2011年5月17日(火)

【文殊山】は標高365mの比較的登りやすい山で、名前は山頂(大文殊)に祀られた文殊支利菩薩に由来する。
白山、日野山、越知山、吉野ヶ岳とともに、越前五山とも称され、古くから崇められてきた。
DSC01303sb_convert_20111105200205.jpg
この山に登るのは、実は今回が2回目

1回目は今を遡ること30ウン年前の中学校時代で、文殊菩薩の知恵を授かるために登ったことがあり、そのご利益が今も残っている(←大ウソ)

DSC01306sb_convert_20111105203430.jpg

登山口は福井市側に、二上(ふたがみ)コース、大村コース、角原(つのはら)コース。鯖江市側に大正寺コース、南井(なおい)コース、四方谷コースなどがあるが、今回チョイスしたのは、大村コース
頂上(大文殊)まで約2.4kmと一番長いが、緩やかなコース。

7:30 自宅を出発。

DSC01304sb_convert_20111105203856.jpg

8:10 大村登山口のある楞厳寺(りょうごんじ)に到着。
DSC01309sb_convert_20111105203919.jpg

砂利敷きの駐車場があり、5~6台は駐車可能。
愛車を停めさせていただき、登山開始!

登り口には、「熊出没注意!」の看板。

DSC01313sb_convert_20111105204257.jpg

一応熊除けの鈴を持ってきたが、大丈夫だろうか・・・

DSC01316sb_convert_20111105204325.jpg

登山道はすごく整備されていて、幅も3m近くあり、軽トラなら充分通れるほど広い。
最初少し急な登りになっており、すぐに額から玉のような汗が噴き出す。

15分ほど登っていくと、木になにやら手書きの看板が。

DSC01317sb_convert_20111105204415.jpg
DSC01318sb_convert_20111105204436.jpg

ここから小平という尾根までは、【ツチノコ坂】と呼ばれており、平成6年にここで目撃されたらしい。
「気をつけて通って下さい」とあるが、本当か?!

8:27 ツチノコ坂入口
DSC01319sb_convert_20111105204514.jpg

周囲に注意を払いながら、ツチノコ坂を登っていく。

8:34 ツチノコ坂休憩所(小休止)
DSC01320sb_convert_20111105204537.jpg
DSC01321sb_convert_20111105204554.jpg

ツチノコ坂の途中のベンチで小休止。
まだ誰とも出遭っていない。
もしかしてヤツがどこからか、俺を監視しているかも・・・

8:46 七曲合流点
DSC01322sb_convert_20111105205615.jpg

二上コースとの合流地点で、ここから室堂(小文殊)まではおよそ10分。

DSC01323sb_convert_20111105205644.jpg

登山道は尾根沿いを歩いているが、眺めはほとんどなし。微かに木々が切れたところから、麓の田園風景が垣間見える。

DSC01326sb_convert_20111105205724.jpg

なんか見覚えのある風景が見えてきた。

DSC01328sb_convert_20111105205745.jpg

9:00 室堂(小文殊)到着
DSC01330sb_convert_20111105210230.jpg
DSC01331sb_convert_20111105210305.jpg

割と広い広場になっていて、昔ここでお弁当を食べた。
天狗が棲みついていたという伝説が残る天狗杉や、阿弥陀如来像を祀る小文殊室堂がある。

DSC01334sb_convert_20111105210326.jpg

室堂で参拝した後、そのまま大文殊方面へ。
実はここから先は初めて。
前回(中学時代)の登山の時も、ここでうだうだしていた記憶がある。

9:05 角原口合流地点
DSC01338sb_convert_20111105210752.jpg

9:10 展望台
DSC01339sb_convert_20111105210816.jpg

大文殊の手前にある展望台。鉄筋コンクリート製の2階建てになっており、下では雨宿りもできる合理的な設計。
ここからは、北側の福井市方面、南側の鯖江・越前市方面いずれも眺めることができるのだが、この日は黄砂のせいで空が霞んでいてほとんどよく見えなかった。残念。

福井市市街地方面(北側)
DSC01342sb_convert_20111105210919.jpg

鯖江・越前市方面(南側)
DSC01340sb_convert_20111105210859.jpg

黄砂がなければ、日野山も見えるのだろうが・・・残念

ここまで誰とも遭わず、寂しいのと怖いのとが入り混じっていたのだが、ようやく地元の方と思しきご年配の方と遭遇。あ~よかった!

9:25 大文殊(山頂)到着
DSC01347sb_convert_20111105211546.jpg

ここが文殊山の山頂で、365m文殊支利菩薩を祀る本堂がある。

本来ここからの眺めも素晴らしいのだが、黄砂のせいでここからも視界不良。
ここで初老の登山者の方とご一緒になった。
この方たちはこれから【奥の院】に行くらしい。

DSC01353sb_convert_20111105211623.jpg

大文殊から奥の院へは片道およそ15分。往復すると30分かかる。
結構アップダウンがあるらしく、一度は止めようかとも思ったが、せっかくなので行ってみることにする。

DSC01356sb_convert_20111105211650.jpg

奥の院への道は、これまでの整備された登山道とは打って変わり、なんとかすれ違えるかといったぐらい道幅が狭い。昇り降りも結構急で、足元を確かめながら進んでいく。
先ほど大文殊で一緒になった女性が降りてこられた。
「ここから最後がキツいよ」と脅かされる(笑)
え~、まだ登るんですか・・・

9:45 胎内くぐり
DSC01360sb_convert_20111105211725.jpg

奥の院の手前にある【胎内くぐり】と呼ばれる巨岩。
この岩の隙間をくぐれば、知恵を授かり、安産のご利益があるとされる。
しかし邪心があるものがくぐると、たちまち門が閉ざされてしまうそうだ。
果たして私の場合は・・・

DSC01361sb_convert_20111105211752.jpg

当然のことながら、私に邪心がないことが確かめられました(笑)
なおここをくぐらなくても、奥の院には行けます。

9:50 奥の院
DSC01363sb_convert_20111105211818.jpg

奥の院で沢山願い事をお願いした後、大文殊方面へ戻る。

この時間帯になると、すれ違う登山客が増えてきた。
平日だというのに、結構登っているんだ。

10:20 展望台

ここでちょっと早いがお昼とする。
持参してきた簡易ストーブでお湯を沸かし、カップ麺をいただく。

DSC01365sb_convert_20111105212417.jpg

なんてことない昼食だが、山頂で食べるとまたひと味もふた味も違う。

DSC01366sb_convert_20111105212434.jpg

食後コーヒーも入れて、しばしまったり過ごす。

10:40 下山開始

下りはなだらかな坂道だが、気をつけて歩こう。
また決して後ろを振り返らずに
何でも振り返ると、授けられた知恵が失われてしまうという言い伝えがあるからだ。
中学時代、友達と互いに振り返らそうと悪戯し合ったな~
そのせいか、文殊の知恵は授けられなかったみたいです(笑)

11:30 大村口(楞厳寺(りょうごんじ))
DSC01368sb_convert_20111105212512.jpg

50分かけて無事下山。今回は後ろを振り返らずに降りることができた。
これで文殊の知恵のご利益間違いなし !?(笑)

黄砂のせいで眺めはイマイチだったが、木々の青葉を愛でながら楽しく登ることができた。
今度は別のコースからも登ってみよう。

文殊山(365m)(大村コース)
標高差339m
登り 1時間10分、下り 50分、TOTAL 3時間20分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/2-0d30e99b