2012年8月24日(金) 晴れ

筋肉痛もほぼ収まったので、今日も山めしハイクに行こう!
このところ文殊山が続いているので、違う山にしようかとも思ったが、結局足が向いてしまった(笑)
IMG_3070.jpg
ただ今日は趣向を変えて、鯖江市側の大正寺ルート(だいしょうじ)で登ろう。
しかし、なんとかならんのだろうか、この暑さは!(怒) 予報では今日も猛暑日になるようで、
路上の気温計を見ると、な、なんと38℃!
IMG_3072.jpg
今日のハイクも暑さとの闘いになりそうだ。

榎坂トンネルを抜けて、鯖江市へ。
IMG_3073.jpg

大正寺集落の一番奥にある妙真寺が登山口になる(11:04)。
IMG_3078.jpg
駐車場は8台ほどあり、先客が1組。この方たちもこれから登るそうだ。

南井(なおい)登山口と同じく、公衆トイレが整備されている。
IMG_3074.jpg
二上にもあるといいのだが。

11:09 大正寺登山口(標高54m)
IMG_3082.jpg
先日掴んだコツ通り、今日もゆっくり登って行こう!
大正寺コースを登るのは今回初めてだが、昨年11月に一度、下りで利用している。
IMG_3083.jpg

尾根筋に上がるまでは、階段やつづら折れの坂が続く。
IMG_3084.jpg
さすが少し苦しくなってくるが、焦らずゆっくりと歩みを進める。

つづら折れの坂が終わると、林道に出合う。
IMG_3085.jpg
前回、こんな林道あったっけ? 暗かったのであまり記憶にない。

林道を横切って、少し登っていくと
IMG_3086.jpg

11:21 榎坂峠(標高175m)
IMG_3087.jpg
古くからある峠道で、下を走るトンネルができる前は福井と鯖江を結ぶ要衝だったそうだ。
右へ行くと福井市の西袋登山口や前回パスした岩題目へと通ずる。
IMG_3088.jpg
岩題目は帰りに寄ってみよう。

榎坂峠から先は、このコース一番の急登の階段が待っている。
IMG_3089.jpg
ゆっくり、ゆっくり。

階段が終わると鉄塔が見えてきた。
IMG_3090.jpg
ここからは稜線歩きとなる。

鉄塔からしばらくは上り坂が続くが、
IMG_3091.jpg

徐々にほぼ水平に近いなだらかな道になる。
IMG_3093.jpg
ただ林間なので風がなく、滝のような汗が額からほとばしる。あぢぃよ~

11:46 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_3094.jpg
ここまで37分。ゆっくり歩いてきたせいか、今日も息の乱れもなし。よしよし。
小文殊をスルーし、大文殊へ向かう。

12:04 大文殊(山頂)(標高365m)
IMG_3095.jpg
タイムは55分。前回以上の猛暑と重荷だったが、今回も息も乱れずに到着できた。
なんか開眼したような感じ。

さてパンパンに膨れたザックを降ろし、店開き。
IMG_3096.jpg
はいはい、里山ハイクで背負ってくる分量じゃないですね(笑)

今日の山めしは、山のちくわサラダ
IMG_3134.jpg
詳しくは山めしにて。

当然、これだけじゃ足りないので、野菜と中華麺を炒めて
IMG_3137.jpg
野菜たっぷり焼きそば
IMG_3139.jpg
今日もがっつりいただきました(笑)

今日の山頂は昨日と打って変わり、心地良い風が吹いていて、気持ちイイ~!
IMG_3140.jpg
3時間以上も長居してしまった(笑)

さて、そろそろ下山するか(15:20)。
IMG_3143.jpg
昨年とは逆に南井側から下山しようかとも思ったが、岩題目に寄るべく往路と同じ大正寺ルートへ。

15:35 小文殊(室堂)
IMG_3145.jpg

天狗杉脇の分岐路を下っていく。
IMG_3146.jpg

鉄塔から先の階段は蹴上高が高く、踏面も狭いので、慎重に下っていく。
IMG_3147.jpg

15:52 榎坂峠
IMG_3148.jpg
ここから岩題目までは222m。なんと細かい表示だ(笑)

U字型に掘れた峠道が、往時の隆盛を偲ばさせる。
IMG_3151.jpg

岩題目までは一旦下って、軽い登りとなる。
IMG_3152.jpg
ただあまり人が通らないせいもあるのだろうか、下草が刈られておらず。
草むらにまむしがいるかもしれないので、ストックで前を突付きながら進んでいく。

15:57 岩題目
IMG_3153.jpg
峠にあった解説板によると、永仁2(1294)年、日蓮上人の孫にあたる日像上人が北陸を巡礼された際、この岩に日蓮宗の題目「南無妙法蓮華経」を刻んだとされる。

苔が生していてハッキリ読めないが、そう言われるとそう書いてあるのかも。
IMG_3154.jpg

峠に戻る際、標識がないので分岐に気付かず、100mほど西袋ルートへ迷い込んでしまった。
IMG_3155.jpg
10本ほどある文殊山登山ルートのうち、かなりマイナーなルートなので、下草も生え放題だった。

榎坂峠に戻ってベンチで小休止した後、無事下山(16:23)。
IMG_3158.jpg
下りは寄り道があったので1時間3分。

文殊山(365m)(大正寺コース)
標高差311m
登り 55分、下り 1時間3分、TOTAL 5時間19分
今年19回目・通算36回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/151-0ce5647f