2013年4月9日(火) 晴れ

白椿山を後にし、次の目的地、一乗山に向かう(11:50)
先ほど登ってきた一乗城山(473m)と名前が似ているので混同される方もいるが、
一乗山は標高740mと屏風連山の最高峰で、以前は福井市の最高峰(※)でもあった。
※平成の大合併で美山町と合併したため、現在の福井市最高峰は飯降山(884m)

11:28 一乗山登山口(標高約690m・林道入口から11.8km)
IMG_7575.jpg
白椿山登山口から一乗山登山口まではおよそ2.6km。
車だと5分もあれば着く道のりだが、30分以上もかかったのは、
とんでもないアクシデントに見舞われてたからなんです。。。
 
少し時間が遡ります。

蔵作本線分岐(林道入口から11.6km)を過ぎ、もう50mほどで登山口というところで
路面に再び残雪が現れる。
ここも積雪は10cm程度だったので、「今度も勢いよく進めば大丈夫!」と都合よく判断し、
残雪に進入。

ゴゴ、ゴゴ、ゴ (ピタ)

5mほど雪面に入ったところで、タイヤが雪に阻まれ進めない。
仕方ないな~とバックに入れるが、

キュルキュルキュル、キ (ピタ)

タイヤが空回りし、後にも進まない。
ギヤをセカンドに入れたり、バックに戻したり、何度も試みるが、うんともすんとも動かない。
どうやら、スタックしてしまったようだ(汗)
IMG_7591.jpg
不精してまだスタッドレスを履いているのだが、トランクに入れてあったスコップは邪魔なので
降ろしてしまった。
仕方なく足で前輪付近の雪を掘りながら、再び脱出を試みるが、全く動く気配がない。

(どうしよう・・・)
IMG_7592.jpg
標高700m近い林道で、しかも入口から10km以上進んだ地点。
こんな場所を通りかかる車はまずいない。(滝汗)

幸いにもここは稜線上で眺めが良く、携帯のアンテナも3本MAXで立っている。
普段のハイク中は圏外で使えないことが多く、煩わしい電話も入らないので意外と重宝しているが、
今日は繋がって本当にありがたい(笑)

まずは加入している損保の無料ロードサービスに電話してみる。

オ:『○○損保、コールセンターです。もしもし、どうされましたか?』
私:「あの~、林道でスタックしてしまったんです。」

オペレーターに状況を説明する。

オ:『スタックですか? 脱輪や横転なら無料なんですが、スタックは有料なんです。』
私:「おいくらぐらいですか?」
オ:『提携先業者の料金になるので、いくらになるかは異なります。』
私:「分かりました。それならJAFに電話します。」
CMでは”業界トップレベルのロードサービス”などと言っておきながら、ふん。。。(怒)

JAFの会員にもなっているので電話し、オペレーターに同じくスタックの状況や、現在地の場所を伝える。コチラの方がすごく丁寧な対応で、真っ先に「他の車に気をつけて下さい」と気遣ってくれるほど。
もっとも標高700mの林道上だと分かると、笑われた(笑)

10分後、サービスの到着時刻を知らせる電話があり、混んでいて最低でも1時間はかかるとのこと。
それじゃ、じっと待っているのも何だから、その間に一乗山に登ってこよう!

という訳で、30分以上もかかってしまったんです(涙)

ズボっ!
登山口手前の側溝にハマる。
IMG_7577.jpg
隣に口を開けている箇所があるので、よく見れば分かるはずなのに。。。(笑)

ここも白椿山同様、最初は古い林道を歩いていく。
IMG_7578.jpg

ただ2分ほど歩いていくと、林道に雪が現れる。
IMG_7579.jpg

12:35 一乗山分岐(標高約710m)
IMG_7581.jpg
ここで林道と別れ、登山道へ。

ここにも”山頂へ15分”の看板。
IMG_7580.jpg
これも多分、そんなにかからないと思う。

登り始めてすぐに登山道も雪で覆われてきた。
IMG_7582.jpg
雪面はそこそこ締まっていたが、ところどころ膝までゴボる箇所も。

ここでも倒れたマンサクが障害物となって、所々登山道を塞いでいる。
IMG_7583.jpg

12:42 一乗山山頂(標高470m)
IMG_7584.jpg
タイムは14分。やっぱりあの標識、登山口のものだ。

一等三角点(星峠)
IMG_7585.jpg
一乗山にある三角点は、福井県に7つしかない一等三角点。これで荒島岳、野坂岳に続いて3地点をクリア。

ここも木々に囲まれていて、白山がうっすら見える程度。
IMG_7586.jpg
風も強いのですぐに下山する(12:42)

登りでつけたトレースを目印に降りていく。
IMG_7587.jpg

12:47 一乗山分岐(標高約710m)
IMG_7588.jpg

12:54 一乗山登山口(標高約690m)
IMG_7589.jpg
下りは12分。

車に戻って駄目元でもう一度脱出を試みるが、依然タイヤは空転するのみ。
風が冷たいので車の中で待っていると、程なく携帯に着信。
現場に近くなったら再度電話するということだったので、期待して出てみると、まだ基地らしく、
これから向かうのであと40分近くはかかるとのこと。
え~ あと40分も。。。 でも今の私には、それを待つしか手はない。

今日はまだ何も食べていないのでカップ麺でもと思ったが、風が強いので諦める。
IMG_7593.jpg
文殊山などの絶景を眺めながら空腹をしのぎ、JAFの車を待つこと2時間半。

神様降臨!

IMG_7595.jpg
こんな辺鄙な場所まで来ていただきありがとうございます。
隊員さんもここまで疑心暗鬼で進んで来られたそうだ(笑)

ワイヤーで引っ張っていただき、無事脱出!
IMG_7596.jpg
ありがとうございます。お代は? えっ、無料!? どこかの無料ロードサービスとは大違いだ。
JAFさん、本当にありがとうございました。

当初は赤谷町方面に降りる予定だったが、もちろん引き返す(14:20)
IMG_7597.jpg

14:20 白椿線分岐点(標高約570m・林道入口まで9.2km)
IMG_7598.jpg
この先は落石が転がっているので、スピードを抑えて慎重に進んでいこう。

14:33 一乗坂登山口(標高約250m・林道入口まで3km)
IMG_7599.jpg
先ほどの軽トラは既に居なかった。

14:40 美山林道入口(標高約45m)
IMG_7600.jpg
安心したらますますお腹が空いてきたよ~

途中のコンビニにピットイン。
IMG_7601.jpg
駐車場からは白椿山が望めた。

無事降りることはできたが、自分の甘い状況判断で立ち往生、JAFさんの助けを借りてしまい、
大いに反省させられるハイクとなった。

教訓:危ないかなと思ったら進まない。

一乗山(740m)
標高差50m
登り 14分、下り 12分、TOTAL 28分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/247-e895b2f6