2013年2月5日(火) 晴れのち曇り

昨日の氷雨から一転、今日はまずまずの予報なので、今年まだ登っていない日野山へ。
IMG_5689.jpg
数日前の情報では室堂から上はまだ結構積雪があるようなので、念のためアイゼンもザックに入れる。
風がやや強いけど、山頂は大丈夫かな?
9:50 中平吹公民館駐車場
IMG_5690.jpg
先客の車は3台。天気の割には少ないな~

登山口へ向かう途中、集落内に全面通行止の看板。対象は車だけで、人は通れるようだ。
IMG_5754.jpg
帰りに分かったが、左手の小屋が傾いていて倒壊する危険があるからだそうだ。

恒例の日野神社に参拝。ハイクの無事を祈願する。
IMG_5691.jpg
あ~ しまった! ドーピング剤持ってくるの忘れた!(汗)

10:00 中平吹登山口(標高80m)
IMG_5692.jpg
今日の目標タイムは2時間30分。

沢の対岸に渡ってからも、雪は全くなし。アイゼン要らなかったかな?
IMG_5694.jpg

堰堤上になると雪が出てきたが、坂になるとまた路面が露出していた。
IMG_5695.jpg

10:28 焼餅石(標高310m)
IMG_5696.jpg
この辺りで単独行の女性とすれ違う。もう下山なのかな?

10:32 石の唐戸(標高340m)
IMG_5697.jpg

10:35 弁慶の三枚切り(標高400m・頂上まで1500m)
IMG_5698.jpg
ここまではアイゼンの出番になるような箇所はなし。

室堂手前の急坂に差し掛かる。ドーピング剤を忘れたので、パワーが切れてきた。
IMG_5699.jpg
よたよた登っていると、後ろからスタスタという足音が近づいてくる。
振り返ると、見覚えのあるお顔。
あつぷりさんだ! お互い行動が似ていますね(笑)
ひと言ふた言会話した後、すかさず道を譲る。
「私は40分遅れで到着でしょうかね(笑)」
あつぷりさんの健脚には付いていけませんから。。。

道を譲って1分で、もうあんな遠くに。
IMG_5700.jpg
さすが現役高校生を軽くぶっちぎるだけのことはある。凄い。。。

室堂が近づくにつれ、路面に雪が増え足元が滑り易くなる。
IMG_5701.jpg

10:55 室堂(標高450m・頂上まで1000m)
IMG_5702.jpg
ここまで55分。ワタシ的にはまずまずのタイムなのだが、あつぷりさんの姿は既になかった。

休憩小屋で小休止しながら、アイゼンを装着。
IMG_5703.jpg

これでガシガシ登れるはず。。。(11:06)
IMG_5704.jpg

だがぜっかくアイゼンを履いたにもかかわらず、路面に雪はなし。うそ~
IMG_5705.jpg
でもぬかるんで滑り易いので、アイゼンが効いて助かった。

150mほど進むとようやくザラメ状の雪となる。
IMG_5706.jpg
ザクザク、アイゼンが雪面に食い込む音が心地良い。

11:29 比丘尼ころばし入口(標高600m・頂上まで600m)
IMG_5707.jpg
さぁここからがキツいんだ。。。 後から判ったが、あつぷりさんは既に山頂にいらしたようだ(汗)

比丘尼ころばし
IMG_5709.jpg
所々岩が露出していて、アイゼンが引っ掛かり体勢を崩しかける。

11:42 大比丘尼ころばし(標高680m・頂上まで400m)
IMG_5711.jpg
完全にシャリバテで、立ち止まる回数も激増。
あつぷりさんはもうとっくに食事も終わっているんだろう。。。。

12:00 頂上まで200m地点
IMG_5713.jpg
この付近で単独行の男性とすれ違う。うん?どこかで見たお顔? !!
山ブログされている独歩さんだ!
私同様、単独行が多い方で、福井県内外の山を年間70回以上登られている大ベテラン。
山歩きを始めてからずっと参考にさせていただいており、勝手ながらリンクもさせていただいている。
いや~ ようやくご尊顔をナマで拝見することができ、大感激です!

残り150m地点を過ぎた辺りで、下山してくるあつぷりさんと出遭う。
IMG_5714.jpg
あつぷりさんはアイゼンなしの長靴だったが、それをモノともしない健脚ぶり。
あ:「後方からの団体さんと会いませんでしたか?」
よ:「いえ、あつぷりさん以外には抜かれていませんが。。。。」

みんな、あつぷりさんほどの健脚じゃないんです(笑)
頂上でご一緒できずスミマセン。また山でお会いしましょう。

12:16 日野山山頂広場
IMG_5715.jpg
山頂付近は1m近い積雪で、鳥居もご覧の通り。リンボーしながら通過する(笑)

12:18 日野山山頂(標高795m)
IMG_5716.jpg
今日のタイムは2時間18分。前回より5分遅れたが、目標の2時間30分はクリアできた。
あつぷりさんは1時間10分だったそうだ。すげぇー

山頂には青空が広がっていたが、白山方面は雲の中。
IMG_5717.jpg

鬼ヶ岳方面もやや霞んでいた。
IMG_5719.jpg
やっぱり某国の大気汚染のせいなのだろうか。。。

休憩小屋前でシートを敷いて店開き。
IMG_5721.jpg
今日もいっぱい担いできました。

今日の山めしは、山のチャンカレー
IMG_5729.jpg
詳しくは山めしにて。

食後、ホノケ山を見ながらまったりコーヒータイム。
IMG_5737.jpg
風も思ったほどなく、外でも全然寒くない。

名残惜しいが、アイゼンを再装着し下山する(13:39)
IMG_5738.jpg

下りはガボるかなと思ったが、午後になっても意外と締まっていた。
IMG_5739.jpg

アイゼンがあるので、今日はコケずに済んだ(笑)
IMG_5741.jpg

13:56 比丘尼ころばし入口(標高600m)
IMG_5742.jpg
登りは47分もかかった区間も、下りは17分。

14:07 室堂(標高450m)
IMG_5743.jpg
ここでアイゼンを外そうかとも思ったが、この先も滑り易い箇所があったので、そのままスルー。

室堂から降りる途中、いつもの林道でなく古道(5・4)を歩いていたら、いつの間にか本道が分からなくなってしまった。 まぁ、前から歩いてみたかったから、そのまま進もう(笑)

14:16 古道3の上
IMG_5745.jpg

IMG_5744.jpg

古道は石の唐戸や弁慶の三枚切りなどの奇岩とは別の尾根を下っていく。
IMG_5746.jpg

なんか林道に出てきたぞ。
IMG_5747.jpg

14:24 古道2の上
IMG_5748.jpg
ここからは雪がないので、アイゼンを外す。
でもこれが大誤算で、泥と杉葉でぬかるんでいて滑りまくり。
外したアイゼンも泥だらけなのでザックに仕舞うこともできず、片手にアイゼン、片手にポールを持ちながらの不安定な体勢で降りていき、何度も尻餅をつきそうになる。
これならアイゼンを外すんじゃなかった。。。

途中で見かけたお地蔵様。
IMG_5749.jpg

14:32 古道2の下
IMG_5750.jpg

ここは本道の堰堤上から20mほど。ここから本道に戻っても良かったが、そのまま古道1へ。
IMG_5751.jpg

14:37 古道1の下
IMG_5752.jpg
ここで本道と合流。古道はショートカットできるが、雪解け時期は止めた方がいいかも。

14:46 中平吹登山口(標高80m)
IMG_5753.jpg
下りは1時間7分。フェンス横の用水路で泥だらけのアイゼンを洗うが、泥の粘度が高くなかなか取れなかった。

今回もヘロヘロの山行だったが、天気と素敵な出会いに恵まれ大満足。
帰りにお風呂に寄って体重を計ったら、2kg減っていました(笑)

日野山(795m)(平吹コース※下りは一部古道)
標高差715m
登り 2時間18分、下り 1時間7分、TOTAL 5時間20分
今年1回目・通算6回目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/215-e83f1349