2011年7月9日(土)

11:18 小原峠出発
小原峠から大長山(おおちょうやま:1671m)までは、赤兎山同様、尾根沿いを歩いていく。

DSC02485.jpg

歩き始めてしばらくすると、急登な道が現れる。
(やっぱり止めておけば良かったかな?)
すぐに心が折れかけるが、そんな時は空を見上げてみる。
DSC02487.jpg

木々の隙間から青空が顔を覗かせている。
これでしばらく回復するが、長続きはしない(笑)

前方に小高いピークが見えてきた。
でもあれは大長山じゃなく、おそらく途中の苅安山(かりやすやま:1505m)で、大長山頂上はまだはるか先。

DSC02488.jpg

11:35 苅安山南峰(標高1470m)で小休止。

DSC02490.jpg

小原峠から20分もたっていないが、かなりバテバテ。
さっき前を歩いていた3人組の方が、あんなに前に行ってしまった(笑)

DSC02491.jpg

登りはそれほど急じゃないのだが、暑さのせいでかなり疲労。

DSC02493.jpg

そんな中、目を楽しませてくれたのが、ササユリや
DSC02492.jpg

乱舞するアキアカネ。
DSC02495.jpg

先ほど登ってきた赤兎山があんなに遠くに見える。

DSC02496.jpg

11:57 苅安山山頂(標高1505m)
DSC02498.jpg

山名を示す標識があるだけ。
目指す大長山まではまだ1.8km近くある。ふう~

DSC02500.jpg

細かいアップダウンに何度も心が折れかけて、引き返そうかとも思ったが、
途中に出会う下山者の方々の口々から、
『ニッコウキスゲ、すごくキレイだったよ~!』
という言葉を耳にし、
(よし、もう少し頑張ろう!)
と自分に言い聞かす。

DSC02502.jpg

何度か【騙しピーク】に裏切られながらも、登っていく。

DSC02504.jpg

途中見かけたハートの形のがけ崩れ部分。
DSC02510.jpg
山ガールたちにウケそう(笑)

頂上が次第に見えてきた。
ここからがまたかなりの急登部分となっており、ロープを使って登る箇所もあった。
DSC02508.jpg

大長山では数年前に、関西の有名私立大のワンゲル部が遭難したのは記憶にまだ新しいが、なるほど冬季はかなり厳しそう。

DSC02511.jpg

13:12 大長山山頂(標高1671m)(二等:大長山)
DSC02513.jpg

加越国境の最高峰でもある。
小原峠から1時間54分と2時間近くもかかってしまい、完全にバテバテだった。
DSC02515.jpg

標識付近には人影がなかったが、少し先の草むらには一面のニッコウキスゲ
10名ほどの登山者が昼寝したり、食事をしたり思い思いに楽しんでいる。

DSC02516.jpg

大長山のニッコウキスゲはまさにピークで、赤兎山よりも一段と美しく咲き誇っている。
これを見ると先程までの苦しさが、ウソのように吹き飛び、登ってきて良かったとしみじみ思う。

DSC02517.jpg

白山もすぐ眼の前にそびえ、別当出合の駐車場や砂防新道など登山道まではっきりと見える。

DSC02523.jpg

白山とニッコウキスゲをバックに、乾杯!
車があるので、もちろんノンアルコールだが。

DSC02520.jpg
赤兎山で飲もうかとも思ったが、喉の渇きが一段と増すであろう大長山山頂までガマンしてきた。
その甲斐あってか、多少ぬるくなっていたが、五臓六腑に染み渡る。うめぇ~
山頂でのこの一杯のために登っているのかもしれない(笑)

下山時シャリバテしないよう、栄養補給に持参したお団子でコーヒータイム。
DSC02522.jpg

13:45 下山開始
DSC02525.jpg

名残り惜しいが、そろそろ下山することに。
ロープを使って急登箇所を慎重にクリア。下山は登り以上に怪我しやすく、注意が必要。

14:20 再び苅安山山頂(標高1505m)
DSC02527.jpg

赤兎方面には怪しげな雲が増えてきた。
もしかするとひと雨くるかも。先を急ごう。
だがすぐにが降りはじめる。
おしめり程度と思いきや、シャワーのように意外と強い雨足。

DSC02529.jpg

途中たまらずカッパを着込む登山者もいたが、私は車の中に置いてきたので、そのまま濡れたまま歩くことに。
もっとも既に汗でシャツからパンツまでびしょ濡れだったので、カッパを着ても着なくてもあまり変わらないと思うが(笑)

14:45 本日3回目の小原峠(1410m)で最後の小休止。
DSC02530.jpg

雨足は弱まってきたので、やはり白山ろく特有の夕立だったのかも。
上司からのメールでは、今日北陸地方の梅雨明けが発表されたそうだ。
例年より2週間近くも早い梅雨明けだ。

今回水を2L持ってきたが、調理や飲み水でほぼ使い果たしてしまう。
水くれ~
登山道は行きの想像通り、雨のせいで小さな沢状態。

DSC02533.jpg

15:23 下山(標高1150m)
DSC02534.jpg

登山開始から約7時間半、赤兎山と合わせると、延べ11km近く歩いた計算だ。
近くにあるとはいえ、さすがに、この2山連続はかなりいい運動になった。
次回登る際は、先に大長山から登ることにしよう(笑)

登山口脇ある湧き水が流れる水舟周辺では、下山者たちが喉を潤したり、靴の泥を落としたりしていた。
DSC02535.jpg

ふぅ~、生き返る。
DSC02536.jpg

駐車場の車は随分減っていたが、まだこんなに停まっている。
DSC02539.jpg

服は汗と雨ですっかりびしょ濡れ。
予備の下着や服に着替え、帰宅の途につく。

さっぱりすべく、勝山市の立ち寄り温泉の水芭蕉へ。
DSC02542.jpg

林道ゲートで貰った割引券(▲100円)のおかげで、500円のところ400円で入浴できる。
DSC02540.jpg

ここのお湯は「ナトリウム一炭酸水素塩、塩化物泉」でお肌がツルツルになって気持ちいい。
入浴後体重を計ったら、▲3kgも痩せていた。
でも水分補給などですぐに戻るんだろうけど(笑)

10169923_1228410361_31large.jpg
※上記鳥瞰図は、山葵友(さんきゅう)様のHP、山聲(やまびこ)の山行記録(山悠遊)から引用させていただきました。

大長山(1671m)
標高差521m
登り 1時間54分(小原峠~山頂)、下り 1時間38分、total 7時間27分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/17-a285444c