくる。ええい、寄るんじゃない!

吊り橋に差し掛かり、ようやく虫も諦めたようだ。
IMG_9294.jpg

16:08 別当出合登山口(標高1260m)
IMG_9296.jpg
下りは2時間36分。今日も1日楽しく遊ばせてもらいました。

今回はこまめに水分&栄養補給したことで、無事リベンジを果たすことができた。
なお雪解けが1日単位で10cm以上進んでいるので、来週からはしばらく歩きづらくなるかも。

白山(2702m)(砂防新道冬道)
標高差1442m
登り 6時間10分、下り 3時間1分、TOTAL 11時間20分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/269-a25240cf