蓑脇の時水(大平山)

author photo

Byよっし~

2013年3月28日(木) 曇り

大平山を降りて、本来の目的地、蓑脇の時水のある大平山北麓の蓑脇町に向う。
IMG_6917.jpg
南麓から北麓に迂回してまで、同じ山に二度も登る理由は・・・
そう、この時水には登らなねばならない訳があるのだ。

この時水に来るのは、実は2回目
いや正確にいうと8年ほど前に一度やってきたのだが、道のりのあまりの苦しさに根を上げてしまい、途中で引き返してしまった。当時は山歩きに全く目覚めておらず、「何が悲しくて、苦しい山歩きなんて・・・」と、引き返した悔しさもいつしか忘れてしまった。
でも山歩きを始めてから、時折あの時のリタイアが脳裏に蘇り、登れなかった悔しさがこみ上げてきた。
あの時からここで時間が止まっているのだ。その時計を再び進めるために・・・
今回はチョッと感傷的ですが、ご容赦をwww
池泉交差点まで戻り、信号を右折。万葉の里公園を右手に見ながら県道201を進んでいく。
IMG_6961.jpg
右手に時水の看板が見えたら、右折して農道へ。

農道を進んでいくと大平山北麓に突き当たり、ここから林道を登っていく。
IMG_6920.jpg
この林道、大して距離はないが、ほぼ1車線分の隘路なので、対向車には注意。

13:53 時水登山口(標高約150m)
IMG_6921.jpg
林道入口から2分ほどで到着。先客はいなかった。なお車は4~5台ほど駐車可能。

入口にある時水の説明看板。
IMG_6922.jpg
”時水”は大平山中腹の木呂谷(ころたん)という谷間の洞孔から湧き出る地下水で、水量が季節や降雨に関係なく増減し、全国に5箇所しかないとされる大変珍しい間歇冷泉である。
間歇の原理は定かではないが、大平山では戦前まで石灰岩の採掘が行なわれていたことから、地下の空洞内に地下水が溜まり、一定量になるとサイフォンの原理で水が勢い良く洞孔から放出されると考えられている。

以前はこの湧水がほぼ1刻(約2時間)ごとに1度起こり、溢れ出た水の滝音が谷間に響いたことから、山仕事する人たちは、「滝の音を3回聞くと、お昼である」と時計代わりにしていたので、この名が付いたとされる。
福井県の名勝に指定されており、環境省選定の「残したい日本の音風景100選」にも選ばれている。

準備を済ませ、ハイクアップ(13:55)
IMG_6925.jpg

最初は谷筋の杉林の中を登っていく。
IMG_6926.jpg
のっけから急坂で、踝にかかる傾斜の感覚が忘れかけていた記憶の糸をほぐし始める。

歩き始めて8分後、見覚えのある地点に差し掛かる。
IMG_6927.jpg
(確かここは・・・)

そうだ、ここが8年前に私がリタイアした場所だ!

ここから先は尾根に続く急斜面にとりつくのだが、当時はそれを見て一気に気持ちが萎えてしまった。
IMG_6928.jpg

(よっし~、ずっと待ってたよ!)

私には、8年前の自分がそこに座っているかのように思えた。

(さぁ、あの時の続きを始めよう!)

前回ひるんだ急坂を、8年前の自分と一緒によたよた登っていく。
IMG_6929.jpg
プラ階段が比較的新しかったので、最近整備されたのかも。

5分後、ようやく尾根に辿り着く。
IMG_6930.jpg
残り600mの表示を見て、8年前同様、心がくじけそうになる。Orz
(よっし~、また逃げるの?!)

息を整え、尾根を登り始める。

造成林から自然林に変わった尾根も一段と急登で、
IMG_6933.jpg
2座目ということもあってか、立ち止まりが激増。
鬼ヶ岳クラスの急登だが、途中足を休ませてくれる箇所がない分、正直鬼ヶ岳よりキツいかも。
次第に左手の谷間から水が流れ落ちる音が聞こえてくる。これが時水なのか。。。

(ゆっくりでいいから、がんばろうよ)

8年前の自分に励まされながら尾根を登っていくと、斜め左を示す看板。
IMG_6934.jpg

ようやくボーナスステージが出現!
IMG_6935.jpg
尾根を外れてフラットな道になり、100mほど下っていくと、

14:20 蓑脇の時水(標高約320m)
IMG_6937.jpg
登山口から25分。予想通り誰もいなかった。

やったー! 着いたぞ! なぁ、おい・・・(し~ん)

私が時水に着いたのを見届け満足したのか、もうあの時の自分の声は聞こえなかった。
ありがとう・・・

時水は右手の洞孔から湧き出して、左の枡のような部分に流れている。
IMG_6943.jpg
その枡のさらに下は滝になっているようで、先ほど聞こえていた音はこれだったようだ。

現在の洞孔内の水深は8cm。どうやら今は、地下で水が溜められている時間帯のようだ。
IMG_6946.jpg
弱アルカリ性で、水温は年間を通じて11~12℃と一定している。

上にあるこの目盛りも水位計らしく、なんと麓の蓑脇集落からも確認できるそうだ。
IMG_6938.jpg

喉がカラカラなので、早速いただくことにする。
IMG_6940.jpg 
冷たくて美味い!
カルシウムを多く含んでいるせいか、やや甘みのある味だ。立て続けにお替りをする。

貯水時はご覧のように、洞孔の隙間からチョロチョロ湧き出しているだけだが、
IMG_6952.jpg
地下空洞に水が溜まるにつれ徐々に流量が増え始め、噴水時には5~10倍の流量になるらしい。
以前は名称通り規則正しく間歇していたようだが、現在は1日に8~25回、間隔も20分から数時間とかなり不規則だそうだ。

時水でコーヒーを沸かしながら、次の湧水を待つ。
IMG_6941.jpg

よっし~茶屋時水亭
IMG_6942.jpg
春らしく、三色団子も添えてみました(笑)

2杯もお替りしたのに、水位計はほとんど動かない。
IMG_6954.jpg
まさか壊れていないよね?(笑)

1時間は待つ覚悟だったが、パラパラっと雨が落ちてきた。
IMG_6953.jpg
カッパを車に置いてきてしまったので、後ろ髪を引かれつつも降りることにする(15:00)

ダンコウバイ
IMG_6955.jpg

尾根の先には道が続いているような感じだが、この先どこまで行けるのだろう・・・?
IMG_6957.jpg
誰かこの先を登ってみませんか?(笑)

枯葉の絨毯が敷き詰められた尾根を下っていく。
IMG_6958.jpg

15:16 時水登山口(標高約150m)
IMG_6960.jpg
下りは16分。結局、雨は帰宅するまで降ってこなかった。

8年越しの時水にようやく辿りつけたが、肝心の音の変化を確認できなかったのが心残り。
正直、今はもう一度あの急登を登りたいとは到底思えないが、今度来る時はカッパや時間待ちの食料も持ってこないと。。。
(もちろん、また来るんだろ!?)
おいおい(笑)

蓑脇の時水(大平山)(320m)
標高差170m
登り 25分、下り 16分、TOTAL 1時間23分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (114)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)