2012年11月25日(日) 快晴

本日3座目に選んだのは、越前市にある妙法寺山(235m)。
IMG_4679.jpg
旧武生市中心部から南西へ2kmほどのところにある里山で、以前文殊山でお会いしたYさんから、
山頂からの日野山の眺めが素晴らしいと伺って、一度登ってみたかった山である。

麓にきたが、ここでも登り口が分からずうろうろ。農作業されていた方に教えていただいた。
旧R8(県道28)の妙法寺バス停の交差点を入り、集落の中を真っ直ぐ進んでいった先にある
白山神社が登山口となる。
 
14:12 白山神社
IMG_4680.jpg
境内の一画が駐車スペースになっており、ここに車を停めさせていただく。
なお境内までの最後の部分はほぼ車幅分のカーブした急坂になっているので、運転にはご注意を。

14:14 妙法寺山登山口(標高約60m)
IMG_4682.jpg
登山口の脇にあった看板によると、この妙法寺山も南北朝時代に城砦が築かれ、
南朝方の瓜生重・照兄弟が府中(武生)の足利(斯波)高経勢と対峙したそうだ。

まずは斜面に取り付きながら登っていく。
IMG_4685.jpg

しばらくすると、尾根筋が見えてきた。
IMG_4686.jpg

14:21 尾根出合(標高約150m)
IMG_4687.jpg
10分もかからず尾根筋に出る。

尾根出合のすぐ先の少し広くなったところに、コンクリート製の祠が見えてきた。
IMG_4688.jpg
仏様でも祀っているのだろうか?

妙法寺山では登山道の至るところに、このような石仏が祀られている。
IMG_4689.jpg

石仏はお釈迦様を始め、観音像や不動明王像、阿修羅像など多種多彩な仏像がいっぱい。
IMG_4690.jpg
下りに改めて数えてみたら、80体以上あった。

14:27 二個の小池(標高約170m)
IMG_4691.jpg
山城が築かれていた際に、飲用水に使われたとされる清水。

終盤を迎えた紅葉の中、なだらかな稜線を登っていくが、
IMG_4694.jpg
石仏1体ごとに手を合わせているので、なかなか進まない(笑)

14:38 小ピーク(標高約210m)
IMG_4695.jpg
朽ちかけた祠があり、中には石仏が数体安置されていた。

ようやく前方に山頂が見えてきた。
IMG_4696.jpg

駐車場に他の車がなかったので、山中に居るのは私だけと思いきや、
IMG_4698.jpg
道中3組の下山者とすれ違う。てっきりマイナーな山だと思っていたが、意外と人気があるんだ(笑)

道中の石仏を観察していて気付いたのが、石仏の配置位置。
IMG_4697.jpg
80体超の石仏のうち、約3/4が尾根の東側が配置されており、その大多数が西を向いており、
登山道から石仏を拝む際、東を向くことになる。
これは「東面西座説」という天竺(インド)から伝わった慣習で、東は日のいづる方角で、
立身出世に繋がるという意味合いがあるそうだ。
また尾根の東側にある石仏のうち、5~6体は北側を背にして南を向いていた。

残り約1/4は尾根の西側に配置されており、石仏が東側を向いていた。
これは「西方浄土説」といい、阿弥陀様がおられる極楽浄土があるとされる
西を向いて拝むことになり、これも吉相とされる。

これらの石仏は近隣の住民の方が様々な想いと願いを込めて安置されているのだろうが、
案外右へ習えという具合に無造作に置いてあるケースも多いのかも(笑)
もともと仏教では吉相の優劣はなく、心を込めて拝むことの方が大切だと思う。

山頂が近づき、小さな祠が見えてきた。
IMG_4699.jpg

14:48 妙法寺山頂(標高235m)
IMG_4700.jpg
タイムは34分。山頂には誰もいなかった。

三角点(三等:妙法寺)タッチ。
IMG_4701.jpg

Yさんの言葉通り、雄大な日野山(795m)が目の前にそびえる。
IMG_4704.jpg
まさに特等席だな。

村国山(239m)や権現山(565m)の先には、ここからも白山が望めた。
IMG_4703.jpg

北東に視線を移すと、越前・鯖江市街の先には文殊山の姿も。
IMG_4707.jpg

シートを広げ、本日2回目の山めしタイム。
mini_121125_1455.jpg
麓のスーパーで購入してきたジャンボいなり。カメラと比べてもこの大きさ。
カメラ? 実は1座目の終わり頃から電池のカラータイマーが点滅していて、
騙し騙し使っていたのだが、ここでついに力尽きてしまい、携帯での撮影となりました。
※この先の画像の大きさが違うのはこのためです。

デザートはコーヒーとスイーツ。う~ん、し・あ・わ・せ!(笑)
mini_121125_1505.jpg

青いキャンバスに白い軌跡を描く飛行機雲。
mini_121125_1457.jpg

山頂の北側にはTVの中継局があり、この先北麓の千福側にも降りられるようだが、
mini_121125_1518.jpg

登り同様、白山神社側にピストンする(15:19)
mini_121125_1519.jpg

15:43 妙法寺山登山口(標高約60m)
mini_121125_1543.jpg
下りは25分。下山中にも単独行の男性とすれ違う。マイナーな山だと侮ってすみません(笑)

1日で3座の里山巡り。標高こそどれも300mにも満たないが、それぞれ絶景と紅葉が楽しめた。
奇しくも今日登った三山とも、南北朝時代の山城繋がり。今度「太平記」でも読み込んでみようかな?
ほど良い疲れを癒すべく、近くのしきぶ温泉湯楽里に立ち寄った後、帰宅する。

妙法寺山(235m)
標高差175m
登り 34分、下り 25分、TOTAL 1時間31分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/183-75fc45c7