唐松岳(2696m)1日目その2

author photo

Byよっし~

2019年9月27日(金) 快晴

好天の予報で急遽予定を変更して決めた唐松岳ハイク
予報通り、雲ひとつないピーカンの青空に癒されながら、第3ケルン(八方池)に到着。

ここまでのハイクはコチラ↓
唐松岳(2696m)1日目その1

八方池
DSCN7940_2019100123000806c.jpg
ハイク開始から85分と目標CT(96分)以内で到着(標準CTは60分)
好天のせいか、眼下の八方池では多くのハイカーが休憩されていた。
 
小休止しながら、この先のルートを確認。
DSCN7930_20191001225838162.jpg

次の目的地丸山ケルンまでは、距離約1.7km、標高差約340m
karamatsudake20190927_route02.jpg
目標CTは160分に設定(標準CT100分)

さぁこの先も頑張ろう(10:16)
DSCN7941_2019100123000824a.jpg

八方池散策路と合流(10:18)
DSCN7942_20191001230017e20.jpg

自然探索路(遊歩道)はここまでで、この先は登山道となり登山の装備登山届が必要。
DSCN7944.jpg

これまでのなだらかな道から傾斜がキツくなってくる。
DSCN7945_201910012300576aa.jpg

以前登った火打山(2462m)や妙高山(2454m)など頚城山塊の山々。
DSCN7948.jpg
いずれ雨飾山(1963m)にも登ってみたい。

これまでのハイマツなどの低木からダケカンバなどの中高木に植生が変わる。
DSCN7949.jpg
これは前述の植物の水分吸収を阻害するマグネシウムを含む蛇紋岩から、砂岩や花崗岩に変わったことで、中高木が育つ地質環境になったからで、植生の逆転現象が見られるそうだ。

既に始まっている紅葉(黄葉)に癒されながら登っていく。
DSCN7951.jpg

10:40 下ノ樺(標高約2170m)
DSCN7953_201910012301038dd.jpg

上ノ樺(標高約2250m)を抜けると、再び眺望が良くなる。
DSCN7955.jpg

存在感がハンパない五竜岳(2814m)
DSCN7956_20191001230144617.jpg
いつか登って、”山が好き 酒が好き”TシャツをGETしたいのだが…

ザレた斜面をトラバースするので、道を譲る際は山側で静止。
DSCN7957_20191001230144ccf.jpg

11:48 扇雪渓(標高約2310m)
DSCN7958.jpg

チョッと寄ってみよう。
DSCN7959_20191001230152b26.jpg

さすがに9月下旬なので、残っていたのはコレだけだった。
DSCN7960_201910012302255d9.jpg

この辺りからバテてきて、立ち止まりが激増。
DSCN7961_20191001230231071.jpg
目の前に丸山が見えているのだが、なかなか前に進まない。

12:46 丸山ケルン(標高約2410m)
DSCN7966_20191001230240331.jpg
第3ケルンから150分と目標CT(160分)以内と依然計画通りだが、扇雪渓から1時間近くもかかってしまった。情けない…

ここで遅めの昼食にする。
DSCN7968_20191001230322fe1.jpg
食欲があまりなく、もう1つ持参した行動食は手を付けずじまい。明日はが降るかも(笑)
一方大量の汗で水分で失われたせいか、持参した4Lの水も既に2L消費。

少し雲が出てきたが、相変わらず雄大な白馬三山を望む。
DSCN7967_201910012303137a4.jpg

重い腰を上げて、最終目的地の唐松岳頂上山荘を目指す(13:08)
DSCN7969_20191001230329f8f.jpg
 
唐松岳頂上山荘までは、距離約1.2km、標高差約220m
karamatsudake20190927_route03.jpg
目標CTは80分に設定(標準CT50分)

ようやく前方に唐松岳が見えてきた。
DSCN7970_20191001230329dae.jpg

尾根を巻きながらよたよた登っていく。
DSCN7971.jpg

14:15 迂回ルート分岐点(標高約2540m)
DSCN7972.jpg
通常は迂回ルートを直進するのだが、昨年ルート上の大岩が崩落したため通行止になっている。

このため急な尾根ルートを通らざるを得ない。
DSCN7973.jpg

小屋の方の尽力でロープ場階段などが設置されている。
DSCN7974_20191001230417b85.jpg
危険な箇所は少ないが、浮石落石もあるので慎重に。

目指す山小屋はあのジャンクションピークの先(汗)
DSCN7975_20191001230421945.jpg
この区間、道幅が狭く、特に日帰り下山者が増える13時以降下り優先なので注意。

14:44 ジャンクションピーク(標高約2650m)
DSCN7976_20191001230422e1b.jpg
八方尾根の最高地点

唐松岳とご対面。
DSCN7977_20191001230455488.jpg

小屋まであと僅か。
DSCN7978.jpg

小屋はジャンクションピークの西側を少し下った先にある。
DSCN7980.jpg

14:50 唐松岳頂上山荘(標高約2626m)
DSCN7982_20191001230507d35.jpg
ついたー! タイムは6時間10分と目標CT通り。自分の実力を見越した計画だったと自画自賛(笑)
しかし丸山ケルンからは102分と、目標CTの80分から大幅に遅れてしまい、標準CT(50分)の倍もかかってしまった。情けない…

息を整えた後、宿泊の受付をし、10,300円(1泊2食)を支払う。
DSCN7983.jpg
食事の時間を指定され、夕食は第1部(16時30分)、明日の朝食は第3部(7時)からとなる。

指定された部屋は2階の3号室C
DSCN7985.jpg

所謂カイコ棚と呼ばれる2段式ベッドで、Cは上段。
DSCN7986.jpg
布団が3つ敷かれていて、各布団には枕が3つMAX9人が寝ることになり、既に4人がおられた。
1つの布団に2人ならまだしも、3人は個人的にも、相手にとっても悲惨な状況なので、これ以上増えないように祈りながら荷をほどく。
幸運?なことにこの日は6人でした(笑)

天気が下り坂なので、今日中に山頂に行こうと思ったのだが、指定された食事は16時30分
DSCN7987.jpg
山頂往復の標準CTは35分なので、亀足の私だと60分近くかかる計算。
現在15時30分で、今から登ると夕食時間に間に合わない可能性も大。
付近の山々には雲がかかってきたので、今登っても眺望はあまり期待できそうになさそう。

ち~ん、本日のハイク終了!

明日の朝食が7時と遅いので、朝食前に山頂に行くことにし、ビア解禁(笑)
DSCN7989.jpg
麓から担いできました。

小屋の眼下にあるテント場
DSCN7984_20191001230559229.jpg
この日は8張程と少なめだったが、到着が遅いと随分下の方に張らざるを得ないので大変らしい。

かなり雲が出てきてしまい、2年前に登った立山(3015m)は稜線がなんとか分かる程度。
DSCN7993.jpg
あの谷間付近が、5年前に訪れた阿曽原温泉かな?

4年前に登った剱岳(2999m)もどうにか望めた。
DSCN7991_20191001230647703.jpg

こちらから見る五竜岳(2814m)も男前
DSCN7990.jpg

夕食時刻になったので食堂へ(16:30)
DSCN7995.jpg

主菜はハンバーグ鯖塩焼きダブル主役
DSCN7998.jpg

まずは主菜をつまみつつ、チューハイで晩酌。
DSCN7997.jpg
こんなの背負ってくるからバテるんだろう(笑)

ご飯は唐松岳盛(笑)
DSCN7996_201910012307346c1.jpg
もちろんお替りしましたがなにか。

食後は夕焼けを見るべく、再び外へ(17:00)
DSCN7999_20191001230817b59.jpg

残念ながらこの日は雲が多く、日没も夕焼けも見られなかった(涙)
DSCN8001_20191001230815979.jpg
疲れが出てきたせいか、18時過ぎには寝入ってしまったzzz


唐松岳(2696m)2日目に続く…


(この日の行程)
01:30八方の湯駐車場(車中泊)6:20
6:43黒菱駐車場(カフェテリア黒菱前)8:15
8:37八方池山荘(唐松岳登山口)8:40
9:36第2ケルン
9:47八方ケルン
10:05第3ケルン(小休止)10:16
11:48扇雪渓
12:46丸山ケルン(昼食)13:08
14:44ジャンクションピーク
14:50唐松岳頂上山荘(宿泊)


やっぱり、山っていいね!


唐松岳(2696m)(八方池山荘~唐松岳頂上山荘)
標高差796m
登り 6時間10分
出会った人 測定不能 出会った動物 なし


☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

よっしー  

こんにちは
唐松岳 いいですね~。 比較的調子のよかった数年前はなんとか日帰りもできたのですが今はマジムリです。(きっぱり) 山荘は人が多いようでさらにめげそう(泣)
最近はゆったり計画のお山しか行けてませんわ

お天気のよい素敵な唐松岳 続きも楽しみにしてます(^^♪

2019/10/08 (Tue) 08:48 | EDIT | REPLY |   

よっし~  

Re: タイトルなし

よっしーさん こんばんは

本当は季節限定の絶品グルメを食べにいこうと思っていたんですが、登山日和の予報に負けて唐松岳に登ってきました。
絶品グルメは1年延期となりましたが、後悔しないほどの好天ハイクで、大満足です。

お互い自分の体力と相談しながら、末永く山歩きしたいものですね。

2019/10/08 (Tue) 20:59 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (114)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)