ヒツジは留守だが、絶景広がる竜ヶ岳(1099m)その3

author photo

Byよっし~

2019年5月17日(金) 曇りのち快晴

早朝より宇賀渓から表道(本谷)コースを登ること6時間超
ようやく竜ヶ岳山頂(1099.26m)に到着(12:51)
DSCN6989_20190519130143481.jpg
標準CTは4時間ほどなのに、1.5倍もかかってしまうという相変わらずの亀足ぶりだった。
 
これが三角点(二等・竜ヶ岳)
DSCN6988_20190519130141a90.jpg

取りあえずタッチしとく。
DSCN6987.jpg

山頂はかなり広くて、360度の大パノラマが広がる。
DSCN6990_20190519130209efb.jpg

北側には御池岳(1247m)や藤原岳(1144m)
DSCN6992_201905191302120b2.jpg

西側には琵琶湖に浮かぶ沖島も。
DSCN6991.jpg

南側には御在所岳(1212m)や明日登る予定の雨乞岳(1238m)
DSCN7003.jpg
鈴鹿10座イブネ(1160m)も望めた。

東側には四日市のコンビナート群が望め、
DSCN6994_20190519130213434.jpg

伊勢湾の対岸にはセントレア(中部国際空港)も望めた。
DSCN7004.jpg

北東には濃尾平野が広がり、
DSCN6995_201905191302159e4.jpg

多度山の先には名古屋駅高層ビル群も。
DSCN7008.jpg

疲れ過ぎたのか、持参したおにぎり類は喉を通らず、僅かに玉子焼きを食べただけ。
DSCN6997.jpg
やばっ!明日は雨かな?(笑)

どうやら先ほどの三角点杭はお役御免になったものだった。
DSCN7001_2019051913024205b.jpg

竜ヶ岳上空は航空路になっているようで、飛行機がひっきりなしに雲をなびかせていく。
DSCN6998_2019051913024040b.jpg
心地良い風も吹いており、しばしゴロンと寝転がって青空を眺めてみる。

名残り惜しいが、下りも3時間近くかかるので下山開始(13:34)
DSCN7009.jpg
重ね岩で知り合った男性のお仲間たちは、男性の甘言?に乗って中道で降りて行かれた。
知~らないよ~ 一番ハードなコースなのに(笑)

金山尾根遠足尾根で降りるつもりだが、
ryugadake_route03.jpg
前者が距離4.7km、標準CT2時間20分、後者が距離5.4km、標準CT2時間35分と遠足尾根の方が少し長い。

山頂から遠足尾根側のこの風景も、噂以上に素晴らしかった!
DSCN7011.jpg

この一帯は笹の間と呼ばれ、なだらかな広尾根を歩いていく。
DSCN7012_201905191303176e1.jpg

こちらのヒツジさんたちもお留守だったが、
DSCN7013.jpg

よ~く見ると、チラホラと白い花を付けた木々も。
DSCN7014_20190519130340c4f.jpg
やはり少し早かったのかな?

尾根から山頂を振り返ってみる。
DSCN7015_201905191303411e3.jpg

13:53 治田(はった)峠分岐(標高約1030m)
DSCN7017_20190519130343129.jpg
左に進むと静ヶ岳(1089m)や銚子岳(1019m)などを経て治田峠(760m)に至る。

こちら側から登るのも気持ち良いが、なかなか山頂が近づかないと感じるのかも。
DSCN7018.jpg

しかも細かいアップダウンもあるので、意外とキツそう。
DSCN7019.jpg

この辺りからみた山頂部が一番素晴らしかった。
DSCN7021_20190519130406743.jpg

こちらもまさに天空のコリドー
DSCN7022.jpg

14:01 金山尾根分岐(標高約1030m)
DSCN7023_201905191304096ab.jpg

右に進むと金山尾根だが、開放感のある遠足尾根に直進。
DSCN7024_20190519130410157.jpg

一部浸食が進んで歩きづらい場所も。
DSCN7025_20190519130412eb7.jpg

この付近も庭園のようだった。
DSCN7028_201905191304391f2.jpg

この付近の斜面は既に紅葉?した低木が点在し、さながら赤いヒツジのようだった。
DSCN7029.jpg

この木がそうなのだが、名前が不明。
DSCN7031.jpg
ご存じの方、ご教授下さい。

下界が広がるこの付近で小休止(14:28)
DSCN7035_20190519130503342.jpg
3L持参した水は残り500ml。節約しないと…

植生が変わり、ようやく日陰が出てきた(14:46)
DSCN7038_20190519130504f57.jpg

そろそろ竜ヶ岳山頂も見納め。
DSCN7039.jpg

ザレたヤセ尾根を通過(14:56)
DSCN7041.jpg

新芽が芽吹いた緩やかな道を下っていく。
DSCN7043_20190519130509208.jpg
結構歩いてきたが、なかなか高度が落ちていかない。

15:08 大鉢山分岐(標高約790m)
DSCN7044_20190519130532bef.jpg
直進すると大鉢山(522m)を経て、孫太尾根登山口(藤原岳)付近に至る。

宇賀渓方面には90度右へ。
DSCN7045_20190519130533467.jpg

この一帯はカレンフェルトと呼ばれるカルスト地形が続き、歩きづらい。
DSCN7046_20190519130535398.jpg
またマムシがいたりするので、足下に注意。

15:22 新道(大日向)分岐(標高約730m)
DSCN7047.jpg
直進すると三角点(三等・大日向)に至る旧道だが、ほぼ廃道状態だそうだ。
宇賀渓に至る新道(遠足尾根コース)は、90度右へ。

山頂から約3kmとコースの半分を歩いてきたが、下った標高はまだ370m
ryugadake_elevation03b.png
宇賀渓登山口(標高約243m)までは、残り490mも下らないといけない(汗)
しかも遠足尾根入口(標高約323m)まで0.8km410mも下る、勾配率51%(斜度27度)激下りが待ち構えている(大汗)

小休止したのち、意を決して下っていく(15:32)
DSCN7048.jpg

足への疲労も溜まってきているので、焦らずゆっくり降りていく。
DSCN7049_20190519130601872.jpg

こんなガレた小ピーク(岩稜帯)を越える個所も(15:50)
DSCN7052.jpg

下っても下っても、なかなか登山口が見えてこない(16:12)
DSCN7053.jpg

16:32 遠足尾根入口(標高約323m)
DSCN7054.jpg
山頂から約3時間と標準CT(2時間15分)よりだいぶ遅れてしまったが、無事降りることができた。

あとは北河内林道を下っていくだけだが、ここで不思議な体験を。
林道を下っていると、竜の雫の辺りで40mほど前方を歩くソロハイカーの姿
カーブで一旦姿が見えなくなったが、その先に進むも前方にその姿はなし。
先ほどの距離であれば、見失うことはない見通しのいい箇所だが、忽然と姿が消えてしまった
アレってもしかして・・・ ((((;゚Д゚))))

16:55 竜ヶ岳宇賀渓登山口(標高約243m)
DSCN7055.jpg
下りは3時間21分。久々の10時間以上にも及ぶロングハイクで、かなりくたくた。

駐車場に戻り、石槫トンネルを通って滋賀県へ。
DSCN7056_20190519130627fe2.jpg

18:17 道の駅あいとうマーガレットステーション
DSCN7057_201905191306290d0.jpg
今日は時折お世話になっているここで車中泊。

う~ 染みるな~
DSCN7058.jpg
なお買い出しは3kmほど南の大型スーパー(マックスバリュー)が便利。

一緒になった車中泊の方たちと談笑。
DSCN7059_20190519130632562.jpg
折り畳み式の車上テントで、親子3人でもなんとか寝られるそうだ。
また久留米ナンバーの男性の方は、自作した軽ワゴン車で日本一周をされていた。

翌朝、5時に起床。
DSCN7061_201905191306459e3.jpg
鈴鹿山脈にはどんよりとした雲が立ち込め、フロントガラスには雨が落ちた形跡も。
予報は終日曇り降水確率40%ほどだが、これから向かう山間部はもっと確率が上がりそう。
しかも今日のルートも渡渉が多く、天気が崩れると進退極まる恐れもありうる。

”山は逃げない”

残念だが、雨乞岳ハイクは中止することにした。

育児中のツバメくんたちに見送られ、帰宅の途につく。
DSCN7060_201905191306331b0.jpg


(この区間の行程)
12:51竜ヶ岳山頂(昼食)13:34
13:53治田峠分岐
14:01金山尾根分岐
15:08大鉢山分岐
15:22新道(大日向)分岐(小休止)15:32
16:32遠足尾根入口
16:55竜ヶ岳宇賀渓登山口

今回のルート図
ryugadake_routeall.jpg

ryugadake_elevationall.png

やっぱり、山っていいね!


竜ヶ岳(1099m)(登り:表道(本谷)コース、下り:遠足尾根コース)
標高差856m(累積標高差1201m)
登り 6時間11分、下り 3時間21分、TOTAL 10時間15分
出会った人 40人ぐらい 出会った動物 マムシ2匹
2019年:23座目



☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (64)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (111)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)