2013年3月5日(火) 晴れ時々曇り一時雨

今日は啓蟄。冬ごもりしていた虫たちが、春の暖かさを感じて外に這い出てくるころである。
昨日の野坂岳でのアクシデントもあり、身体のアチコチが筋肉痛だが、虫たち同様
春の陽気に誘われ、約3週間ぶりの文殊山へ。
IMG_6058.jpg
もう登山道の雪はほとんど溶けているんだろうな。
10:03 二上登山口駐車場
IMG_6059.jpg
先客の車は10台ほど。まずまずの天気の割には少なめかも。

林道脇の水田跡に煙る朝もや。まさに今の時期ならでは風物詩だ。
IMG_6060.jpg

10:08 二上登山口(標高26m)
IMG_6061.jpg
木漏れ日の中、ハイクアップ。今日は泥んこになりそうなので、もちろん長靴をチョイス。

尾根に入っても路面に雪は全くなし。
IMG_6062.jpg

予想通り、登山道は田んぼ状態
IMG_6066.jpg

特に第4ベンチから第6ベンチ付近までは、滑りまくり。
IMG_6068.jpg
帰りはもっとヒドくなりそう。。。

10:33 岩清水付近
IMG_6070.jpg
この辺りまでは雪はなかった。

岩清水を過ぎると、少し雪が残っていた。
IMG_6071.jpg
あまり滑らず、泥より歩きやすかった。

10:42 七曲合流点(標高248m)
IMG_6072.jpg
結局コース中に雪が残っていたのは、この区間の一部だけだった。

文殊霊泉付近に差し掛かると、谷間から大勢の声が聞こえてきた。
IMG_6073.jpg
でも霊泉方面に降りる道にトレースはない。団体さんが大正寺コースを歩いているのかな?

10:56 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_6075.jpg
声の主の団体さんもちょうど到着されたところだった。

おひと方に伺ったところ、あわら市から来られた「里山を歩く会」の御一行様だった。
IMG_6076.jpg
ようこそ、文殊山へ。

小文殊から角原合流点までの鞍部付近も、完全に沼田場状態。
IMG_6079.jpg

展望台を過ぎると、少し曇ってきた。
IMG_6081.jpg
あと1ヶ月もすると、この付近にはカタクリが咲き誇る

11:15 大文殊(山頂)(標高365m)
IMG_6082.jpg
今日のタイムは歩きづらかったせいもあり、1時間7分。意外なことに山頂には誰もいなかった。

麓からバスのバックする音が聞こえてきた。さっきの団体さんたちのだろうか?
IMG_6084.jpg

昨日は文殊山からも白山が望めたようだが、今日は雲の中。
IMG_6085.jpg

本堂に貼ってあったお知らせ。
IMG_6086.jpg
「深田翁の落書きが見たい!」というたくさんの要望に応え、3月下旬から4月中旬までの日曜日に落書き公開日を設定されるとのこと。これは嬉しい~!!
でもカタクリの時期と重なり、大勢の登山者で激コミになるかも。

風が少し冷たいので、社長室兼会議室(避難小屋)で山めしにしよう。
IMG_6089.jpg

今日は忘れずにメスティンを持ってきました(笑)
IMG_6090.jpg

一見壁にしか見えないこの戸。
IMG_6093.jpg

実は開くんです。 知ってましたか?
IMG_6095.jpg

山めしを作っていると、外からパチパチという音。
IMG_6096.jpg
予想外の雪混じりの雨が降ってきたが、5分ほどで止んだ。

今日の山めしは、簡単チキンライスとラーメン
IMG_6103.jpg
詳しくは山めしにて。

山めしを堪能していると、先ほどの団体さんたちが登ってこられ、小屋の中はあっという間に満杯。
ご一緒に食事しながら、しばし談笑。

月イチでいろんな里山に登っておられるそうで、今日は大正寺コースで登って、下りは二上コースで降りられるとのこと。先ほど聞こえたバスの音はこのためだったんですね。
ただ彼らのほとんどが登山靴を履かれており、「下りの二上コースはドロドロなのでご注意下さい」とアドバイスする。

奥の院に行かれていたグループも戻ってこられ、山頂は40名以上と大混雑。
IMG_6104.jpg

お邪魔になるので、そろそろ降りることにする(12:30)
IMG_6105.jpg
みなさんお気をつけて下山下さいね。それは私も同じか!?(笑)

普段はあまりぬかるまない箇所も、今日はドロドロ。
IMG_6107.jpg

12:58 七曲合流点(標高248m)
IMG_6108.jpg
この辺りで大N翁とすれ違う。文殊山のベストガイドが登ってきましたね(笑)

ここを登山靴で降りると、靴がヒドいことになりそう。
IMG_6109.jpg

13:24 二上登山口(標高26m)
IMG_6110.jpg
悪路のせいで、今日は54分もかかってしまった。

長靴もご覧の有様。
IMG_6111.jpg
林道脇の沢で泥を洗い落として帰宅する。

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 1時間7分、下り 54分、TOTAL 3時間26分
今年8回目・通算56回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/224-d2fb62bc