2013年4月16日(火) 晴れのち曇り

昨晩夜更かししたせいか、目覚めると9時過ぎとすっかり寝坊。
近場の文殊山とも思ったが、もうカタクリもほとんど枯れてしまっているにちがいない。
春の花々を求めて、以前から気になっていた奥越の山に向かう。

天子山(あまごやま)(標高572m)
IMG_7938.jpg
場所は大野市の先日訪れた矢ばなの里のすぐ北西にある山で、
山名は雨乞山から転じたと謂れ、曹洞宗開祖の道元禅師ゆかりの山とされる。
 
矢ばなの里を過ぎ、庄林交差点を左折。大矢戸、小矢戸方面に進んでいくと、
IMG_8085.jpg
弓形に弧を描いた山並みが見えてきた。この辺りに矢とか矢戸、大月といった地名が多いのは
このためなんだろうか?

登山口を示す看板がなかったので、農作業されている女性にうかがったところ、
IMG_8084.jpg

行人岩(ぎょうにんいわ)という看板を目印に進んでいくと小屋があり、そこが登山口とのこと。
IMG_7946.jpg

看板から高架する林道を越えて2分ほど進んでいくと、
IMG_7948.jpg

教えられた小屋が見えてきた。
IMG_7950.jpg

11:18 行人岩休憩所(標高約217m)
IMG_7951.jpg
車を停めて準備をしていると、小屋の中からラジオの音が聴こえてくる。
他の車はないけど、誰かいるのかな?

小屋の中には80代ぐらいと思しき、地元の古老が1人居られた。
IMG_7952.jpg

小屋には沢水が引き込まれていて、可愛らしい水車もあった。
IMG_7953.jpg

車に戻り準備を続けていると、古老が出てこられた。

古:『あんちゃん、今から行人岩に登るんけ?』
よ:「あ、はい。」

なんか話好きそうな感じで、もしかしたら捕まったかな?(笑)

古:『本当ならワシも一緒に登りたいんやが、なんせ近頃足を悪くしてしもうて・・・』
よ:「そうですか。。。それは残念ですね(笑)」

しばらく天子山のことについて、いろいろお話を聞かせていただく。

古:『実はあんちゃんに頼みがあるんやけど・・・』
dq001.gif

そう言うと古老はポケットから使い古したナイロン袋を取り出し、私に差し出す。
IMG_7971.jpg

(まさか、山菜でも採ってきて欲しいというんじゃないよな・・・)

古:『行人岩に賽銭箱があるんやけど、
その中身をこの袋に入れてきてくれんやろか?』

dq002.gif

な~んだ、そんなことならお安い御用です。

古:『ほうか、行ってきてくれるか! ほな頼んだよ!』

なんかRPG(ロールプレイングゲーム)の一場面のようだな(笑)

11:27 行人岩参拝登山道(天子山登山口)(標高約218m)
IMG_7955.jpg

行人岩の由来
IMG_7956.jpg

行人岩までの細かい距離も分かる案内板も設置されている。
IMG_7957.jpg
これらは古老を始めとする大矢戸保存会の方々が整備されたそうだ。ありがとうございます。

シモクレン(紫木蓮)
IMG_7954.jpg

古老に見送られながら、勇者よっし~の冒険が始まる(笑)
IMG_7958.jpg
でも僅か835mで、標高差300m以上あるんだよな。。。(汗)

まずは杉林の中をなだらかに登っていく。
IMG_7959.jpg

ミヤマカタバミ
IMG_7963.jpg

カタクリ
IMG_7964.jpg

花を愛でて、よっし~の戦闘力が10Pアップする(笑)
IMG_7967.jpg

3分ほど進むと林道に出合う。ここが本来の登山口のようだ。
IMG_7968.jpg

登山道脇のカタクリはまさに満開
IMG_7972.jpg

前方に小屋が見えてきた。
IMG_7974.jpg

11:35 休憩小屋(標高約300m)
IMG_7975.jpg

まだ真新しい感じで、中にはベンチやテーブルもあって休憩できる。
IMG_7976.jpg
お泊りですか。お泊りなら8ゴールドになります(ウソ)

dq018.gif

外には水場もあった。こ、これは伝説の賢者の泉だ!(大ウソ)
IMG_7977.jpg
冷たくて美味しい! 

よっし~のライフポイントが10P回復。
dq004.gif

付近には岩が目立ち、一瞬もう行人岩?と期待したが、全然先だった。
IMG_7978.jpg

ここからは谷筋を登っていく。
IMG_7982.jpg

ヤマブキ
IMG_7983.jpg

トキワ(シロバナ)イカリソウ
IMG_7984.jpg

トキワイカリソウ
IMG_7985.jpg
白、紫ともに中腹一帯に咲いていた。

タチツボスミレ
IMG_7986.jpg

いやらしい傾斜のつづら折れの道が続くが、
IMG_7987.jpg

カタクリを始め、色んな花たちが出迎えてくれ、戦闘力がさらに10Pアップ。
IMG_7992.jpg
特にカタクリは山麓から3合目付近まで両脇に群生していた。

これは何という花だろう?? ハナイバナ?
IMG_7991.jpg
花や葉の特徴から、ムラサキ科だと思うのだが・・・
(追記)
NeNe隊長から教えていただいたところ、これはヤマルリソウ(ムラサキ科)だそうです。
さすが隊長!(笑)

これはゼンマイじゃないんですよね、隊長!?(笑)
IMG_7988.jpg

11:48 3合目(標高約350m)
IMG_7994.jpg

遠くからだと3の字が8に見えて、もう8合目だ!とぬか喜びしてしまった。
IMG_7995.jpg

前方には試練の谷が立ちはだかる。Orz
IMG_7996.jpg
よっし~は30Pのダメージを受ける(笑)

dq005.gif

キクザキイチゲ
IMG_7999.jpg

これは薄青のイチゲ。
IMG_8000.jpg

ヤマエンゴサク
IMG_8003.jpg

葉はオダマキ属に似ているが、この花も何だろう??
IMG_7998.jpg
(追記)
これもNeNe隊長、山の青レンジャーさんからのご指摘で、オダマキと同じキンポウゲ科の
アズマイチゲ(イチリンソウ属)だそうです。ご教授ありがとうございます。

前方にまた小屋が見えてきた。あれが5合目?
IMG_8004.jpg

だいぶ登ってきたけど、まだ半分も来ていないんだ。さらに10Pのダメージ。
IMG_8005.jpg

モミジイチゴ
IMG_8009.jpg
バラ科の木苺で、果実は食用できる。

12:08 5合目(標高約455m)
IMG_8012.jpg
3~5合目間(250m)はやたら長く感じた。立ったまま小休止し、ライフポイントを回復させる。

いかにも手作りといった感じのベンチとテーブルが設置されている。
IMG_8014.jpg
もしかしてあの古老がここまで運んでこられたのかな?

ここからの眺めはよく、北側には経ヶ岳や法恩寺山。
IMG_8015.jpg

東方向には百名山の荒島岳が望める。
IMG_8016.jpg

キンキマメザクラ
IMG_8019.jpg

12:15 6合目(標高約490m)
IMG_8021.jpg
一転、5~6合目間(65m)はえらく短かい(笑) この辺りではやたらカナヘビが目に付いた。

6合目から行人岩までは残り200mもないのだが、
IMG_8022.jpg
急尾根を直登していくので、息が上がり立ち止まりが激増。Orz
ホ●ミの呪文を唱えるが、全く効き目なし(笑)

前方に大きな岩が見えてきた。あれが行人岩か?
IMG_8024.jpg

行人岩手前で展望台(山頂広場)と分岐するが、古老との約束を果たすべく、先に行人岩へ。
IMG_8027.jpg

12:27 行人岩(9合目)(標高約545m)
IMG_8028.jpg
屋根のように大きくせり出した大岩は幅約15m、高さ約11m。

かつて禅宗の修行僧たちが、ここで座禅を組んで修行したとされることから、
IMG_8031.jpg
道人窟、行者窟とも呼ばれる。

風化してかなり見えにくくなっているが、岩に修行僧の名前などが刻まれている。
IMG_8034.jpg

(え~っと賽銭箱は・・・ あった!これだ)
IMG_8035.jpg
よっし~は聖なる袋を取り出し、賢者の箱のお賽銭を回収する(笑)

麓の古老に知らせるべく天子の鐘※を打ち鳴らすと、虹の橋が現れた(大ウソ)
IMG_8036.jpg
※勝手に名付けました(笑)

dq007.gif

小休止した後、展望台(山頂広場)に向かう。
IMG_8038.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_8040.jpg

山頂付近はタムシバが満開だった。
IMG_8042.jpg

12:39 天子山山頂(展望台)(標高572m)
IMG_8043.jpg
タイムは1時間12分。わずか1kmほどのコースだが、かなりキツい登りだった。
広場になっており、ベンチやテーブルの残骸があった。積雪で壊れてしまったのだろう。

ほとんど知られていない無名の山だが、山頂からの眺望はまさに絶景!

正面(東)には大野市街と荒島岳(1523m)。
IMG_8046.jpg

右手(南)には大野市民からと御岳(嶽)さんとも呼ばれ、親しまれている飯降山(884m)。
IMG_8052.jpg
背後には銀杏峰(1441m)や部子山(1464m)も望めた。

左手(北)には経ヶ岳(1625m)や法恩寺山(1356m)。
IMG_8054.jpg
残念ながら白山は望めなかった。

天子山から弧状の尾根続きにある禅師王子山(ぜんじおうじやま)(585m)
IMG_8045.jpg
永平寺を開山した道元禅師が吉峰寺に入る前に籠ったとされるのが、
この山麓にある禅師峰寺(ぜんじぶじ)で、そこから名付けられたようだ。
小矢戸・西大月方面に縦走でき、古老の話では先日4人組の女性グループが縦走されたそうだ。
ただしあまり整備されておらず、ほとんど廃道状態だそうで、しかも意外と距離があり、
藪だらけで急峻な岩場もあるらしい。

よっし~は”ヤマメシ”の呪文を唱える(笑)
IMG_8056.jpg
ライフポイントが50P回復するww

dq008.gif

食後は、展望台から禅師王子山に続く道を少し下調べ(13:15)
IMG_8060.jpg

踏み跡はかろうじて分かるが、マンサクのダンジョン(藪)が行く手を阻み歩きづらい。
IMG_8057.jpg

dq010.gif

1つ先の小ピークまで行ったところで引き返す(13:20)
IMG_8062.jpg

タムシバ
IMG_8064.jpg

いつか縦走してみたいが、下草が茂るこれからの季節は一段と困難な道になりそう。
IMG_8066.jpg

少し霞が取れてきたのか、おぼろげながらも白山が見えてきた。
IMG_8067.jpg

もう少し粘りたいところだが、古老が待っているので下山しよう(13:29)
IMG_8068.jpg
ルー●が使えればいいのに。。。(笑)

13:32 行人岩分岐
IMG_8069.jpg

急坂は滑り易いので慎重に。
IMG_8070.jpg

13:38 6合目(標高約490m)
IMG_8071.jpg

13:40 5合目(標高約455m)
IMG_8072.jpg

辛かった試練の谷も、下りは軽快に下っていく。
IMG_8073.jpg

13:49 3合目(標高約350m)
IMG_8075.jpg

13:55 休憩小屋(標高約300m)
IMG_8077.jpg

13:59 林道出合(標高約245m)
IMG_8078.jpg

モンスター(ガマガエル)登場!
IMG_8079.jpg
危うく踏みそうになる(笑)

14:00 登山口(標高約218m)
IMG_8081.jpg
下りは31分。山中では誰とも出会わなかった。

古老は待ちくたびれたのか、林道脇にシートを敷いて寝転んでおられた(笑)
IMG_8082.jpg

よ:「お待たせしました。お約束通り、回収してきましたよ。」
古:『おうおう、すまんの~ ありがとう。』

dq015.gif

こちらこそお役に立てて嬉しいです。

古:『あんちゃん、また登りにきねの~。』
よ:「はい、またきます。お父さんもお元気で!」

dq017.gif

マイナーな山だとなめていたが、カタクリの群生を始め、春の野草の豊富さには正直驚いた。
また山頂からの眺望も素晴らしく、無名なのが信じられないほど。
もっと人気が出てもいい山だと思う。ただし登りのキツさは鬼ヶ岳以上ですが。。。(笑)

矢ばなの里ちかくの畦道に咲くシバザクラを見ながら家路につく。
IMG_8088.jpg

IMG_8089.jpg

なお有名な新丁(しんようろ)トンネル付近は、まだほとんど咲いていませんでした。
IMG_8090.jpg

dq014.gif


天子山(572m)
標高差354m
登り 1時間12分、下り 31分、TOTAL 2時間45分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/251-b68ac303