2012年11月25日(日) 快晴

2座目は、三床山(みとこやま)(280m)。
IMG_4641.jpg
乙坂山から4kmほど南にいった鯖江市と越前町(旧朝日町・旧宮崎村)にまたがる山で、
御床山、御床ヶ嶽とも書かれ、ここも乙坂山同様、古くから南越前の戦略的要衝とされ、
南北朝時代には足利(斯波)高経の拠点となった山城が築かれたとされる。
 
本当に雲ひとつない快晴で、三床山へ向かう県道からも白山がくっきりと見渡させた。
IMG_4642.jpg

三床山の登山道は、石生谷コース、和田コース、西大井コース、佐々生コースなどいくつかあり、
一番メジャーなのが石生谷(いしょうだに)コース
だが稜線を大きく迂回しながら登るコースのため、片道3kmと距離が一番長い。
そこで今回は、距離が2kmと約2/3の和田コースをチョイス。

でもここでも登山口の場所がなかなか分からず、集落内をうろうろ。
IMG_4643.jpg
住民の方に登山口と駐車スペースを教えて頂く。ありがとうございます。

11:40 三床山和田登山口(標高約27m)
IMG_4644.jpg
民家の脇を抜け、お墓の前を通っていく。

イノシシ除けのゲートを抜けて、登山道へ。
IMG_4646.jpg

石生谷コースより距離が短いので、さぞや急登かと不安だったが、
IMG_4647.jpg
乙坂山のゆるやかコースより全然ラクだった(笑)

11:49 尾根出合(標高約100m)
IMG_4648.jpg
10分もかからず、尾根に出る。ここからは尾根筋をゆるやかに登っていく。

11:57 残り1000m地点(標高約136m)
IMG_4649.jpg

標識を過ぎると、小ピーク(標高約149m)に差し掛かる。
IMG_4650.jpg

山頂はあれか?
IMG_4651.jpg

鞍部から先は少し急になるが、階段とロープが整備されている。
IMG_4653.jpg

12:06 西大井コース合流点(標高約185m)
IMG_4654.jpg
ここで稜線に出る。

12:10 残り500m地点(標高約194m)
IMG_4655.jpg
乙坂山から比べると案内標識は少ないが、残り距離を表示してくれるのはありがたい。

山頂が近づくにつれ、次第に道がキツくなる。
IMG_4656.jpg

ようやく前方が開け、目の前に日野山(795m)が飛び込んできた。
IMG_4657.jpg

12:23 三床山山頂(標高279.8m)
IMG_4661.jpg
タイムは43分。ここでも山頂には誰もいなかった。

ここでも三角点(三等:和田)タッチ。
IMG_4659_20121127221323.jpg

説明板の横にあった標柱。
IMG_4662.jpg

た 『戦いの 雄叫び こもる 三床山』

南北朝争乱の時代、北朝方の足利勢と南朝方の新田勢が日野川を挟んだこの地で激突。
田畑は兵馬で蹂躙され、農民たちは陣夫として徴用、酷使されたそうだ。

広場の一画にあった、式内佐々牟志(ささむし)神社旧御殿跡の石碑。
IMG_4663.jpg
以前はこの山頂に本殿があったが、弘仁13(822)年に麓の佐々生(さそう)に移転されたそうだ。

山頂広場からは南東方面の眺望が開け、日野山や先日登った杣山(492m)が望める。
IMG_4664.jpg

ふと東側に目を移すと、こちらにも小さな広場があり、視線の先には白山が。
IMG_4666.jpg
あそこで食事にしよう!

すげぇ―――――!!
IMG_4668.jpg
雄大な白山連峰が、こんなにくっきりと見られるなんて。
白山は雪をいただいて白くなった姿が一番キレイだ!

ここからは南越や越美国境の山々もはっきりと望めた。
IMG_4672.jpg

白山を望みながらの今日の山めしは、鍋焼き天ぷらうどん。
IMG_4673.jpg

熱々のうどんに舌鼓を打っていると、背後から何やらごそごそとした音が聞こえてくる。
でも音は聞こえど、何も姿はなし。

(ドキっ! ク、クマか?!)

片手にストックを持ちながら、いつでも臨戦可能な状態で食事を続ける。
不安より、食欲の方が優っているんかい!(笑)

数分間キョロキョロしながらうどんをすすっていると、山頂広場の木陰からひょいと1人の男性が姿を現す。
もう~ 脅かさないで下さいよ(笑)
この単独行の男性も三床山は初めてで、石生谷コースから登ってこられたそうだ。

再び1人になった山頂でコーヒーを飲みながらまったり。今頃文殊山では、奉仕作業中なのかな?
IMG_4667.jpg
今回はパスしてすみません。この絶景がいけないんです(笑)

このままずっと白山を見ていたいが、そろそろ下山しよう(13:06)
IMG_4674.jpg

13:23 残り1000m地点(標高約136m)
IMG_4675.jpg

13:36 三床山和田登山口(標高約27m)
IMG_4677.jpg
下りは30分。
標高は低いが、山頂からの絶景に大感動!今度は別のルートでも登ってみたい。
時刻はまだ14時前。近くならもう1座行けるなということで、3座目に向かう。

三床山(280m)和田コース
標高差253m
登り 43分、下り 30分、TOTAL 2時間5分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/182-965d480a