2012年5月9日(水) 曇り一時雨

今日のハイクは、火燈山(ひともしやま)(803m)。
IMG_0923.jpg
石川県との県境、坂井市丸岡町の竹田地区にある山で、石楠花(シャクナゲ)が見ごろという情報を得て、決定。
四方を山に囲まれた竹田地区へは、丸岡町側から竹田川渓谷沿いを遡るか、永平寺町側からR364で山越えのルートがあり、
IMG_0922.jpg
後者の永平寺側からトンネルを抜けて、竹田地区に入る。

最初登山口に通じる林道入口が分からず、地元の方に教えてもらう。
IMG_0925.jpg
たけくらべ温泉に向かう旧道に回り、R364の下をくぐる。

しばらくは舗装されているが、途中からはご覧の通りの砂利道となる。
IMG_0926.jpg
しかも道幅が狭いので、対向車に注意。

9:50 白山神社祠
IMG_0931.jpg
林道はまだ続いているが、ここの駐車スペースに停めさせていただく。
先客の車はなく、どうやら今日のハイクは私だけかも(寂)

祠付近には一面、シャガの花が咲き誇っていた。
IMG_1029.jpg
シャガ
IMG_0935.jpg

まずは10分ほど、林道を歩いていく(9:57)。
IMG_0937.jpg

10:06 火燈山登山口
IMG_0940.jpg
お決まりのように、クマ出没注意!!の看板。
IMG_0942.jpg
クマ除けのラジオを鳴らしながら、ハイクアップ!
IMG_0943.jpg

歴史を感じさせるU字型に掘れた登山道。
IMG_0944.jpg
パラパラと小雨が降っているみたいだが、林の中なのでほとんど濡れなかった。

途中、登山道が崩落している箇所があったが、
IMG_0947.jpg
巻き道やロープがあるので、慎重に歩けば大丈夫。

急登というほどではないが、額から汗が止まらず、たまらず小休止(10:29)。
IMG_0949.jpg

林道終点で林道を横切っていくと、
IMG_0950.jpg

それまでの杉林から、新緑眩しいブナ林へと変わってくる。
IMG_0954.jpg

11:00 尾根筋出合(標高約650m)
IMG_0958.jpg
ここでもたまらず小休止。
あれが火燈山?それとも騙しピーク?(笑)
IMG_0957.jpg

尾根筋からは、それまでのブナ林から潅木が目立つようになり、
IMG_0962.jpg
道幅も狭くなってきた。

登山道脇で見つけた花たち。
IMG_0956.jpg
IMG_0961.jpg
特にヤマツツジの花がキレイだった。
IMG_0964.jpg
IMG_0969.jpg

山頂に近づくにつれ、一段と急登になり、
IMG_0965.jpg
足元も苔生した岩場が目立つようになる。
IMG_0967.jpg
雰囲気的に、日野山の比丘尼ころばしにそっくりで、
IMG_0973.jpg
辛さ加減も似ているかも(笑)
その辛さを吹き飛ばしてくれたのが、石楠花(シャクナゲ)
IMG_0975.jpg
IMG_0977.jpg
淡いピンクや白の優美な花が、あでやかに咲いていた。

そろそろ山頂かな?
IMG_0979.jpg

11:40 火燈山山頂(標高803m)
IMG_0982.jpg
タイムは1時間34分と、ほぼ標準タイム。予想通り他の登山者の姿はなかった。
山頂はそれほど広くなく、古びた表示板があるのみ。
IMG_0983.jpg

この日は生憎の空模様で、白山などは見えなかったが、
IMG_0985.jpg
晴天であれば360度の眺望が楽しめる。

早速、乾杯!といきたいところだが、グッと我慢して尾根続きの小倉谷山へ(11:48)。
IMG_0992.jpg

小倉谷山に向かう鞍部にもシャクナゲが咲き誇っていた。
IMG_0994.jpg
IMG_0995.jpg

鞍部を過ぎると、ブナ林を登り返す。
IMG_0997.jpg
シャクナゲもイイが、新緑のブナ林も心地良い。
IMG_0998.jpg

この辺りでシャリバテしてしまい、立ち止まる回数が増える。
IMG_1000.jpg
ようやく頂上が見えてきた。
IMG_1003.jpg

12:27 小倉谷山山頂(標高910.6m)
IMG_1004.jpg
火燈山から39分と、かなりバテバテだった。ここでも先客の姿はなかった。

頂上の広さは火燈山より狭く、5人も居れば満杯といった感じ。
IMG_1005.jpg
三角点(三等・伏拝)
IMG_1006.jpg

先程歩いてきた火燈山と背後に霞む丈競山。
IMG_1010.jpg
お天気だったら、もっと素晴らしい眺めが楽しめただろうに・・・残念。
この先は石川県の富士写ヶ岳(942m)へと続く縦走路。
IMG_1009.jpg
この先にもシャクナゲの群生地があるようだが、これはまた別の機会に。

もう喉がカラカラ。いただきま~す!
IMG_1012.jpg
ガマンしてただけあって、あっという間に飲み干す。もう1本持ってくれば良かった(笑)
今日の山めしは、あんかけ素麺おこげ添え
IMG_1016_20120510224333.jpg
詳しくは、山めしで。
食後もまったりしたいところだが、雲行きが怪しいので、
IMG_1019.jpg
下山することに(13:10)。
IMG_1021.jpg

13:28 火燈山山頂
IMG_1022.jpg
振り返ると、小倉谷山はガスで隠れてしまった。
IMG_1023.jpg

13:50 尾根筋出合
IMG_1024.jpg
膝を痛めぬ様、ゆっくり降りていく。

14:06 林道終点
IMG_1026.jpg
崩落箇所も慎重に通り抜け、
IMG_1027.jpg

無事、登山口に戻ることができた(14:28)。
IMG_1028.jpg

帰路、たけくらべ温泉に寄ってみたが、残念ながら定休日だった。
IMG_1031.jpg

ヤマツツジやシャクナゲに出会えたのは良かったが、眺望が生憎の天気でイマイチだったのが残念。次回はもう少し良い天気だといいなぁ。

火燈山(803m)・小倉谷山(910m)
標高差620m
登り 2時間21分、下り 1時間18分、TOTAL 4時間48分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/118-26d9f38c