文殊山(365m) アマナ開花しました!

author photo

Byよっし~

2019年3月2日(土) 晴れ

暦が代わって弥生3月
今年はめっきり山行が減ってしまい、2月は僅か1座で、累計でもまだ3座しか登っていない。
そのせいか先週の猪臥山の翌日から激しい筋肉痛に襲われ、一昨日までまともに歩けないほどの不甲斐なさだった。

文殊山
DSCN5432.jpg
久しぶりの好天なので取立山に行こうかとも思ったが、まだ足が本調子じゃないので文殊山に変更。
今年は10年に1度レベルの暖冬だったので、もしかすると春の使者たちにも早々と会えるかと思い、四方谷コースをチョイスする。
 
9:30 四方谷コース駐車場
DSCN5434_20190303103614a82.jpg
先客の車はなく、今年はほとんど出番のなかった除雪用重機が寂しそうに停まっていた(笑)

残雪は全くなさそうだが、ぬかるみ対策でスパイク長靴をチョイス。
DSCN5433_20190303103614f45.jpg

9:38 四方谷コース登山口(標高約43m)
DSCN5435_20190303103616861.jpg
堰堤の方に歩いていくと、地元の古老と思しき男性から声を掛けられる。
あちゃ~ 捕まったかな?(笑)

登山道の整備をされているようで、昨日この矢印ペイントを描いたそうだ。
DSCN5436_20190303103617f37.jpg
結局、5分ほど拘束される。

どうせならこの倒木処理もお願いします(笑)
DSCN5437_201903031036412ca.jpg

9:55 林道出合(標高約106m)
DSCN5438_201903031036420c7.jpg
林道を越えて登っていくと、下ってきたおねーさま2人組と遭遇。
二上コースから登ってこられたそうで、戻る方法を尋ねられたので大正寺コースをおススメする。
なお県道を歩いていくと、二上まで8kmほどあるのでご注意を。

急登に差し掛かるも、路面が乾いているせいか今日は歩き易い。
DSCN5440_20190303103645c0c.jpg

ただし時折登山道脇にこのような地雷(イノシシの糞)があるので要注意(笑)
DSCN5439_201903031036440cc.jpg
先ほどの古老も「暖冬のせいか、今年はイノシシの被害が多い」と嘆いておられた。

10:27 橋立コース合流点(稜線)(標高約233m)
DSCN5441.jpg

稜線をよたよた歩いていると、ガサっと音がし、黒い何かが登山道から駆け下りていく。
DSCN5442_20190303103705b5a.jpg
一瞬クマかと焦ったが、正体はカモシカくんだった。

10:41 P270(標高約270m)
DSCN5444_20190303103707de4.jpg

10:45 P255(徳尾コース合流点)(標高約255m)
DSCN5445_20190303103708c9c.jpg
この一帯にはカタクリが群生するのだが、まだ新芽も出ていなかった。

今年も奥文殊の主から大地のパワーを授かる。
DSCN5446_20190303103710bd0.jpg

11:21 (大汝)奥の院(標高350m)
DSCN5448_201903031037331ab.jpg
四方谷から1時間47分。途中古老やおねーさまの拉致があったので昨年とほぼ同じペース。
今日は天気が良いせいか、ここまで10人以上とすれ違う。

三角点(二等・文殊山)付近で一服した後、先へと進む。
DSCN5447_20190303103711743.jpg

胎内くぐりはパス。
DSCN5449_20190303103734567.jpg

11:37 南井(なおい)コース合流点(標高約314m)
DSCN5451.jpg
山頂直前で先ほど四方谷コースでお会いしたおねーさまたちに追い付かれる。
大正寺コースに行く道がよく分からなかったので、また四方谷コースを登り返してきたとのこと。
説明がヘタですみません(笑)

11:51 大文殊(頂上)(標高365m)
DSCN5452_201903031037380e1.jpg
タイムは2時間13分。

思ったよりハイカーの数が多くなく、ご住職の話では午前中のピークが過ぎたところだそうだ。
DSCN5459.jpg

ご住職の予言の”大地震にご注意”の貼り紙に誰かが落書き別の予言
DSCN5476_20190303103851c3c.jpg
さて当たるのでしょうか?(笑)

また今年は日本百名山の著者、深田久弥翁が本堂に落書きしてからちょうど100年
DSCN0227_20171024173708d8b.jpg
画像は2017年10月24日撮影。

深田翁が旧制福井中学(現藤島高等学校)時代の大正8(1919)年11月20日に、学友たちと半田コースで文殊山に登拝。その際本堂内部の鴨居の裏に鉛筆で落書きしたのが、6年前(2013年)にご住職によって偶然発見された。
残念ながら2017年の台風21号により本堂が壊滅的な被害を受け、現在立入禁止で見学できません。
ただ節目の年であり、是非記念イベントをしましょうとご住職に進言。
世間には多くの深田信者がおり、人数限定で、有料で特別見学会を開催すれば、少しは本堂再建費用の足しになると思うが、崩壊の危険性が大なので、まず行政が許可しないだろう(笑)
冗談はさておき、何かしらのイベント開催が実現できるように、微力ながら応援していきたい。

青空が広がるが、冷たい北風が吹いており、じっとしていると少し寒い。
DSCN5457_20190303103801a1b.jpg
PM2.5や黄砂のせいなのか、遠方は霞んでいた。

やや輪郭がぼやけていたが、純白の白山(2702m)を遥拝。
DSCN5458_20190303103803d24.jpg

取立山からも絶景が広がっているのだろうが、風が大変そうな感じ。
DSCN5456_20190303103739614.jpg

霊峰白山を望みながら、リストランテ・よたよたの店開き。
DSCN5463.jpg
久しぶりにホットサンドメーカーの出番。

今日の具材はハム&辛しマヨネーズ
DSCN5465_2019030310382691f.jpg

お気付きになりましたか?
DSCN5460.jpg
先日ネットで購入した山と食欲と私(信濃川日出雄)のマグカップ
欲しかった2017年モデルはずっと品切れが続いていて、最新モデルが出たので思わずポチってしまいました。

3個目(5・6枚目)ですがなにか?
DSCN5466_2019030310382759e.jpg

食後は山頂周辺のお花を観賞。

セツブンソウ(節分草)
DSCN5467_2019030310382998b.jpg
キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。

フクジュソウ(福寿草)
DSCN5469_201903031038302fa.jpg
キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草。

セリバオウレン(芹葉黄連)
DSCN5471_20190303103832e21.jpg
キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。

カワヅザクラ(河津桜)
DSCN5474_201903031038495db.jpg
咲いていたのはこの2輪だけだった。

すっかり長居したのでそろそろ降りようと思うが、問題はどのコースにするか。
DSCN5477.jpg
四方谷コースはまた7つほどの小ピークを越えていかないとならず、南井コースは急坂を下るので、なだらかな大正寺コースにしようとほぼ決めかけていたのだが、ここで最新のニュースが飛び込んできた。
『ヒロハノアマナ開花!』

例年は3月中旬頃に開花し始めるヒロハノアマナが、この陽気で早々と開花したという情報がハイカーからもたらされたのだった。
先ほど通ってきたコース上では開花はおろか、すら見当たらなかったのに・・・
ということは例のあの場所か!?

という訳で、強制的に四方谷コースピストンに決定!(14:01)
DSCN5478_20190303103854730.jpg

本日2度目の奥の院(14:27)
DSCN5479_20190303103855a11.jpg
すでにヘロヘロで、やっぱり引き返そうかな?(笑)

ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)
DSCN5482_2019030310392449f.jpg
ユリ科アマナ属の多年草で、環境省レッドリストの絶滅危惧Ⅱ類(VU)

情報では1株だけということだったが、10株以上開花していた。
DSCN5481_20190303103922770.jpg

15:19 四方谷コース分岐点(標高約233m)
DSCN5486_201903031039271d8.jpg

15:36 林道出合(標高約106m) 
DSCN5488.jpg

下りは緩やかな林道経由で。
DSCN5489_201903031039434f8.jpg
林道を歩いていると、何やら”ガシャン!、ガシャン!”という音が聴こえてきた。

何だろう?と林道分岐に差し掛かると、捕獲用オリの中に丸々と太ったイノシシ
DSCN5491_20190303103944d30.jpg
イノシシくんは扉への突進を繰り返し、何とか脱出を試みるも鉄の扉はビクともせず。
今年の干支であり、可哀想な気もするが、麓の人たちの生活を考えると致し方ない。
周りに仲間のイノシシがいるかもしれないので、足早に現場を後にする。

15:44 四方谷コース登山口(標高約43m)
DSCN5492_2019030310394682e.jpg
下りは1時間43分。

まだ少し早いかなと思ったが、開花したばかりのアマナに出会えて大満足。
この分だとカタクリの開花も早いのかも。
なお四方谷コースは野生動物と遭遇する確率が高いので、クマ鈴やラジオはお忘れなく。


やっぱり、山っていいね!


文殊山(365m)(四方谷コース) コースMAP
標高差322m
登り 2時間13分、下り 1時間43分、TOTAL 6時間6分
今年2回目・通算227回目+1
出会った人 50人ぐらい(ご住職、IHさん、TKさん他)
出会った動物 ニホンカモシカ、ワンコ、イノシシ(捕獲)
2019年:4座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (114)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)