2012年4月24日(火) 晴れ

明日の文殊まつり、是非ともハイクしたいところだが、残念ながら明日も仕事(涙)
IMG_0464.jpg
それなら、児(ちご)の火の今晩、初めてのナイトハイクに挑戦してみよう!
会社帰りに寄れるよう、着替えやザック等は準備済。用意いいでしょ!?(笑)
19:30 二上登山口駐車場
IMG_0470.jpg
てっきり大晦日や元日のように、沢山の登山者がいるものだと思っていたが、
(あれ? 1台だけ?!)
不安になって一度は止めようかと思ったが、せっかくここまで来たので登ることにする。

LEDのヘッドライトと懐中電灯、それに動物除けのラジオを鳴らして、登山口へ。
IMG_0471.jpg
ここで下山されてきた地元の方に遭遇。電飾の調整をされてきたようだ。
「今から登るの?? 気をつけてね。」

19:38 二上登山口
IMG_0472.jpg
これから先、私ひとりなんだよな・・・(寂)

登山道に街灯などは1本もなく、ヘッデンがあってもごく限られた範囲しか照らせない。
IMG_0473.jpg
熊や猪が出てきませんように・・・

岩清水付近のソメイヨシノ。
IMG_0474.jpg
既に散り始めのようだが、暗闇でおぼろげにしか分からない。

20:05 七曲合流点
IMG_0476.jpg
ここまで路面のぬかるみを心配していたが、ほとんどぬかるんでおらず、順調にハイク。

20:15 小文殊(室堂)(標高296m)
IMG_0480.jpg
登り始めから37分と、むしろ通常のタイムより早いペース。休憩はせず、そのまま大文殊へ向かう。

コブシが満開で、暗闇の中に真っ白い花が浮かび上がる。
IMG_0481.jpg

鞍部のカタクリ第2群生地。
IMG_0482.jpg
まだ咲いていないのか、既に散ってしまったのか、暗くて分からない。

児の火の電飾が見えてきた。
IMG_0484.jpg
ここで下山するお一方とすれ違う。

20:29 大文殊(山頂)(標高365m)
IMG_0485.jpg
タイムは51分。普段より早いタイムでビックリ。なんでだろう?

頂上に他の先客の姿はなく、発電機の音だけが響き渡っていた。
IMG_0486.jpg
児の火があるので、割と明るい。

山頂の桜は満開を過ぎ、散り始めていた。
IMG_0508.jpg

黄砂のせいか、やや霞んでいたが、眼下に福井市街の夜景が広がる。
IMG_0490.jpg

中央の光の線は国道8号線、その奥の電飾が明るい山は先日登った足羽山。
IMG_0494.jpg

児の火の電球は、微妙に明るくなったり、暗くなったりを繰り返している。
IMG_0488.jpg
なんでもラジオの音声を利用した特殊な回路で、電球の抵抗をランダムに変化させているらしい。
なるほど! 麓から篝火のようにゆらゆら揺れて見えるのは、このためなんだ。

今日の山めしはお休みで、お湯を沸かしてコーヒーを入れる。
IMG_0495.jpg
夜景を見ながら、至福のひとときを楽しむ。
IMG_0501.jpg

名残惜しいが、そろそろ下山しよう(20:58)。
IMG_0502.jpg
真暗なので、下りは登り以上に慎重にいこう。

21:33 二上登山口
IMG_0510.jpg
35分で無事下山。

初めてのナイトハイク。
道幅が広く、歩き慣れた文殊山だからだろうが、意外と順調にハイクでき、素晴らしい夜景も見れて大満足。
また機会があれば、登ってみたい。

文殊山(365m)(二上コース)
標高差339m
登り 51分、下り 35分、TOTAL 2時間6分
今年11回目・通算28回目+1

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/109-1a43c810