2011年6月16日(木)

今日から3連休。山登り三昧といきたいところだが、予報はあまりよくない感じ。福井はまだ梅雨入りしていないのだが、そろそろ怪しげな雰囲気。事実、この日に梅雨入りが発表された。
今回のターゲットは、【荒島岳】(あらしまだけ)。
DSC01966.jpg

標高1523.4mとそれほど高くないが、福井から唯一百名山選ばれている山である。
選者の深田久弥氏は隣の石川県大聖寺の出身だが、旧制福井中学(現:藤島高校)に通っていたこともあり、愛着を覚えて選出したとされる。
百名山の中では、評価がイマイチの意見も見られるそうだが、まずは自分の足で登ってみないと。
標高は低いが、標高差は1169m、片道約4.5kmの行程なので、決して楽勝という訳じゃなさそうだ。

5:30 起床

6:00 自宅を出発
車内でパン2個とヴァームを摂取。

7:00 勝原(かどはら)スキー場跡 着
DSC01968.jpg

荒島岳には、この勝原コース以外に、中出コース、佐開コース、下山コースなどがあるが、他のコースは難易度が高かったり、荒れていることもあり、ほとんどの登山者が【勝原コース】を利用する。

DSC01976.jpg

ここはかつての勝原スキー場で、子供の頃、何度かスキーで訪れたことがあるが、先日の伊吹山同様、温暖化による雪不足とスキー人口の減少等により、2009年に閉鎖されてしまった。残念。

DSC01969.jpg

駐車場には先客の車が数台。平日だが、結構登っているようだ。
元電話BOXを利用したこの中には、入山届出書がある。
まぁ大丈夫だろうが、念のため書いておく。

DSC01971.jpg
DSC01972.jpg

7:10 登山開始(標高354m)
DSC01977.jpg

まずはスキー場のゲレンデ跡を歩いていく。

DSC01980.jpg

一見緩やかに見えるが、意外と勾配があり、足に堪える。

DSC01982.jpg
DSC01983.jpg

初中級クラスのゲレンデ上部から先は、上級コースへと続く旧林間コース。
ゴツゴツした岩がごろごろして歩きづらい。勾配も一段と急になり、結構息が上がってくる。

DSC01985.jpg

7:53 スキー場最上部
DSC01986.jpg

何かナイロン袋がたくさん置いてあるので、ゴミかなと思ったら、
DSC01990.jpg

中身はウッドチップ。後から判ったがぬかるんだ登山路に撒くためのものだそうだ。
DSC01991.jpg
リュックはおろさず、息を整え出発。

7:57 荒島岳登山口(標高654m)
DSC01992.jpg

ここからが本当の登山道となる。

DSC01998.jpg
登山道はブナ林に覆われていて、とても気持ちが良い。
DSC02005.jpg
でもこんな部分も時折見られ、出会いたくないヤツと鉢合わせしないとも限らない。
携帯ラジオを流しながら進んでいく。

DSC02007.jpg

8:24 トトロの木(標高820m)
DSC02013.jpg

DSC02015.jpg

トトロの木という看板がついたブナの巨木。
このような木々が至るところにあり、トトロの森とも呼ばれているらしい。
確かにこのブナ林は本当に見事。辛い坂道もこの風景を眺めながらだと、それほど苦にならない。

DSC02009.jpg

8:39 白山ベンチ(標高935m)
DSC02019.jpg
DSC02021.jpg

ここで5分ほど小休止。
その名の通り、白山連峰の素晴らしい眺めが楽しめるはずなのだが、この日はあいにくご覧の通り。

DSC02020.jpg

8:54 深谷ノ頭(標高1015m)
DSC02026.jpg
DSC02025.jpg
ここで2組の下山客とすれ違う。
ここですれ違うということは、この方たちは何時に登り始めたんだ??

9:04 頂上まで2km地点
DSC02028.jpg

登山開始から約2時間。まだ2kmもあるのか・・・

この辺りから急登となり、見上げる先まで階段が続く。
DSC02032.jpg

10分ほど登っても、まだ階段が続く。
DSC02033.jpg

9:34 シャクナゲ平(標高1204m)
DSC02034.jpg

ここは中出コースとの合流地点で、右へ行くと小荒島岳(1186m)へと続く。
休憩していると、下山客と遭遇。
この方は小荒島岳に登ったあと下山して、午後から越美国境の能郷白山(1617m)に向かうらしい。まだ登るんですか?

10分ほど休憩した後、再び頂上を目指す。
DSC02038.jpg

ここから先は、通称【もちがかべ】と呼ばれる一段と急登な箇所が待ち構えている。
DSC02041.jpg

滑落死亡事故が多発しているので、注意を促す看板も。
DSC02040.jpg

鎖場の部分もある。
DSC02042.jpg

一段と険しさが増してくる。
DSC02044.jpg

まだ1.3kmも・・・
DSC02045.jpg

おいおい、コレを登るの?!
DSC02046.jpg

DSC02048.jpg

難所のもちがかべをどうにかクリア。
振り返ると、先ほど通ってきたシャクナゲ平や小荒島岳があんなに下に見える。

DSC02049.jpg

ここから頂上までは、尾根沿いを歩いていく。
DSC02050.jpg

10:26 前荒島(標高1415m)
DSC02052.jpg

ガスっているが、ようやく山頂が見えてきた。
DSC02053.jpg

10:35 中荒島(標高1445m)
DSC02055.jpg

頂上はもうちょっと。
DSC02060.jpg

霞んでいるが、眼下に大野盆地が広がる。
DSC02061.jpg

頂上はまだかー
DSC02062.jpg

10:50 荒島岳山頂(標高1523.4m)
DSC02065.jpg

3時間40分で頂上へ。タイム的にはまずまず標準のようだ。

頂上にはほかに先客のお一方のみ。
DSC02063.jpg

一等三角点(点名:荒島岳)
DSC02069.jpg

先客の方に撮っていただいた。
DSC02070.jpg
カッパを着ているのは、雨が降っているのではなく、寒いため。

晴れていれば、白山がこのように見えるはずなのだが、
DSC02066.jpg

ガスっていて、ほとんど何も見えない。
DSC02067.jpg

先客の方は神奈川から来られている方で、昨日一昨日で白山、3日前には伊吹山に登ってこられたそうだ。
白山の弥陀ヶ原辺りは登山道の区別がつかないほどの一面の雪景色だったそうだ。

DSC02080.jpg

当初は山頂で昼食と思っていたが、風が強いのと天候が心配だったので、途中のシャクナゲ平まで下山してからにしよう。

11:20 頂上出発
DSC02082.jpg

途中の沢には、まだ残雪が見受けられた。
DSC02081.jpg

先ほどの【もちがかべ】。下りでは登り以上に危険なので、慎重に下山。
DSC02084.jpg

12:05 シャクナゲ平
DSC02085.jpg

持参したストーブでお湯を沸かし、
DSC02086.jpg

カレーライスとひっぱりうどんをいただく。
DSC02087.jpg

13:00 シャクナゲ平 出発
DSC02090.jpg

【もちがかべ】ほどではないが、ここからもしばらく急な坂を下っていくので、足への負担が増してくる。
DSC02092.jpg

13:35 白山ベンチ
DSC02096.jpg

13:50 トトロの木
DSC02097.jpg

14:10 スキー場最上部
ようやくスキー場に戻ってくる。
DSC02098.jpg

ここで先に行かれたはずの神奈川の方と再会。
彼は小荒島岳にも行ってきたそうだ。

ここからはゴツゴツした岩で、すごく歩きづらい。
私の靴では滑りやすく、あっという間に引き離されてしまった。

DSC02105.jpg

駐車場が見えるあたりから、何か歩きづらさを感じる。
何だ?と靴底を見てみると、

DSC02102.jpg

左足の靴底のゴムが、スパっと切れている。
もともと劣化していたのだが、先ほどの岩だらけの道で、切れてしまったようだ。

DSC02104.jpg

とりあえず、持参していたビニールテープで応急処置。
降りたら靴を買わないと・・・

14:50 駐車場到着。

下りは食事休憩を除くと、2時間30分ほどかかった。

DSC02108.jpg

ガスって眺めは堪能できなかったが、無事登り終えた満足感でまずまず。
白山挑戦への自信が一段とついた気がする。

あのブナ林は本当に素晴らしかったので、紅葉の頃にまた登ってみよう。

荒島岳(1523m)(勝原コース)
標高差1169m
登り 3時間40分、下り 2時間30分、total 7時間40分

☆☆☆ランキング参加中です。☆☆☆


にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村
応援のポチッ、お願いします。

↓こちらもポチっとよろしくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yotayotayoshi.blog.fc2.com/tb.php/10-7d3ec84a