2011年7月24日(日)

今日はひさびさの日曜休み。天気も良さそうなので、山登りにいこう。
早出するはずが、うだうだしていたので、自宅を出発したのが8時過ぎという失態。
急いでR8を南下。向かうのは敦賀の【岩篭山】(いわごもりやま)(765m)。
先月登った西方ヶ岳(764m)や野坂岳(914m)と共に、敦賀三山と称される。
DSC02890.jpg
登山口は疋田手前の「市橋コース」のほか、R161側の「駄口コース」や夕暮山経由の「山コース」などがあるようだが、初めてなので一番人気のある「市橋コース」を選択。

市橋コースは、R8が京都方面に向かうR161と分岐する疋田交差点のやや手前、市橋という集落から登るのだが、国道沿いには矢印看板などはない。
国道から一本曲がったところに案内看板があったが、

DSC02893.jpg

肝心の矢印看板はご覧の通り。
DSC02894.jpg

JR北陸線のガードをくぐる。
DSC02895.jpg

余談だが、北陸線は敦賀から新疋田へ向かうこの区間、勾配がきついため、上下線が別ルートになっており、登り坂となる上り線(米原方面)は鳩原でループしているので、一度見えなくなった日本海がまた見えることで有名。

道幅は狭く、前から対向車がくると、すれ違いが困難な箇所も多い。

10:00 登山口駐車場(標高120m)
DSC02896.jpg

駐車場は結構広く、20台近く停められそう。
日曜ということもあり、既に10台以上の車が停まっていた。
急いで準備する。

DSC02897.jpg
一応この山にもいるようだ。

10:05 駐車場からしばらくは林道を歩いていく。
DSC02902.jpg

10:10 林道終点
DSC02903.jpg

ここに登山届用のポストがあったが、用紙は見当たらず。
DSC02904.jpg

なだらかな道を歩いていく。
DSC02906.jpg

岩篭山登山口の標識。
DSC02907.jpg

始めはなだらかな部分が多いが、
DSC02908.jpg

沢沿いを歩く為、何度も渡渉する箇所がある。
DSC02911.jpg

軽くジャンプできるものもあれば、慎重に足場を見極める箇所も。
DSC02917.jpg

開始から25分。先行する登山者に遭遇。
DSC02919.jpg

遅いのでと先を譲られる。
いえいえ、私の方が亀足ですから・・・

10:36 堰堤
DSC02922.jpg

ここで小休止。

DSC02924.jpg

先ほどの団体客の一行も到着される。
DSC02925.jpg

関西からのご一行だそうで、栄養補給にとグミをいただく。
DSC02926.jpg

ありがとうございます。
団体客より先に出発する。

次第に道が険しくなる。
DSC02928.jpg

これまでは沢沿いの登山道だったのが、だんだん沢そのものを歩くようになる。
DSC02932.jpg

ところによっては土砂崩れで、登山道が埋まっている箇所も。
DSC02929.jpg

ようやく沢歩きが終わると、今度は急登が待ち構えている。
DSC02933.jpg

途中見かけたプラ製の階段。
DSC02935.jpg
なんか歯周病のようだ(笑)

11:54 岩篭山・夕暮山分岐点(標高680m)。
DSC02937.jpg

左が岩篭山。右が夕暮山(720m)へと続く。
DSC02940.jpg

ここから山頂まで尾根上を歩き、残り500m、約30分ほど。
DSC02941.jpg

岩篭山山頂が見えてきた。
DSC02942.jpg

細かなアップダウンが堪えてくる。
DSC02943.jpg

頂上はもうすぐだ。
DSC02947.jpg

12:22 岩篭山山頂(標高765m)。(三等:嵐山)
DSC02951.jpg

山頂には大量のリュックがあったが、登山者は2名ほど。
どうやらみんなここにデポして、インディアン平原に行っているようだ。
私も後で行ってみよう。
DSC02964.jpg

手前の反射板があるのが夕暮山(720m)で、奥が野坂岳(914m)。
DSC02952.jpg

早速昼食の準備にかかる。
今日のメニューは、もやし入り台湾ラーメン
DSC02953.jpg

お湯が沸く間にこれで一杯。

DSC02954.jpg

乾杯!
DSC02955.jpg

つまみのカニカマも投入してでき上がり。
DSC02956.jpg

インデアン平原から戻ってきた団体客から、じろじろ眺められてしまう(笑)
先ほどの関西の一行も、20分遅れで到着された。

食後のコーヒーでまったりした後、インディアン平原に向かう。
ショートカットルートはご覧の潅木の中を進む。
DSC02965.jpg

山頂からインディアン平原までは約10分。
DSC02966.jpg
尾根伝いになだらかな道を進んでいく。
インディアン平原
DSC02970.jpg
潅木や草が生えるなだらかな高原に、ポツリポツリと白い花崗岩の巨石が点在。
その荒涼たる雰囲気がアメリカ西部を連想させることからこう呼ばれるようになったとも言われている。
決してかつてインディアンが出没したからではない(笑)

DSC02969.jpg

岩の上で記念撮影。
DSC02974.jpg

背後には敦賀市内に敦賀湾、西方ヶ岳などが広がる。
DSC02971.jpg

名残り惜しいがそろそろ下山することに(13:30)。
DSC02975.jpg

13:50 岩篭山・夕暮山分岐点(標高680m)。
DSC02976.jpg

夕暮山までは10分ほどらしいが、今回は時間も遅いのでパス。

沢部分は岩がゴツゴツしているので、注意して通過。
DSC02979.jpg

14:44 堰堤で小休止。
DSC02981.jpg

河床が岩盤になっているので、ここを滑り降りると気持ち良いだろうな~
DSC02982.jpg

15:09 登山ポスト(標高170m)
DSC02988.jpg

駐車場に戻ると、頂上で出会った団体も降りてきたところだった。
DSC02989.jpg

インディアン平原は、秋のススキが生い茂る時期の方が、荒涼感が増して雰囲気がいいと思うので、
その頃また登ってみよう。

下山後は若狭町のきららの湯へ。
DSC02993.jpg

先々月の若狭・三方五湖ツーデーマーチの際に貰った割引券のおかげで、
通常600円のところ、半額の300円で入浴できた。
DSC02992.jpg

岩篭山(765m)
標高差645m
登り 2時間17分、下り 1時間50分、TOTAL 5時間15分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/21-e6fbc06f