2015年10月3日(土) 晴れ

白山の紅葉を見に行こうと思っていたので前日てんきとくらすで確認するが、
今回も登山指数はオールC
恐らく雨というより強風でCになっていると思われるが、やはりオールCだと二の足を踏む。
低山の紅葉はもう少し先なので、前から登ってみたかったこの山へ。

三輪山(みわやま)
DSCN0499_201510041027027fa.jpg
奈良県桜井市にある山で、奈良盆地の南東部に位置する。
この三輪山、標高467.1mの低山だが、そんじょそこらの山とは一線を画している。
古来より山全体が御神体とされ、禁足地として許可なく登ることが禁じられている。
三輪山には細かい入山心得や禁止事項が設けられているが、これらは後ほど明らかに。

なお今回のレポは超~長文なので、歴史に興味のない方はすっ飛ばして下さい(笑)
... 続きを読む
スポンサーサイト
無料振舞いの三麺を食べ損ね、三輪山を後にする。
よっし~の荒魂(あらみたま※)である、大喰主神(おおぐいぬしかみ)の怨念が、
今にも爆発しそうな勢い(笑)
向かった先は桜井市から20kmほど北に行った大和郡山市にあるこのお店。

とんまさ
DSCN0622_201510091042557b5.jpg
ここにその大喰主神を御神体とする神奈備山(かむなびやま)が存在する。

※荒魂(あらみたま)はよっし~のどえむな側面、荒ぶる魂である。どえむを流行らせ、人の胃袋を膨らませてどえむに駆り立てるよっし~の働きである。よっし~のどか喰いは荒魂の表れである(yoshipediaより)
... 続きを読む
2015年10月5日(月) 晴れ時々曇り

三輪山ハイクの翌日、溜まった仕事で帰りが遅くなり、帰宅後も撮った写真を整理したり、
レポの下書きなどあれこれ忙しく、あっという間に時間が過ぎていく。
明日、明後日も連休だが、このところ遠征が続いたので大人しく自宅でレポ作成でもしようかと思ったが、
てんきとくらすで両日の白山の予報を確認すると、オールA

hakusan_weather20151005.jpg
せっかくの連休で、しかも好天の予報なのに、自宅に居るのはやはりもったいない。
泊りがけで白山か別山に行こう!

だが高山はそろそろ冬の足音が聞こえてきており、朝晩はかなり冷え込む時期。
テン泊だとしっかり防寒対策を施さないないとならないし、何より荷物が重くなる。
避難小屋泊まりであれば、テントより断熱性があり、荷物もだいぶ減らせる。

白山に登るのなら、砂防新道の甚之助小屋か観光新道の殿ヶ池小屋
別山に登るのなら、チブリ尾根のチブリ尾根小屋か鳩ヶ湯新道の三ノ峰小屋が選択肢となる。

殿ヶ池小屋は昨年建て替えられてリニューアルしたばかりなので、気持ちが少し惹かれたが、
甚之助小屋以外は水場がないので水を担ぎ上げなくてならず、チブリ尾根小屋や三ノ峰小屋の場合は
その後も補給できないので丸2日分が必要。

その点、甚之助小屋の場合、水場やトイレ(水洗)があり、2日目は室堂や南竜でも補給できる。
別山にも南竜経由でピストン可能で、しかも小屋までの所要時間も2時間20分(標準)と一番短い。
(参考)別当出合~殿ヶ池(3h)、市ノ瀬~チブリ尾根(3h10m)、上小池~三ノ峰(4h10m)

という訳で、甚之助小屋泊まりで別当出合に向かうことにする。
... 続きを読む
2015年10月6日(火) 晴れのち曇り

5時半に起床。
昨夜甚之助小屋に遅着の男性が遅くまでゴソゴソしていたので、
軽い殺意を覚えたがなんとか思い留まる(ウソ)

小屋はテントよりマシだが、放射冷却現象のせいで朝方はかなり冷え込んだ。
今回防寒関係はシュラフにジャージ上下、薄手のウインドブレーカー、カッパしか持ってこなくて、
全部着込んでも寒く、もう1枚毛布を借りてなんとか凌げた。

DSCN0740_20151009175600235.jpg
別山方面には雲もなく、男前のお姿を見せてくれている。
程なくご夫婦も起きてこられた。
... 続きを読む
2015年10月10日(土) 曇り

白山ハイク後、2日ほど筋肉痛に襲われたが、下りで軽い違和感が残る以外、ほぼ平常に戻る。
白山周辺の山に紅葉狩りに行こうかと思っていたが、天気予報がイマイチだったので、
今日も近場の文殊山へ。
DSCN0861_20151013181545d23.jpg
巷では三連休のようだが、私には全く無関係です(笑)
... 続きを読む