青葉山(693m)

author photo

Byよっし~

2012年4月27日(金) 晴れ

3連休初日の昨日は、荒天のため自宅待機を余儀なくされたが、今日からの数日間は好天が続く予報。
残る2日間、春山ハイクに勤しもう!
今回選んだのは、嶺南エリア青葉山(693m)と野坂岳(914m)の2座。
IMG_0528.jpg
1日目の今日は、遠方の【青葉山】に登ろう!
青葉山は京都府との県境の高浜町にあり、福井市からだと約140km。
福井県とはいえ、高山市や富山市に行くのと、さほど変わらないほど遠い。
4時前に自宅を出発し、一路R8を南下する。
IMG_0516.jpg
敦賀市内に差し掛かと、前方には明日登る予定の野坂岳の雄大な姿が。
IMG_0519.jpg
山頂付近の雪はほとんど消えたようだが、谷筋にはまだ幾分残雪が見られる。
R27に入り、旗護山トンネルを越えて、御食国(みけつくに)若狭エリア
IMG_0521.jpg
余談だが、敦賀は若狭でなく越前。その証拠に敦賀の気比神宮は、越前一之宮とされる。

小浜市を過ぎ、おおい町に入ると、前方にピラミダルな山容が見えてきた。
IMG_0524.jpg
あれこそ、本日ハイクする青葉山(693m)。

富士なくば 富士とやいわん 若狭なる 青葉の山の 雪のあけぼの
(御陽成天皇皇子・八条王子)
まさに富士山の如く、秀麗な円錐形なので、若狭富士とも呼ばれる。
IMG_0522.jpg
なお手前の赤い橋(青戸大橋)を渡った先に、再稼動の是非で今話題の大飯原発がある。

福井県側から見ると見事なコニーデ型の山容の青葉山だが、実は東峰(693m)と西峰(692m)からなる双耳峰(そうじほう)で、近づくにつれ形が変わってくる。
IMG_0529.jpg

青葉山への登山ルートは、大きく分けて東側の福井県側から登るルートと京都府側の松尾寺から登るルートの2つがあり、今回は福井県側の青葉山青少年旅行村登山口をチョイス。

古い登山口であり、泰澄大師ゆかりの中山寺の山門を通り過ぎ、
IMG_0530.jpg
青葉山青少年旅行村に到着(6:48)。
IMG_0533.jpg
ここの駐車場に停めさせていただく。平日の早朝ということもあり、先客の車はなかった。
急いで準備し、駐車場から200mほど先の登山口へ向かう。

6:56 青葉山登山口(標高134m)
IMG_0534.jpg
中山寺からのルートもここで合流する。

まずは竹林の中を緩やかに登っていく。
IMG_0538.jpg

竹林を抜けると、杉林と広葉樹の混合林へと変わる。
IMG_0545.jpg

この辺りで見かけたコレ。
IMG_0543.jpg
ビニールパックに黒い、乾燥ひじきの様な物体が入っている。
何だろう? お土産にお持ち帰り下さいってことじゃないよな?(笑)
どうも杉葉を黒く蒸し焼きにしたようなものなので、虫除けなのかも。

7:17 高野コースとの合流点
IMG_0548.jpg
青葉神社(東峰)まで残り1.9km地点。

登山道の要所には、このようにベンチが設置されているなど良く整備されている。
IMG_0551.jpg

U字型に掘れた登山道。これまで数多くの登山者が通っているのだろう。
IMG_0559.jpg

7:43 展望台(標高420m)
IMG_0560.jpg
ここで5分ほど小休止。
ここからは大島半島や久須夜ヶ岳など穏やかな若狭湾が望める。
IMG_0564.jpg

展望台から先は、広葉樹の尾根筋となる。
IMG_0569.jpg

7:52 金毘羅大権現(標高450m)
IMG_0570.jpg
展望台から50mほどのところにあり、ハイクの無事を祈願する。

道中では所々に可憐な花が咲いていた。これは多分、イカリソウかな?
IMG_0574_20120429225909.jpg
これは分かりません?
IMG_0578.jpg
これも分かりません??
IMG_0583.jpg

前方に見えるピーク。あれが東峰? それとも・・・
IMG_0572.jpg
やはり騙しピークでした(笑)
IMG_0579.jpg

それじゃあれが東峰!?
IMG_0580.jpg
これも騙しピークでした(涙)
IMG_0585.jpg

小ピークを越えていくと、馬の背と呼ばれるヤセ尾根に差し掛かる。
IMG_0588.jpg
かつて火山だった青葉山には、このような溶岩が固まった巨岩が多い。
IMG_0658.jpg
トラバースする路があったので、そちらに回ったが、
IMG_0589.jpg
残雪があったり、崩壊しかかった部分もあり、かえって危険だったかも。

標識が見えてきた。いよいよ東峰か。
IMG_0592.jpg

東峰山頂は二段になっており、下段は広場でベンチが4台置かれている。
IMG_0597.jpg

また南側には石舞台のような展望スポットがあり、
IMG_0596.jpg
日本海側有数の港町である舞鶴市街や
IMG_0593.jpg
三国岳、長老ヶ岳、頭巾山など西若狭の山々が望める。
IMG_0595.jpg

広場から階段を登ると、青葉神社(東権現)へ。
IMG_0598.jpg
残念ながら先客の姿はなし。

8:28 青葉山東峰(標高693m)
IMG_0599.jpg
タイムは1時間32分。標準タイムが約80分らしいので、ちょっと遅いペース。
東峰から若狭湾側の眺望は、ご覧のように木々が邪魔して良くないので、
IMG_0600.jpg
息を整えた後、西峰を目指す。
IMG_0601.jpg

東峰から西峰は距離にして650mほどしかないのだが、
IMG_0605.jpg
先ほどの馬の背以上のヤセ尾根が連続する。
IMG_0606.jpg

鉄製のハシゴが見えてきた。
IMG_0609.jpg

ここから先が、青葉山登山のクライマックス部分
IMG_0610.jpg

”カニの横ばい”とも呼ばれているスリル満点な鎖場。
IMG_0613.jpg
このロープと僅かな足がかりだけを頼りに、約10mほど巨岩を回り込まねばならない。
足元は断崖絶壁で、落ちたらシャレにならない。
金具やロープは最近新調されたようだが、万一私の重さで切れないか心配だった(笑)

カニの横ばいを過ぎた後も、鎖場が続く。
IMG_0614.jpg
たかだか700mの低山にもかかわらず、北アルプスさながらの緊張感が楽しめる。

鎖場の次は、長い下り階段
IMG_0616.jpg
思わず足がすくみ、立っていられない。
お尻をついたまま、手すりを持って、一段ずつ降りていく。
IMG_0618.jpg

緊迫の鎖場・階段エリアを抜けて進んでいくと、目の前に巨岩が立ちはだかる。
IMG_0620.jpg
(うん!? 行き止まりか?)
巨岩が重なり合ったところの隙間は、大師窟と呼ばれ、泰澄大師がここで修行したとされる。
IMG_0622.jpg
文殊山の胎内くぐりに似ているが、大きさはこちらの方がはるかに大きい。

小ピークを幾つか越えていき、
IMG_0624.jpg

ようやく西峰の広場が見えてきた。
IMG_0625.jpg
ここにも先客の姿はなし。平日だからなのかな?

西権現と呼ばれる祠と休憩所があるが、頂上はその後ろに見える岩場の上。
IMG_0626.jpg
急な岩場なので、ロープを使って登っていく。
IMG_0627.jpg

頂上が見えてきた。
IMG_0629.jpg

9:06 青葉山西峰(標高692m)
IMG_0630.jpg
東峰から38分。
眼下に広がる内浦湾の絶景。
IMG_0631.jpg
麓の日引地区の棚田は”日本の棚田100選”にも選ばれている。

そんな日本の原風景の中に、高浜原子力発電所の建屋ドームが共存。
IMG_0632.jpg
今の日本の抱える原発問題がこの湾内に凝縮されているのかも。

内浦湾を見ながら、いただきま~す!
IMG_0641.jpg
頂上で飲むコイツはやめられません!(笑)

標識の横に付いていたプレート。ご苦労様です。
IMG_0642.jpg

岩場から降りて、休憩所を覗いてみる。
IMG_0643.jpg
広さは10畳ほどあるが、トイレ・水場はなし。

このまま松尾寺方面に縦走する人も多いようだが、
IMG_0644.jpg
今回は歩いてきた道を戻ることにする(9:21)。
IMG_0647.jpg

再び長い階段に差し掛かる。
IMG_0648.jpg
下から改めて見ると、登りはそれほど怖さを感じない。

(やっぱり!ここにあったか!)
IMG_0650.jpg
持参したマップケースをお尻のポケットに入れておいたのだが、西峰で紛失したことに気付く。
先ほどお尻をついたまま階段を降りた際に、ここで落としたようで、半ば諦めていたが幸運にもそのまま残っていた。

鎖場も慎重に通り抜け、
IMG_0651.jpg

本日2度目の青葉山東峰(9:46)
IMG_0652.jpg
ここで初めてお一人方と出会う。カメラを構えて花を撮っておられたので、「何の花を撮っているのですか?」と尋ねたところ、花じゃなく、ギフチョウとのこと。
ギフチョウ
IMG_0657.jpg
この方にギフチョウについていろいろ教えていただいた。ありがとうございます。
ここで食事でも良かったが、撮影の邪魔になるといけないので、展望台へ向かう。
IMG_0659.jpg

10:18 展望台
IMG_0661.jpg
少し早いが、ここでお昼にしよう。
今日の山めしは、大盛ナポリタン
IMG_0669.jpg
詳細は山めしにて。
IMG_0672.jpg

そろそろ下山しよう(11:08)。
IMG_0673.jpg

道中、3組ほどとすれ違う。
IMG_0674.jpg

11:40 青葉山登山口
IMG_0676.jpg

駐車場に戻ると、どこかの小学校が遠足に来てて賑やかだった。
IMG_0677.jpg

700m未満の低山とはいえ、険しい岩稜でアルペン気分も味わえて楽しいハイクだった。
IMG_0679.jpg
今度来る時は、松尾寺からも登ってみよう!

下山後は、コンビニでクールダウン。
IMG_0685.jpg
ハイク後のハ●ハロ、たまりませんね(笑)

青葉山(693m)(旅行村コース)
標高差559m
登り 1時間32分、縦走 1時間3分、下り 1時間、TOTAL 5時間

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (112)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)