2013年5月7日(火) 晴れのち曇り

最近ブロ友の方々が不惑新道を利用されて、富士写ヶ岳(942m)や火燈山(803m)を周回されている。でも肝心のシャクナゲは裏年らしく、昨年ほどは期待できないようだ。
imadesho4.jpg
今年はパスしようかなと思ったが、最近ブレイク中のこの方の言葉通り、今登ってみることにした(笑)

富士写ヶ岳~火燈山周回ルートは大内コースで富士写ヶ岳に登り、不惑新道を経て小倉谷山、火燈山に至り、火燈古道で下山する時計回りルートと、逆の反時計回りルートの2通り。
あつぷりさんやJH9IRLさんは反時計回りの火燈古道から登られたようだが、天邪鬼の私は時計回りの大内コースをチョイスする(笑)

でもこれには少し理由があって、この周回ルート、全長8kmを超えるロングコース。
まだ完全に馴染んでいない靴では少し不安があり、途中で縦走を断念することもありうる。
火燈山・小倉谷山は昨年のちょうど今頃に登っているが、富士写ヶ岳は今回が初めてなので、最悪引き返すにしても富士写ヶ岳には登ってみたい。
また大ベテランのM田翁やよっさんさんの情報では、時計回りの方が幾分楽らしい。
もっともこの理由が一番大きいかもしれないが。。。(笑)
R364で丸岡・山中温泉トンネルを抜け、石川県へ。
IMG_8653.jpg

トンネルを出てすぐ右側のR364旧道に入る。
IMG_8651.jpg
現在の新道ができる前に2度ほど通ったことがある。

旧道入口から500mほど進むと、左手に登山口の看板が見えてきた。
IMG_8657.jpg

8:40 富士写ヶ岳大内コース駐車場
IMG_8656.jpg
今日の先客は4台だったが、GW期間中は大勢のハイカーが押し寄せ、駐車場はおろか道路にも車が溢れていたそうだ。

8:47 富士写ヶ岳大内コース登山口(標高約240m)
IMG_8658.jpg
ほかにも我谷コースや枯淵コースなどもあるが、この大内コースが最短ルート(約2.3km)。
昨日までと打って変わり、今日は最高気温16℃と肌寒いので、ジャケットを羽織ってハイクアップ。

まずは林道を100mほど歩いていき、
IMG_8659.jpg

沢にかかる橋を渡って登山道へ。
IMG_8661.jpg

のっけからウォーミングアップなしに、急な階段が待ち構えている(汗)
IMG_8662.jpg

階段が終わっても急登が続く。
IMG_8663.jpg

ロープのあるこんな箇所も。
IMG_8665.jpg
こちらの方が楽だという情報は本当???(笑)

登り始めから20分弱で、ようやく最初の急登が終了。
IMG_8666.jpg

ミツバツツジ
IMG_8667.jpg

これはマルバアオダモ?
IMG_8668.jpg
ご存知の方、ご教授下さい。

ユキバタツバキ
IMG_8673.jpg

ちょうど腰掛けに良さそうな倒木があったので、ここで小休止(9:28)
IMG_8674.jpg

女性3人組のパーティーが登ってこられたので道を譲り、私も出発する(9:34)
IMG_8675.jpg

あれが山頂、それとも騙しピーク?
IMG_8676.jpg

冷たい北風が強く、ジャケットを着てちょうどイイ感じ。
IMG_8677.jpg

イワウチワ
IMG_8678.jpg

シャクナゲ
IMG_8681.jpg

情報通り、今年のシャクナゲは花付きが悪く、チラホラ咲いている感じ。
IMG_8680.jpg

タムシバ
IMG_8685.jpg
こちらは咲き始めだった。

2度目の急登を登り終え山頂が見えてきた辺りで、一度追い抜いた3人組に再度道を譲る。
IMG_8687.jpg

この辺りのシャクナゲが一番キレイだった。
IMG_8690.jpg

あれが山頂か?
IMG_8692.jpg

山頂に続く最後の急登にさしかかり、立ち止まりが激増。
IMG_8693.jpg
キツい。。。

背後を振り返り、日本海を望みながら息を整える。
IMG_8697.jpg

おぼろげながらも文殊山が望めた。
IMG_8694.jpg

右手には今日縦走予定?の小倉谷山や火燈山。
IMG_8695.jpg
本当にあそこまで行くのか。。。(汗)

山頂までもう少し。
IMG_8698.jpg

10:55 富士写ヶ岳山頂(標高942m)
IMG_8702.jpg
ほぼ標準タイム通りの2時間8分だが、すっかりヘロヘロ。全然楽じゃなかった(笑)

先ほどの3人組の姿が見えないので伺ったところ、ほとんど休憩せず不惑新道に進まれたそうだ。
IMG_8703.jpg

登頂記念の三角点(一等・富士写ヶ岳)タッチ。
IMG_8704.jpg
一等三角点(18cm四方)なので、二等や三等(15cm四方)よりひと回り大きい。

雲が出てきて、期待していた白山はチラッと山腹が見えただけ。
IMG_8706.jpg

着いた当初はすぐに山めしを作る元気もなく、今日はここで引き返そうかとも思ったが、
IMG_8708.jpg
大盛ナポリタンを食べたら、少し元気が回復してきた。

山頂に居た2組が不惑新道に向われた後も、大内コースや我谷コースから続々と登ってこられ、気付けば10人以上になっていた。やはりこの時期は人気があるんだな。

今日は踝の痛みもだいぶ少なくなったので、意を決して予定通り不惑新道へ(11:47)
IMG_8710.jpg

後編につづく。。。

富士写ヶ岳(942m)(大内コース)
標高差702m
登り 2時間8分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/264-45bf54e0