干支の山 猪臥山(1519m)

author photo

Byよっし~

2019年2月23日(土) 曇り一時吹雪のち晴れ

今年は休みの日だけが天気がイマイチで、全く山に行こうと思う気がおこらず
喰っちゃ寝の日々が続く。
2月はまだ1座も登っておらず、これはマズいと重い腰を上げることにする。

今回選んだのは干支の名を冠するこの山。

猪臥山(いぶしやま、いぶせやま、いのぶせやま)
DSCN5412.jpg
高山市と飛騨市の境にある山で、干支の猪(亥)を冠する山の中では最高峰(1519m)
なお国土地理院では”いのぶせやま”、岐阜県山岳連盟選定の”ぎふ百山”(百山と言いながらなぜか120座あるw)では”いぶせやま”と称されている。
初夏や紅葉の時期に登られる方もいるが、積雪期残雪期がダントツで、特に今年は干支の山ということで一段と人気があるようだ。
 
登山指数を確認すると、日中は風速10m/s以上の強風でB
ibushiyama_weather20190223.png
中止しようかとも思ったが、天気は回復に向かっているようなので決行することに。
また前夜から前乗りしようかとも思ったが、登山口付近は標高1000m超の高地で、この時期の車中泊はキツいので頑張って4時起きでR158で高山市を目指す。

R158の大野市蕨生(わらびょう)で、中部縦貫道建設に伴なう夜間通行止となるのでご注意を。
●規制予定期間・・・2019年2月25日(月)~3月1日(金)
●規制予定時間・・・21:00~翌朝6:00
※迂回は県道171号(五条方松原出勝山線)または県道239号(上唯野西屋勝山線)へ。

新たに大野市下山で下記の夜間通行規制が実施予定で、最大90分待ちとなり、
付近にGSやコンビニ等はないのでご注意を。
●規制予定期間・・・2019年4月2日(火)~4月25日(木) 土日除く
●規制予定時間・・・22:00~翌朝4:00
迂回路はなし。ただし23:30~24:00、1:30~2:00、3:30~4:00の時間帯は開放。

岐阜県に入り、白鳥西ICから東海北陸道(E41)に入る。
片側交互通行と急勾配のせいで渋滞が頻発していた白鳥IC~高鷲IC間が、いつの間にか2車線化されていた。

飛騨清見ICで降り、R158を高山方面に向かい2つ目の丁字路を左折
DSCN5371_20190224120913538.jpg
無料供用中の中部縦貫道(E67)に進んでしまうと、約9km先の高山西ICまで降りられないので注意。

この道は県道90号古川清見線で、通称飛騨卯の花街道と呼ばれている。
DSCN5372_20190224120916fe2.jpg
別荘地を両脇に見ながら5分ほど車を走らせていく。

猪臥山(いぶしやま)トンネル
DSCN5373.jpg
2002年に開通した全長4475mのトンネルで、都道府県道では日本最長。なお完成時は林道だったので、林道でも日本一だった。

7:01 猪臥山トンネル脇駐車場(標高約1050m)
DSCN5374.jpg
トンネルのすぐ手前にあり、20台ほど駐車可能。1台先客がおられ、準備をされていた。
なお画像の建物は水道施設で、現地にはトイレがないのでご注意を。

駐車場付近の気温はマイナス2℃
DSCN5376_20190224120933469.jpg
良かった、ここで車中泊しなくて(笑)

この冷気で雪面は締まっていると思われるが、念のためワカンを携帯。
DSCN5375_201902241209190c6.jpg

先行者に続き、ハイク開始(7:15)
DSCN5377_2019022412093476d.jpg
山頂へは彦谷沿いを登っていく谷コース(約3.5km)のほか、西尾根コース(約5km)東尾根コース(約6km)などもあるが、一番ポピュラーな谷コースを選択。
標準CTは不明だが、ヤマレコではCT約2時間のレポが多かったので、目標CTは3時間

本来のコースではないようだが、トレースに従い進んで行く。
DSCN5378.jpg

今日はスパイク長靴をチョイス。
DSCN5379.jpg

樹林帯を抜けると、開放感のある雪原となる。
DSCN5380.jpg
本来のコースである林道は沢の対岸を通っているようで、冬期限定のルート。

あれが山頂?!
DSCN5381.jpg
後から分かったが、山頂手前の前峰のようだ。

予想通り雪面は締まっており、約0.1トンでも大丈夫でした(笑)
DSCN5382_20190224120956bd2.jpg

山スキーと思われるシュプールも。
DSCN5384_201902241209594c5.jpg

林道に合流(7:25)
DSCN5383.jpg

ここからしばらく沢沿いに林道歩きとなる。
DSCN5385_2019022412100133b.jpg

この付近で後続の男性に道を譲る。
DSCN5386.jpg

8:06 林道終点(渡渉点)(標高約1190m)
DSCN5387_20190224121020b68.jpg

小さな沢を渡渉するが、この時期は雪渓の橋がある。
DSCN5388_20190224121022372.jpg
残念ながら私の通過後、崩落しました(ウソ)

ここから登山道に取り付き、傾斜が急になる。
DSCN5389_20190224121023b18.jpg

山頂までは約1.5kmで、標高差は約330m
DSCN5390.jpg
福井の鬼ヶ岳を基準とする鬼倍率は0.76倍

今日の調子はまずまずで、アイゼン休憩されていた先行者に追い付く。
DSCN5391_201902241210417c1.jpg

私も少し緩やかになった場所で小休止(8:26)
DSCN5392_20190224121042565.jpg

急登な尾根を直登していく。
DSCN5393_201902241210444ca.jpg

あれが稜線か?
DSCN5394_20190224121045cb1.jpg

山頂部は次第にガスってきた感じ。
DSCN5395_20190224121047cbf.jpg
急がねば・・・

稜線かと思った地点にさしかかると、その先に続くトレース Orz
DSCN5396.jpg

さらに登っていくと、またその先に続く Orz
DSCN5397_20190224121107b25.jpg

ヘロヘロだが、霧氷が癒してくれた。
DSCN5402.jpg

9:22 稜線出合(標高約1456m)
DSCN5404.jpg
山頂まで残り500mで、ここで登山道は左手(西側)に90度折れる。
林道で道を譲った男性がもう降りてこられた。早っ!

男性の話では、この先の前峰辺りから猛吹雪で、ほぼ視界ゼロとのこと。
DSCN5405_20190224121112fee.jpg
じゃ帰ろうかな?(ウソ)

一面幻想的な霧氷が広がる。
DSCN5407_201902241211301c7.jpg

晴れていればもっとキレイなんだろうけど・・・
DSCN5408_2019022412113118d.jpg

9:38 前峰(標高約1490m)
DSCN5409_20190224121133aed.jpg

前峰から一旦軽く下って登り返していくのだが、視界はご覧の通り。
DSCN5410_2019022412113424d.jpg
駐車場でお会いした男性ともすれ違うが、山頂滞在は僅か1分ほどだったそうだ。

9:46 祠(山之神)(標高約1510m)
DSCN5411_2019022412115306a.jpg
どうやら山之神(大山祇神)を祀っているようだ。
祠から先は北と西に広がっており、ホワイトアウト状態だったので、トレースを見極めながら慎重に山頂(西側)に向かう。

9:50 猪臥山山頂(標高1518.8m)
DSCN5412.jpg
タイムは2時間35分とまずまず。もちろん山頂には誰もいなかった。

三角点(二等・池本山)があるはずなのだが、埋まっていたので標識にタッチ。
DSCN5413_201902241211560a8.jpg
この標識、高さ2mほどあるらしいので、積雪は1.5mほど。
雪の下には山座同定用の方位盤も埋まっているそうだ。

天気が良ければ、白山穂高連峰乗鞍岳などが望めるのだが、ご覧の有様。
DSCN5415.jpg

しかも北側から吹雪が絶え間なく吹きつけており、体感気温はマイナス10℃以下。
DSCN5416.jpg

西尾根で周回するつもりだったが、この天候では恐らく誰も歩いていないのでパス。
DSCN5414_20190224121157840.jpg
西尾根コース(約5km)はトレースが少なく、ワカンに加えGPSも必須。
単独で初めてのルートで、しかもこの天候で進むのは自殺行為以外の何ものでもない。

祠の陰で食事するにも厳しい状況だったので、早々と下山開始(9:59)
DSCN5417_20190224121219b64.jpg
途中稜線出合付近で、ソロの男性と4人組のパーティとすれ違う。
4人組の方たちは東側の尾根から登ってきたので、おそらく東尾根コース(約6km)からなのかも。

下りではスパイク長靴がその威力を発揮。
DSCN5418.jpg
急坂を下るので、登山靴の場合、最低軽アイゼンを携帯した方が良いと思う。

稜線付近はまだ真冬の様相だったが、早春の使者たちもチラホラ。
DSCN5419_20190224121222e46.jpg
タムシバかコブシのどちらかかな?

10:41 林道終点(渡渉点)(標高約1190m)
DSCN5421_20190224121224382.jpg
下りは別の雪渓を利用(笑)

林道を歩きながら振り返ると、稜線がくっきり。
DSCN5423_20190224121242c23.jpg
どうやら一番最悪な時間帯に登っていたようだ。

11:13 猪臥山トンネル脇駐車場(標高約1050m)
DSCN5424_2019022412124341a.jpg
下りは1時間14分。行動時間を6時間と想定していたが、4時間以内と2時間も早く終了。
そりゃ猛吹雪になる訳だ(笑)

駐車場に戻ると観光バスが停まっており、10人以上のグループが準備をされていた。
えっ? 今から登るんですか?
今から登った場合、休憩も含めると下山時刻は早くても15時過ぎ。
少人数ならいざ知らず、こんな大所帯が登るのはどうなのだろう?

R158を走っていると先ほどの山頂がウソのような青空が広がってきた(涙)
DSCN5425.jpg
”降りると晴れる”の法則は相変わらず健在だ(笑)

道の駅桜の郷荘川(しょうかわ)内にある桜香の湯で汗を流した後、帰宅の途へ。
DSCN5426_2019022412124674c.jpg
生憎の天気で眺望がゼロだったのは残念だが、幻想的な霧氷が見られて良かった。


☆今回のルート図☆ (クリックすると拡大します)
ibushiyama02.jpg


☆アクセス☆



☆この日の行程☆
7:01猪臥山トンネル脇駐車場7:15
8:06林道終点(渡渉点)
8:26(小休止)8:30
9:22稜線出合
9:38前峰
9:46祠(山之神)
9:50猪臥山山頂9:59
10:41林道終点(渡渉点)
11:13猪臥山トンネル脇駐車場


やっぱり、山っていいね!


猪臥山(1518.8m) 谷コース(冬期)
標高差469m
登り 2時間35分、下り 1時間14分 TOTAL 3時間58分
出会った人 20人ぐらい 出会った動物 なし
2019年:3座目

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply(コメントをどうぞ)※認証後に表示されます

文殊山 (244)
二上コース (129)
二上コース(裏・旧道) (29)
大村コース (11)
角原コース (17)
半田・鉾ヶ崎コース (2)
帆谷コース (3)
西袋コース (4)
大正寺コース (11)
南井コース (3)
四方谷コース (9)
橋立(酒清水)コース (2)
北山コース (2)
徳尾コース (1)
青葉台コース (2)
文殊やまのぼり大会 (4)
花火を眺める会 (6)
熊遭遇! (3)
ナイトハイク (1)
奉仕活動 (1)
MAP・他 (4)
白山 (49)
別山 (4)
白山釈迦岳 (1)
福井県の山(奥越) (62)
荒島岳 (5)
経ヶ岳 (6)
三ノ峰 (4)
銀杏峰 (6)
取立山 (4)
赤兎山・大長山 (5)
越前甲 (2)
大師山 (2)
飯降山 (3)
保田経ヶ岳 (5)
バンビライン (6)
天子山 (7)
福井県の山(福井・坂井) (48)
浄法寺山・丈競山 (5)
吉野ヶ岳 (2)
大佛寺山 (2)
下市山 (4)
城山(じょうやま) (10)
三峯城山 (3)
一乗城山 (3)
二本松山 (2)
鷹取山 (3)
福井県の山(南越) (88)
日野山 (13)
鬼ヶ岳 (23)
三床山 (8)
ホノケ山 (4)
三里山 (3)
蛇ヶ獄 (2)
権現山 (3)
乙坂山 (2)
越知山 (3)
夜叉ヶ池 (2)
冠山・金草岳 (3)
妙法寺山 (2)
福井県の山(嶺南) (21)
野坂岳 (5)
岩籠山 (2)
西方ヶ岳・蠑螺ヶ岳 (2)
石川県の山 (24)
富士写ヶ岳 (4)
火燈山・小倉谷山 (4)
医王山 (3)
鞍掛山 (7)
新潟県の山 (4)
福島県の山 (9)
東京都の山 (1)
長野県の山 (5)
滋賀県の山 (26)
伊吹山 (4)
霊仙山 (2)
賤ヶ岳 (3)
綿向山 (2)
繖山 (2)
岐阜県の山 (20)
舟伏山 (3)
金華山 (4)
愛知県の山 (1)
京都府の山 (6)
奈良県の山 (4)
大阪府の山 (3)
兵庫県の山 (2)
三重県の山 (8)
鳥取県の山 (3)
島根県の山 (2)
岡山県の山 (2)
四国の山 (3)
北アルプス (67)
槍ヶ岳 (7)
双六岳・三俣蓮華岳 (7)
笠ヶ岳 (5)
燕岳 (5)
常念岳 (3)
徳本峠 (5)
湯俣温泉 (3)
焼岳 (1)
御嶽山 (1)
立山 (4)
剱岳 (9)
大日岳 (1)
阿曽原温泉 (5)
白馬岳 (5)
唐松岳 (3)
太郎兵衛平 (3)
中央アルプス (3)
木曽駒ヶ岳 (3)
南アルプス (6)
北岳 (6)
八ヶ岳 (6)
ウオーキング・マーチ (9)
お遍路 (16)
山行インデックス (10)
山めし・山ごはん (80)
麓の山めし (28)
道具 (14)
山百(百均)グッズ (4)
B級グルメ (113)
福井のおすすめスポット (15)
石川のおすすめスポット (3)
滋賀のおすすめスポット (1)
岐阜のおすすめスポット (1)
長野のおすすめスポット (1)
東京のおすすめスポット (2)
三重のおすすめスポット (1)
京都のおすすめスポット (3)
兵庫のおすすめスポット (1)
岡山のおすすめスポット (2)
島根のおすすめスポット (1)
おすすめ温泉 (1)
旅 (3)
日常 (9)
山雑記 (12)
青春の想い出の曲 (14)
よっし~のコレクション (3)
よもやま話 (3)
未分類 (0)