富士写ヶ岳~小倉谷山~火燈山周回 後編

author photo

Byよっし~

2013年5月7日(火) 晴れのち曇り

ハイカーで賑わう富士写ヶ岳を後にし、不惑新道小倉谷山(910m)を目指す(11:47)
IMG_8711.jpg
この不惑新道、20年ほど前に「ふわくの会」という山歩きグループの方々がボランティアでこのコースを開拓したことから名付けられたらしい。ありがとうございます。
富士写ヶ岳(942m)から小倉谷山(910m)までは約2.5km
標高差は僅か32mだが、予想以上の試練が待ち受けていた。。。
まずはなだらかに稜線を下っていく。
IMG_8712.jpg

残雪があったのはここだけ。
IMG_8714.jpg
2週間ほど前にあつぷりさんが歩かれた時がウソのようだ。

ショウジョウバカマ
IMG_8713.jpg

芽吹く前の殺風景なブナ林の中を進んでいく。
IMG_8715.jpg

15分ぐらい歩いた頃から、ロープのある急な下り坂となる。
IMG_8718.jpg
おいおい、いったいどこまで下るんだ。。。(汗)

富士写ヶ岳と小倉谷山の標高差はわずか32mしかないが、その間にはザクっとえぐれた鞍部(標高約700m)があるので、実質の高低差は200m以上

鞍部のシャクナゲも少なめ。
IMG_8719.jpg

いよいよ鞍部からの登り返しが始まる(12:25)
IMG_8721.jpg

キツイ・・・
IMG_8722.jpg
すれ違ったハイカーから、「頑張って! ここが一番キツイけど、その後はラクになるよ」
と励ましの言葉をかけてもらう。ありがとうございます。

12:37 小ピーク(標高783m)
IMG_8723.jpg
ようやく急登を登りきり、たまらず小休止。
3つコブが見えるけど、やっぱり一番右が小倉谷山なんだよな。。。

振り返って、今歩いてきた富士写ヶ岳に続く稜線を望む。
IMG_8724.jpg
この間に橋でもかけてくれないかな?(笑)

1つ目のコブが近づいてきた。これは騙しピークだろう。
IMG_8726.jpg

13:02 小ピーク(標高約880m)
IMG_8727.jpg

2つ目のコブも山頂じゃないだろう。
IMG_8728.jpg

13:13 小ピーク(標高約900m)
IMG_8729.jpg

細かなアップダウンがあるので、意外と堪える。
IMG_8730.jpg

これが3つ目のコブ。いよいよ山頂か!?
IMG_8732.jpg

13:22 小ピーク(標高約905m)
IMG_8734.jpg
もう1つ先があった。Orz

13:27 小倉谷山山頂(標高910.6m)
IMG_8736.jpg

富士写ヶ岳から1時間30分。比較的歩き易い道だったが、登り返しと騙しピークの連続でヘトヘト。
IMG_8743.jpg
山頂におられた男性の方から、『さっき手前の小ピークで、がっかりされてたでしょう!?』
としっかり落胆ぶりを見られていた(笑)

ここでも記念の三角点(三等・伏拝)タッチ。
IMG_8737.jpg
この3人組の方たちも福井から来られていて、同じく火燈古道で周回するとのこと。
またおひとりの方は私のブログをご覧になられているらしく、すぐに私だと分かったそうだ。
よたよたした歩きっぷりで分かったのかな?(笑)

かなり雲が出てきて、白山はおろか大日山も見えなくなってしまった。
IMG_8740.jpg

後から判ったが、NeNeさんは浄法寺山(1052m)と南丈競山(1045m)に登られていたそうだ。
IMG_8739.jpg

ビュービューと北風が吹いていて、雲の流れも速い。
IMG_8741.jpg

風が強いのでコーヒーはパスし、レーションでエネルギーを補給。
IMG_8738.jpg
賞味期限が切れているのはご愛嬌(笑)

3人組の方々はひと足先に降りて行かれ、私も降りることにする(13:42)
IMG_8744.jpg
ここからはほとんど下り。今日は足の痛みはどうだろうか?

山頂付近のシャクナゲも今年はかなり淋しい。
IMG_8745.jpg

ムシカリ
IMG_8747.jpg

曇ってきたせいか、昨年は鮮やかだったブナ林もイマイチ。
IMG_8749.jpg

鞍部付近のシャクナゲは終わりかけだった。
IMG_8751.jpg

14:04 火燈山山頂(標高803m)
IMG_8753.jpg
誰もおらず、3人組の方はスルーされたみたい。

小倉谷山を振り返りながら、小休止。
IMG_8755.jpg

ここからは火燈古道(2.6km)で大内峠へ降りていく(14:09)
IMG_8757.jpg

かつて豊原寺の修験者や藩政時代の巡視に使われた古道だったが、次第に廃れてしまっていたところ、
IMG_8761.jpg
昨年(2012年)8月、福井・石川両県の登山愛好家の方々の尽力により復活。
これにより不惑新道経由で周回できるようになった。本当にありがとうございます。

火燈古道のシャクナゲは結構咲いていた。
IMG_8762.jpg

IMG_8760.jpg

ムシカリ同様、ガマズミ属の木だと思うが、何だろう? サンゴジュ?
IMG_8765.jpg

急坂な部分にはロープが付いているが、結わえてある木が若木で細いため注意。
IMG_8766.jpg
今日の踝の痛みは、10段階の2ぐらい。もうほとんど気にならない程度になってきた。

鉄塔(標高約370m)が見えてきた。
IMG_8767.jpg

また鉄塔の右奥には大内登山口駐車場も。
IMG_8769.jpg

ヒナユズリハ
IMG_8770.jpg

ヤセ尾根の急坂を慎重に降りていくと、
IMG_8771.jpg

左手に竹田側のR364が見えてきた。峠はもうすぐだ。
IMG_8773.jpg
手前に見えるアスファルトは旧道。

15:28 大内峠(標高約310m)
IMG_8776.jpg
真新しい石標と小さなお地蔵様がある。

大きくU字型に掘れた道は、往時の隆盛ぶりを物語っている。
IMG_8777.jpg

15:33 白山神社(火燈古道登山口)(標高約260m)
IMG_8779.jpg
小倉谷山から1時間51分。無事下山した御礼参りをする。

さて、車を停めた大内駐車場まで戻るか。
IMG_8782.jpg

あれ? トンネルが見えてきたぞ!?
IMG_8784.jpg

しまった。どうやら反対(福井県)側に進んでしまった(笑)
IMG_8785.jpg
大内駐車場まではおよそ200m。

大内村跡の看板があり、現在は公園になっているようだが、雑草が生えて荒れ放題だった。
IMG_8786.jpg

15:43 富士写ヶ岳大内コース駐車場
IMG_8787.jpg
残っていたのは私を含め、2台だけだった。

竹田のたけくらべ温泉で汗を流した後、帰宅する。
IMG_8788.jpg

初めての不惑新道・火燈古道での周回。
無事歩き終えることができたが、トータル7時間のロングハイクでぐったりモード。
正直再び歩きたいとは言い難いが、やっぱり来年もまた登るんだろうな。。。(笑)

火燈山(803m)・小倉谷山(910m)(不惑新道・火燈古道)
標高差650m
登り 1時間30分、下り 1時間51分、TOTAL 7時間3分
今年1回目・通算2回目

※前回竹田側から登った際は、火燈山・小倉谷山を福井県の山としましたが、今回は石川県側から登って降りているので、石川県の山としました。

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Share

Comments 16

コウちゃん  

大内峠から左に降りてしまったのですね
右だとすぐ駐車場ですよ。

僕もココはどっちだ!って思ったんですが
頭の中で地図を開いたら時計周りなので
右だってね。違っていたら疲れていたかも。

2013/05/10 (Fri) 02:42 | EDIT | REPLY |   

あつぷり  

周回、お疲れ様でした。

不惑新道の雪がほとんど無くなっていてびっくりしました。

小倉谷山の手前の小ピークで落胆されているよっし~さんを、小倉谷山の山頂からの視線で見た光景を想像したら、吹き出してしまいました。大変失礼しました。

機会があれば時計回りの大内コースから周回してみます。

2013/05/10 (Fri) 09:33 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

コウちゃんさん おはようございます。

私も大内峠から右に降りて、白山神社に行ったんですが、
その後も右だと勝手に思い、右に行ったんです。
まぁ神社からトンネルまで1分ほどでしたから、大したロスにはなりませんでしたが(笑)

2013/05/10 (Fri) 09:34 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

不惑新道の騙しピークの連続には、本当に参りました。

てっきり山頂だと思った最後の小ピーク(三つ目のコブ)の先に道が続いていた時は、本当にうな垂れてしまい、先行者にしっかり見られてしまいました。
日野山みたいに、カウントダウン看板が欲しいです(笑)

2013/05/10 (Fri) 13:16 | EDIT | REPLY |   

NeNe  

ロングランお疲れさまでした よっし~さん。
ここの騙しのピークで よたよた 誰もが経験します。
この日は風が強かったですね。 私も人がいないのを良いことに 帽子も飛んじゃうので頬かぶりして歩いていましたよ。
ところで わたしゃ隊長じゃないって~。

2013/05/10 (Fri) 16:58 | EDIT | REPLY |   

JH9IRL  

お疲れさま!

よっし~さん、お疲れさまでした。

右周りと左周り、どっちが楽なのでしょうか?
私は、火燈山->小倉谷山->富士写ヶ岳が楽と思っているのですが。。。。
また、どこかの山で会いたいですね!

2013/05/10 (Fri) 18:48 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

NeNeさん こんばんは

やはりみなさんあの騙しピークには落胆されるんですね。
3つ目のコブに辿りついてその先の鞍部を見た瞬間、身体の力が一気に抜けました(笑)

ところでしし岩付近って蛇が多いんですか?
私も蛇が大の苦手なので、見るだけでも駄目なんです。

2013/05/11 (Sat) 00:25 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: お疲れさま!

JH9IRLさん こんばんは

左回りで登っていないのでなんとも言えませんが、JH9IRLさんの標高データで見ると、火燈古道の方が標高が低い分、傾斜が少しゆるいようですね。
でも確実に言えるのは、どっちで登っても充分ツライのは分かりました(笑)

2013/05/11 (Sat) 00:32 | EDIT | REPLY |   

NeNe  

浄法寺のシシ岩は日当たり良好で ヘビにとっては 日向ぼっこに最適の場所なんでしょうね。うじょうじょ沢山居るのではなく 天気がよければ1匹ぐらいは必ず会える程度です。ヘビが怖ければこの岩のところでは休憩せずに 素通りして下さい。よたよたさんならヘビのほうが 素早く逃げて道をあけてくれますよ。大丈夫だって!

2013/05/11 (Sat) 08:55 | EDIT | REPLY |   

ゆきこ  

お疲れ様でした。
お一人で過酷な(?)ハイクにチャレンジなさるって。。。尊敬します。
これからも楽しい記事楽しみにしています☆

2013/05/11 (Sat) 09:47 | EDIT | REPLY |   

a  

写真のところ 大内村跡ではなくて 新トンネルを掘ったときの工事で土をココに捨てて盛ったものです
村の跡が最後に残っていた場所だったのですが埋まってます 大内村は かつて目の前にある川のずっと上流にも下にもあったのですが

2013/05/11 (Sat) 10:16 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

NeNeさん ありがとうございます。
子供の頃から苦手なもんで。
でもカエルは大丈夫ですよ(笑)

2013/05/11 (Sat) 17:26 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

ユキコさん こんにちは

全然過酷じゃないですよ。私がヘタレなだけですww
1人でハイクするのは、好きな場所で写真を撮ったり、自由に山めしを堪能したりマイペースでハイクできるからです。もっとも亀足よたよたなので、グループのペースに付いていけないことも大きいですが(笑)

2013/05/11 (Sat) 17:30 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

aさん はじめまして

ご指摘いただきありがとうございます。
訂正しておきます。

2013/05/11 (Sat) 17:32 | EDIT | REPLY |   

山ガールの青レンジャー  

来年も行かれるんですか?

よっし~さん、またまたこんにちわ。

富士写ヶ岳~小倉谷山の間は何度登っては落胆したことか。。。よっし~さんは、来年も行くんですか。。。凄いです。青レンジャーは、しばらくはいいかな・・・と思いました。。。

それにしても、2日違うだけで、こんなにも寒暖差があるなんて驚きです。青レンジャーが行った、5月9日は山中温泉の気温が25度でした。

ちなみに、たけくらべ温泉は、脱衣所の湿気が凄くありませんんでした?

2013/05/12 (Sun) 12:06 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: 来年も行かれるんですか?

山ガールの青レンジャーさん またまたコメントありがとうございます。

正直、私も青レンジャーさんと同意見で、しばらくは行きたくありませんよ。
でも、来年の今頃になると、そんな辛さも忘れて、きっとまた登りにいくんだろうなと思っているだけです(笑)

本当にこの時期の天気はめまぐるしいですね。
私はあまりの寒さに、ずっとジャケットを羽織っていましたから。
でも寒いぐらいの方が良かったです。25度だったら、もっとバテバテで富士写ヶで引き返していたかも。

たけくらべの脱衣室ですか?
男性側はあまり気にならなかったような感じでした。
それより今どき脱衣カゴのみというのにビックリしました(笑)

2013/05/12 (Sun) 17:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (210)
二上コース (114)
二上コース(裏・旧道) (26)
大村コース (8)
角原コース (14)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (3)
大正寺コース (6)
南井コース (2)
四方谷コース (7)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (3)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (46)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (57)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (5)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山 (4)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (2)
保田経ヶ岳 (4)
バンビライン (6)
天子山 (5)
福井県の山(福井・坂井) (46)
浄法寺山・丈競山 (4)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (9)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (80)
日野山 (12)
鬼ヶ岳 (20)
三床山 (7)
ホノケ山 (4)
三里山 (2)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (2)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
福井県の山(嶺南) (18)
野坂岳 (4)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (19)
富士写ヶ岳 (2)
火燈山・小倉谷山 (3)
医王山 (3)
鞍掛山 (6)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (20)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
岐阜県の山 (18)
舟伏山 (3)
金華山 (3)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (5)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (1)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (4)
鳥取県の山 (1)
四国の山 (3)
北アルプス (56)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
ウオーキング・マーチ (8)
お遍路 (16)
山行インデックス (8)
山めし・山ごはん (78)
麓の山めし (19)
道具 (13)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (87)
福井のおすすめスポット (10)
石川のおすすめスポット (2)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
京都のおすすめスポット (2)
おすすめ温泉 (1)
日常 (6)
山雑記 (9)
青春の想い出の曲 (8)
よっし~のコレクション (2)
よもやま話 (1)
未分類 (0)