2011年8月4日(木)

標高2000mの南竜付近は、8月といえども最低気温が10度前後まで下がる。
その寒さのせいか、夜中何度か目が覚める。

しーんと静まりかえった漆黒の闇の中、テントの回りを時折、ガサガサと動きまわる音。
テントの中でライトつけて、光を動かすと音が反応するので、風ではなく明らかに何らかの生物がいる。
(ク、クマじゃないよな・・・)
おそらく音から判断すると、キツネかウサギのような小動物だと思われるが、
受付で見たクマ出没の文字が気になって、怖くて外を確かめることができない。
昨日残った食材や食器類は全てテント内にしまってあるが、匂いで引き寄せられているのだろうか。
当初はご来光を見にいこうかとも思っていたのだが、この正体不明の音のせいで、怖くて断念。
図体はデカいんですが、案外怖がりなんです(笑)

6:30 起床
DSC03198.jpg
目はとっくに覚めていたが、とりあえず明るくなるまではテントの中でガマンしていた。

回りは一面のガス。ほとんど何も見えない。
DSC03200.jpg

まずは朝飯の準備。
DSC03201.jpg

昨日の余った食材を全て投入する(笑)
DSC03203.jpg

食べていると、パラパラと雨が降ってきた。
DSC03202.jpg
慌ててテント内に避難。
予報ではそれほど崩れるとは言ってなかったので、恐らく通り雨だろう。
テント内で読書しながら、雨足が弱まるのを待つ。

1時間ほどすると、ほとんど止んだようだ。
DSC03204.jpg

さてどうしようか?
天気が良ければ、ザックをデポして別山(2399m)にでも行こうかと考えていたのだが、
時刻は既に8時半を回っており、別山まで往復して下山するとなると、かなり遅くなりそう。

また別山方面はご覧の通り、まだかなりガスが残っているので、
DSC03212.jpg
今回は大人しく下山することにする。

地面がまだ濡れているので、
DSC03206.jpg

炊事棟に移動して撤収作業。
DSC03205.jpg

8:50 南竜ヶ馬場野営場 出発。
DSC03207.jpg
お世話になりました。

大量の食材やアルコールが私のお腹に消えたせいか、ザックは昨日に比べてかなり軽い感じ(笑)
DSC03209.jpg

9:00 エコーライン分岐
DSC03210.jpg

背後には南竜キャンプ場の姿が。
DSC03211.jpg

南竜分岐が見えてきた。
DSC03213.jpg

9:10 南竜分岐(標高2100m)で小休止。
DSC03217.jpg

だんだん晴れ間が広がってきた。別山方面に目をやると、
DSC03218.jpg
だいぶガスがとれてきた。やっぱり登れば良かったかな・・・

9:40 甚之助避難小屋(標高1975m)
DSC03219.jpg
ここは休憩せず、スルー。
この辺りからぼちぼち登山者とすれ違うのが増えてくる。

DSC03221.jpg
完全にガスが切れて、雄大な別山の姿。
やはり、降りると晴れる!(笑)

10:10 別当覗(標高1750m)で小休止。
DSC03223.jpg
夏休みということもあり、子供会の一行らしき団体が休憩中。

10:38 中飯場(標高1550m)
DSC03224.jpg

下り分岐路を過ぎ、
DSC03226.jpg

吊り橋が見えてきた。
DSC03227.jpg

DSC03228.jpg

11:15 別当出合センター(標高1260m)
DSC03229.jpg
下りは2時間25分だった。

売店の店先にはよく冷えたトマトやキュウリ。
DSC03232.jpg
美味そう~

この看板も反則です!(笑)
DSC03230.jpg

一杯いきたいところをグッとガマン。
DSC03233.jpg

11:30 別当出合駐車場(標高1200m)
DSC03234.jpg

まず汗でべたついた身体をさっぱりすべく、麓の白峰温泉へ。

白峰温泉総湯
DSC03236.jpg
平成20年に建替えられたので、新しくてキレイ。お湯は白山さんろく特有のお肌がつるつるする泉質。
同じぐらいに降りてきた四国からの団体の方たちと一緒になった。
徳島から室堂2泊のバスツアーで3万円しないそうだ。めちゃ、めちゃ安いですね。

白山市白峰ロ65番2地 076-259-2839
火曜定休 平日12:00~21:00 土・日・祝10:00~21:00
http://www.shiramine.gr.jp/souyu/index.html

さっぱりしたら、やはりお腹が空いてきた。
DSC03239.jpg

さっきから気になっていたお店がある。
DSC03241.jpg

雪だるまカフェ
DSC03242.jpg

古い民家を改造したお店で、
DSC03247.jpg

白峰名物のおろしうどんを食べさせてくれる。
DSC03243.jpg

1杯が400円。お替り自由が800円。
DSC03244.jpg
2杯以上は絶対食べるので、もちろんお替り自由をチョイス!(笑)

爽やかな風が通る縁側の席に。
DSC03246.jpg
DSC03251.jpg

おしながきによると、白峰では岩手のわんこそばのように、お椀が空になるとお代わりが注がれ、
「もうようござる」と蓋をするか、お椀を隠すまで続くらしい。
DSC03249.jpg

5分ほどでおろしうどん登場!
DSC03253.jpg

平たく冷たいうどんに、細かく切った揚げにたっぷりの大根おろしがかかったつゆがかかっている。
DSC03254.jpg

3杯目。
DSC03255.jpg

5杯目。お腹にはまだまだ入るが、おろし汁が少なくなってきた。
DSC03256.jpg

おろし汁もお替りできるようだが、まだ食べるの?と言われる前に、
6杯目で「もうようござる」
DSC03257.jpg
腹7分目といったところかな?(笑)

(南竜道~砂防新道)
下り 2時間25分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/24-001d2ff2