2016年12月2日(金) 曇りのち晴れ

暦が替わって師走12月
年々月日が経つのが早く感じるのは、歳をとったせいなのかな(笑)
年間99座目文殊山から3週間も足踏み状態が続く。
仕事が忙しかったこともあるが、山に行けないほどではなく、
晴れた休日でも山に行きたいという気力がなかなか湧いてこなかった。

しかし久々に貰った連休。天気もまずまずのようだ。
記念すべき100座目として鳥取県にある伯耆大山を選んだのだが、

・3週間、山に登っていないので、イマイチ本調子ではない。
・福井から片道400kmあるので、初日だと長時間の運転後のハイクとなる。
・初日より2日目の方が天気が良い予報。

などの理由から、初日は途中の軽めの山に登って、鳥取県まで移動。
2日目に大山に登ることにした。
そこで初日のハイクに選んだのがこの山。

大江山(千丈ヶ嶽)(832m)
CIMG8738.jpg
京都府福知山市、宮津市、与謝野町に跨る山塊で、酒呑童子伝説で有名。
新・花の百名山にも選定されている。
なお厳密には大江山という山は存在せず、広義では鍋塚(763m)、鳩ヶ峰(746m)、
千丈ヶ嶽(832m)、赤石ヶ岳(736m)などの連山の総称で、狭義では最高峰の千丈ヶ嶽を指す。
... 続きを読む
スポンサーサイト
大江山を降りてR175に戻る。
軽めのハイクのつもりだったが、往復8kmとがっつりハイクになってしまった。
朝から何も食べていないので、すっかりお腹ペコペコ。
一応行動食は持参していたが、今日のお昼はこの店に決めていたからだ。

食堂 大江山
CIMG8760.jpg
大江駅近くのR175沿いにあるお店で、10年ほど前に一度訪れている。
... 続きを読む
大江山を後にし、一路R9で鳥取を目指す。
途中、養父市の道の駅但馬楽座に併設されているやぶ温泉で汗を流す。
ハチ高原を望みながら進んでいき、鳥取市内に入る頃には日もかなり暮れていた。
今宵は琴浦町の道の駅ポート赤碕で車中泊する予定だが、鳥取市内で晩飯にしよう。
そういえば11月場所で敢闘賞を獲得した石浦関は鳥取市出身。
ちょうど今、故郷に凱旋しているらしい。

当初は別のお店に行く予定だったが、行ってみるとなぜか臨時休業。
仕方なく鳥取大学近くのこのお店へ。

レストラン ビリーブ
CIMG8776.jpg
鳥大生御用達の洋食屋さんで、以前二度訪れたことがある。
店内は鳥大生と思しき学生で賑わっていた。

余談だが、鳥取駅前付近がえらく都会でビックリ!
人口ランキング(2016年10月1日時点)で福井県は第43位(782,225人)で、
少なくともぶっちぎり最下位の鳥取県(569,579人)には負けてないと思っていたのに、
駅前の賑わいや商店街の規模、多彩さなど全てにおいて、鳥取側に軍配。
鳥取県民の方、大変失礼しました(笑)
これまで沖縄を除く46都道府県の県庁所在地を訪れているが、
正直、福井駅前が一番貧相な感じだと思う。
... 続きを読む
2016年12月3日(土) 快晴

初日京都で大江山ハイクした後、鳥取県に入り、道の駅ポート赤碕に移動。
夏場なら登山口近くの南光河原駐車場で車中泊するのが便利なのだが、
標高が高く冷え込みが予想されるので、海岸近くのここで一夜を過ごす。

(伯耆)大山
CIMG8792.jpg
ご存じ日本百名山の1つで、中国地方の最高峰。
コニーデ型の独立峰火山で、その形状から伯耆富士とも呼ばれている。
2日前のレポでは、4合目付近から上には積雪があり、霧氷も見られるそうだ。
... 続きを読む
2016年12月16日(金) 雪のち晴れ

東京では先月に初雪を観測しているのに、福井市内では全く降っておらず、
夜間激しい雷が鳴ることもあるが、肝心の冬将軍はなかなか姿を見せない。
しかし、ついに将軍様がお出ましなる日がやってきた。
前夜は全く降っていなかったが、目が覚めると外は一面の雪景色

文殊山
CIMG8938.jpg
福井市では5㎝の積雪を観測。今回の雪は平野部がメインのようで、
奥越から来る同僚は福井市内の方が雪が多いことに驚いていた。
... 続きを読む