2013年4月29日(月・祝) 晴れ時々曇り

GW前半も最終日。天気は下り坂のようだが、今日はなんとか持ちそうな予報。
先日購入したツオロミーブーツワイドの慣らし履きを兼ねて、文殊山へとも思ったが、せっかくの天気なので以前から登りたかった石川県の山に遠征することにした。

宝達山(ほうだつさん)
IMG_8296.jpg
能登・加賀・越中に跨る山で、能登の最高峰(637.1m)でもある。
山名はかつて金山が存在したことに由来し、なぜかあのモーゼ十戒(じっかい)を授けられたという伝説も残っている。
今年の3月31日から無料開放されたのと里山海道(旧能登有料道路)。
IMG_8287.jpg

GWなのでさぞ混雑しているのかと思いきや、空いていた。
IMG_8288.jpg

道の駅高松(旧高松SA)でトイレ休憩後、1つ先の米出ICで一般道へ。
IMG_8292.jpg

R159の宝達山東間(あずま)口交差点を右折。
IMG_8395.jpg
宝達志水町はクローン牛発祥の地でもあるそうだ。

2kmほど進んでいくと、登山口のある手速比咩(てはやひめ)神社の鳥居が見えてきた。
IMG_8298.jpg

駐車場はないが、鳥居から50mほど先に路肩が広くなった場所があり、ここに駐車。
IMG_8301.jpg
なおこの舗装道を進んでいくと、山頂まで車で行くこともできる。

登山口には立派な水洗トイレも完備されている。
IMG_8300.jpg

慣らし履きの今回のハイク、さてその性能はどうだろうか?
IMG_8306.jpg
これまでずっとミドルカットだったので、踝や脛への違和感が多少あるが、そのうち慣れるんだろう。

準備をしていると軽トラが1台やってきた。
山仕事関係の方かな?と思ったが、私同様ご夫婦でこれから宝達山に登られるそうだ。

ハイクの無事を祈願して手速比咩神社(下社)にお参り。
IMG_8302.jpg

祭神は手速比咩(=沼河比売・奴奈川姫)で大国主命が求婚したことでも知られている。
IMG_8304.jpg

事前情報では片道6kmあるらしいので、ドーピング剤を忘れずに摂取。
IMG_8307.jpg

8:45 こぶしの路(東間登山口)(標高約102m)
IMG_8308.jpg
まずは未舗装の林道を進んでいく。

少し怖い絵の熊出没注意の看板。
IMG_8309.jpg

入口から1分ほど進むと湧き水がある。
IMG_8310.jpg
名水らしく地元の方が水を汲みにこられるそうだ。

ここで林道と別れ、小さな沢にかかる足場板を渡って登山道へ。
IMG_8311.jpg

両側が深く削られた登山道。
IMG_8312.jpg
さぞ歴史のある路なのかと思ったが、このこぶしの路が開かれたのは意外と最近のことらしく、従来の登山道は右手(南側)の谷沿いの旧林道だそうだ。

切り通しの途中で、先行者のご夫婦に道を譲られる。
IMG_8313.jpg
いえいえ私の方が遅いので、すぐに追いつかれてしまいますよ。

切り通しを過ぎるとヤセ尾根になる。
IMG_8314.jpg

両側に群生したヤブツバキがトンネル状になっており、さしずめ”ツバキ回廊”
IMG_8315.jpg

下草が刈られており、所々このような看板があるので、道に迷うことはない。
IMG_8316.jpg

シロバナイカリソウ
IMG_8320.jpg
春の花たちはほとんど終わっていて、スミレ類やイカリソウが咲いていたぐらい。

このようにクマザサの茂った場所も。クマさん、出てこないでね~(笑)
IMG_8323.jpg

登山道は概ねゆるやかな尾根歩きだが、細かなアップダウンがある。
IMG_8324.jpg
ビブラムソールの効果は絶大で、今までなら滑りそうな傾斜もきっちりグリップしてくれる。

9:32 山頂まで残り4km地点(標高約310m)
IMG_8325.jpg
もう4kmも過ぎたのかと思ったが、どうやら残り距離のようだ(笑)

すぐ先に送電線の鉄塔があり、ここで小休止とも思ったが調子がいいのでそのままスルー。
IMG_8326.jpg

ミツバツツジ
IMG_8328.jpg

9:43 山頂まで残り3km地点
IMG_8330.jpg
10分ほどしか歩いていないが、1kmも進んだ? どうやらこの表示あまり当てにならないのかも。

気温が上がってきたせいか、汗がとめどなく出てくる。
IMG_8331.jpg
この辺りで単独行の男性に道を譲る。

10:00 山頂まで残り2km地点(標高約483m)
IMG_8333.jpg
ここは広場(旧林道)になっているが、ベンチ等はなし。立ったまま息を整える。

山頂はまだまだ先なんだよな。。。
IMG_8334.jpg

しばらく旧林道を歩いていき、再び登山道へ。
IMG_8335.jpg

ここからは傾斜がキツくなり、ロープのある箇所も(汗)
IMG_8336.jpg

10:16 林道出合(標高約535m)
IMG_8337.jpg

残り1kmの表示となるが、ドーピングが切れてきたのか、かなりバテてきた。
IMG_8339.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_8340.jpg
花を愛でるという名の立ち止まりが激増。先ほどのご夫婦にも追いつかれてしまった(笑)

この辺りはカエデが多く、紅葉の時期はキレイなのかも。
IMG_8341.jpg
ここまでコブシの花は全く見られず。どうやら既に枯れてしまったようだ。

10:37 林道(町道)出合(標高約570m)
IMG_8342.jpg
ようやく山頂近くの舗装道が見えた時には、思わず座り込んでしまった。

舗装道の右手にはログハウスが見えてきた。
IMG_8344.jpg

林道脇にこぶしの路の表示があったので進んでいくが、
IMG_8345.jpg

すぐに藪だらけの路になる。
IMG_8346.jpg
どうやらこの先は下草は刈られておらず、歩く人も少ないようなので、引き返して林道から山頂に向うことにする。

林道沿いには桜の花がまだ咲いていた。
IMG_8348.jpg

10:48 山の竜宮城(標高約570m)
IMG_8350.jpg
宝達志水町が運営する休憩所で、トイレや売店、軽食コーナーもあるようだ。
開館時期 4月23日~10月31日/9:00~17:00

龍宮城の前には大きな駐車場がある。
IMG_8351.jpg

山頂はここから林道をまだ500mほど登った先。
IMG_8352.jpg

舗装されているが、意外と急な坂道を登っていく。
IMG_8354.jpg

途中小高くなっている部分があったので、山頂かと思い登っていくと行き止まり(笑)
IMG_8355.jpg
標識をつけてくれればいいのに。。。

先ほどのこぶしの路を登っていくと、この東屋辺りにも出られるそうだ。
IMG_8356.jpg
なんでも先行されたご夫婦は私が引き返した先を進まれ、あまりにも藪漕ぎがひどくこの付近で林道に戻ったそうだ。

能登最高峰だけあって、山頂付近にはテレビや電力会社などの無線用アンテナ塔が林立している。
IMG_8357.jpg
この塔、ニコラ・テスラが作ったテスラタワー(ウォーデンクリフ・タワー)のようでカッコイイ。

前方に鳥居が見えてきた。
IMG_8358.jpg

手速比咩神社(上社)
IMG_8359.jpg
養老年間に泰澄大師が開山したとされ、江戸時代までは宝達大明神、宝達神社と称する別の神社だったが、神仏分離令により手速比咩神社の奥の院になった。

鳥居付近の標高は634mで、東京スカイツリーと同じ高さ。
IMG_8360.jpg

無事登らせていただいた御礼参りをする。
IMG_8361.jpg
現在は新調されてしまったが、8年ほど前まではスフィンクスそっくりの狛犬があったそうだ。
やはりモーゼ伝説に関係があるのだろうか?

11:10 宝達山山頂(標高637.1m)
IMG_8362.jpg
タイムは2時間25分。前半は好調だったが、後半はバテバテで大ブレーキとなった。
車でここまでくることができる。

山頂には一等三角点(宝達山)がある。
IMG_8363.jpg
6年前の能登半島地震(M6.9)により、宝達山の標高が20㎝も下がってしまったそうだ。

山頂からは西側の眺望が開けており、立山や白馬岳など北アルプスの山並みが望めるが、
IMG_8364.jpg

今日は霞んでいて、肉眼でかろうじて見える程度。
IMG_8365.jpg
昨日はくっきり見えたそうで、槍ヶ岳や乗鞍岳、御嶽山も望めたそうだ。残念。

白山も望めるようだが、木々が邪魔してイマイチ見えにくい。
IMG_8369.jpg
すると山頂で再びお会いしたご夫婦から、絶好の展望スポットを教えていただく。

山頂脇にある国交省雨量観測レーダー局の敷地に入り、
IMG_8370.jpg

裏手の避難階段を登っていくと、踊り場がある。
IMG_8371.jpg

お~ すごい!! 霞んでいたが白山や医王山が望めた。
IMG_8374_20130430120930.jpg

絶景スポットを教えていただきありがとうございます。
IMG_8376_20130430120932.jpg

すっかり喉がカラカラ。いただきま~す。
IMG_8378.jpg

今日の山めしは野菜ラーメンとおむすび1個。
IMG_8385.jpg
1個でも通常の2倍以上あるばくだんむすびですが(笑)

コーヒーを淹れてまったりした後、ご夫婦と一緒に下山する(12:23)
IMG_8387.jpg
羽咋から来られたこのご夫婦、鬼ヶ岳や日野山など福井の山にもよく登られているそうだ。

ご主人から高爪山(能登富士・標高341m)も教えていただく。
IMG_8386_20130430120934.jpg

龍宮城に寄られるご夫婦とお別れし、登山道へ(12:36)。
IMG_8388.jpg

12:52  山頂まで残り2km地点(標高約483m)
IMG_8389.jpg
ここまで10人の登山者とすれ違う。意外と登っているんだな。

登りではあまり気にならなかった新靴だったが、下りでは踝や甲が痛くなってきた。
IMG_8390.jpg
ちょうど内部のスポンジのでっぱりがこすれる部分で、今日履いている靴下が薄いせいだろうか。
またこれまでのミッドカットを履いた状態と同じ歩き方なのも原因なのかも。

13:08 山頂まで残り4km地点(標高約310m)
IMG_8391.jpg
痛みが続くのでここで小休止。一度紐をゆるめて、足の位置を調整する。

やや痛みは和らいだが、足運びに注意しながら林道のところまで戻ってくる(13:48)
IMG_8392.jpg

湧き水で喉の渇きを癒す。ふぅ~ 美味い!
IMG_8393.jpg

13:52 東間登山口(標高約102m)
IMG_8394.jpg
下りは1時間31分。予想通り、林道脇にも登山者の車が溢れていた。

標高差500m足らずの低山ながら、片道6kmのハイクは結構ハードだった。
また慣らし履きの登山靴の感想は、慣れないハイカットの違和感と下りでの踝の痛みがキツかったが、靴底が厚いせいで足の裏を突き上げる感じはなく、路面もしっかりグリップしてくれた。
厚手の靴下やインナーを替えたりする対策をしながら、ぼちぼち履き慣らしていこう。

宝達山(637m)(こぶしの路)
標高差532m
登り 2時間25分、下り 1時間31分、TOTAL 5時間30分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
FC2 Management
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/257-e474f2b5