2012年6月1日(金) 曇り時々晴れ

先々週の飯降山、先週の荒島岳に引き続き、今週も奥越の山へ。
今回選んだのは、以前から登りたかった【姥ヶ岳】(うばがだけ)(1454m)。
IMG_1704.jpg
この地に伝わる山姥伝説がその名の由来らしい。
大野市から酷(国)道157号線を、岐阜県境の温見(ぬくみ)峠方面に向かう。
平家平の看板を目印に、真名川にかかる橋を渡って林道へ。
IMG_1596.jpg
ここまでで、大野市街から約30kmほど離れている。

ほとんど一車線の隘路を延々登っていく。
IMG_1601.jpg
今日は私1人だけかな?

9:23 平家平駐車場(標高925m)
IMG_1604.jpg
先客が5台。よかった~(笑)

平家平
IMG_1602.jpg
その名の通り、平家の落武者伝説が残るらしい。
姥ヶ岳へは、この平家平を通って片道4.8km
IMG_1608.jpg
標高・距離は先週の荒島岳とさほど変わらないが、標高差は半分以下の500mほど。

9:30 登山口(標高930m)
IMG_1610.jpg

登山道に入るとすぐに、ニンジン畑のような光景が広がる。
IMG_1613.jpg
これはニンジンではなく、オウレンの群生地だそうだ(笑)
既に花のシーズンは終わっていた。

9:34 第1林道出合(標高970m)
IMG_1616.jpg
左の林道を進んでいくと、大トチの木に至るようだ。帰りに寄ってみよう。

9:39 第2林道出合(標高1005m)
IMG_1617.jpg
あれ?姥ヶ岳まで4.3km?さっきと変わらないんだけど・・・

新緑が眩しいブナ林の中を緩やかに登っていく。
IMG_1619.jpg

10:00 第3林道出合(標高1100m)
IMG_1622.jpg

ここからは少し急になり、つづら折れに登っていく。
IMG_1623.jpg

10:18 第4林道出合(標高1195m)
IMG_1624.jpg
この辺りにはまだ残雪が見られた。
IMG_1625.jpg

10:27 ブナ林(標高1230m)
IMG_1631.jpg
ここで小休止。
キレイに手入れされた広大なブナ林の足元には、オウレンの絨毯が広がる。
IMG_1635.jpg
先客の方々もここで小休止されていたが、ひと足お先に出発する(10:36)。
IMG_1636.jpg
ブナ林から一旦下り、沢を渡渉して再び登っていく。
IMG_1637.jpg
そして1243m峰を過ぎて、再び下っていく。
10:48 ミズバショウ群生地(標高1190m)。
IMG_1639.jpg
二手に道が分かれているが、右が登山道。
ただ時期的に少し遅かったのか、ミズバショウの花は一株も残っていなかった。
IMG_1641.jpg
数日前に登られた方のブログでは、まだ幾つか咲いていたのに・・・残念。

ミズバショウ群生地から先も緩やかな登山道なのだが、次第にクマザサなどが目立ち始める。
IMG_1645.jpg
あれは騙しピークだろうな・・・多分
IMG_1646.jpg
はい、そうでした(笑)
11:24 1447m峰
IMG_1647.jpg

植生もブナからダケカンバやクマザサなどに変わりだし、
IMG_1651.jpg
進むにつれ、ほとんどヤブ漕ぎ状態となる。
IMG_1650.jpg
ワイルドだろ~(笑)
そんな足元にひっそり咲いていたのが、カタクリ
IMG_1655.jpg
IMG_1658.jpg

11:58 姥ヶ岳山頂(標高1453.6m)
IMG_1659.jpg
タイムは2時間28分と標準タイム(2時間30分)。
従来の標識は、かすれてほとんど読めない。
IMG_1661.jpg
山頂の広さは10人も居ればいっぱいというぐらい。
二等三角点(点名:姥ヶ岳)もある。
IMG_1660.jpg

山頂からは北東側が開けており、天気が良ければ荒島岳や白山連峰が望めるのだが、
IMG_1662.jpg
この日は生憎どちらも雲の中だった。

さて、お昼にしよう。
IMG_1665.jpg

フライパンで野菜を炒めて、これをつまみにしながら
IMG_1667.jpg
今日の山めしも、野菜ラーメン
IMG_1669.jpg
ブナ林で追い抜いた方々も到着し、山頂が賑やかになってきた。
食後のコーヒーを飲みながら、しばしまったりと。
IMG_1670.jpg

ご一緒になった方から、ヤブの先に能郷白山が望める場所があると伺い、行ってみる。
IMG_1672.jpg

尾根筋以上のワイルドなヤブ漕ぎをしながら1分ほど進んでいくと、朽ちた看板があり、
IMG_1673.jpg
越美国境の盟主、能郷白山(1617m)の雄大な姿が望めた。
IMG_1675.jpg

1時間経過したので、そろそろ下山しよう(13:05)。
IMG_1677.jpg
下りもしばらくはヤブ漕ぎがつづく。ワイルドだぜぇ(笑)

登山道でたびたび見かけた可憐な白い花。
IMG_1679.jpg
帰宅後に調べたら、サンカヨウというようだ。ただ雹が降ったのか、葉が結構破れていた。

13:58 ブナ林(標高1230m)
IMG_1680.jpg
ここで小休止。残り少ない水で喉を潤す。

14:17 第3林道出合(標高1100m)
IMG_1686.jpg
ここから大トチの木に向かうべく、林道へ。
IMG_1687.jpg
背後には能郷白山が聳える。
IMG_1688.jpg

10分ほど歩いていくと分岐の標識があり、
IMG_1689.jpg
トチノキ広場に到着(14:27)。
IMG_1691.jpg
広場から階段を登っていくと、大トチノキが姿を現す。
IMG_1694.jpg

樹齢400年以上の大トチノキは、幹回り7.2m、枝張り31.4m、樹高26m。
IMG_1698.jpg
トチノキとしては日本有数の大きさで、大野市の天然記念物に指定されている。

広場で小休止後、再び林道を下っていく。
IMG_1699.jpg
前方に見えるのは銀杏峰(1441m)。
IMG_1700.jpg
今年は旧西谷村側の中島コースで登ろうかな。

第1林道出合で登山道に戻る。
IMG_1702.jpg

14:51 登山口(標高930m)
IMG_1703.jpg
下りは寄り道もあって、1時間46分。

美しいブナ林に、カタクリやサンカヨウには出会えたが、オウレンやミズバショウが見られなくて残念。
来年はもう少し早い時期に登ってみよう。

姥ヶ岳(1454m)
標高差524m
登り 2時間28分、下り 1時間46分、TOTAL 5時間31分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/125-6560339a