久しぶりに東京出張になったので、オフタイムは以前よく通ったお店へ。

牛八
CIMG2086.jpg
JR大井町駅前にあるお店で、初めて訪れたのはもう30年近く前。
当時近くに社宅があったので、休日にはよく訪れていた。
... 続きを読む
スポンサーサイト
出張業務は昨日で終わり、今日は帰るだけ。
本当は昨日帰る予定だったんですが、この店に寄るために自腹で宿泊しました(笑)

カレーやさん リトルショップ
CIMG2101.jpg
渋谷区円山町にあるお店で、いつも行列が絶えない超~有名店。

開店は11時だが、店内が13席ほどと狭いため、開店前から行列ができる。
第1陣で入店できない場合、2~30分待ちはザラ。
しかもその日の分だけのルーしか仕込まないため、ルーがなくなり次第終了。
閉店時刻(13時※目安)の30分前に終了という日も少なくない。
... 続きを読む
2016年2月16日(火) 雪

一夜明けると自宅の外は雪景色
立春も過ぎたので大したことないかと思っていたら、車には20㎝近い積雪。

文殊山
CIMG2115.jpg
県下には大雪注意報発令中だが、もちろん私は山に行きますよ(笑)
今日は雪で山頂はおろか山肌も全く見えなかった。
... 続きを読む
2016年2月23日(火) 晴れのち曇り

このところ氷雨の肌寒い日と僅かに暖かい日が目まぐるしく訪れ、
”三寒四温”ならぬ”五寒二温”という状況の福井。
しかも私の休日に限って寒に当たるという日々が続き、2月はまだ1座しか登れていない(涙)

今日の福井も雲が多く、夕方からは雨という下り坂の予報。
それなら天気の良い太平洋側へということで、愛知県のこの山へ。

猿投山(さなげやま)
PC120031.jpg
※写真は2006年12月にさなげ温泉で撮影。

旧尾張国の瀬戸市と旧三河国の豊田市に跨る山で、愛知高原国定公園にも指定されている。
また田中澄江氏が発表した新・花の百名山にも選ばれており、春から初夏にかけて
センボンヤリ(千本槍)が薄紫色の花を咲かせる。

山名の猿投(さなげ)は、第12代景行天皇が伊勢に行幸された際、可愛がっていたが不肖
(不祥事)を起こし、激怒した天皇がその猿を伊勢の海に放り投げた故事に由来。
その後猿がこの山に辿り着き棲みついたことから、”猿投山”と呼ばれるようになったとされる。
なお勘違いし易いのが、猿を投げた場所は猿投山ではなく、100km近く離れた伊勢。

猿を海に投げるほど激怒したというには、どんな不祥事をしでかしたのだろう・・・
今なら動物愛護団体から猛クレームが来るだろうな(笑)
... 続きを読む
猿投山を降りた後はお腹が空いてきたので、
久しぶりにこのお店へ。

ナンワ
KC4F0140.jpg
豊田市乙部町にある食堂で、10年前に1度訪れたことがある。
猿投温泉に向かう際に偶然その前を通ったのだが、食いしん坊の第六感
何か私を手招きしているように感じて、つい寄ってしまった(笑)
... 続きを読む