2011年10月7日(金)

久しぶりに南越の山に登ってみよう。
今日のターゲットは南越前町のホノケ山(737m)
DSC09470.jpg

旧南条町と旧今庄町の境に位置し、その変わった名前がずっと気になっていた。
ホノケの名の由来は、かつて都や府中(武生)へ異変を知らせるノロシ台があったからとされ、
火ノ気・煙の意味も含まれていることから、穂ノ気山とも書かれるらしい。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2011年10月11日(火)

先週に引き続き、今日も南越の山をハイクしよう。
今日の目的の山は、【権現山】(ごんげんやま:565m)

DSC09546.jpg
大宝元(701)年に泰澄大師によって開山されたとされる。
... 続きを読む
2011年10月11日(火)

権現山を後にし、戸ノ口トンネル経由で福井市へ。
西大味から鹿俣に抜けて一乗谷に入る。
ここは戦国大名朝倉氏の城下町で、応仁の乱で荒廃した京から公家や文化人が多数避難。
往時は人口1万人を超え、北の京都とも呼ばれるほど栄え、足利義昭や明智光秀も一時身を寄せていた。
1573(天正元)年8月、織田信長の越前侵攻により、一乗谷は灰燼に帰してしまったが、
近年の調査発掘により、その遺構が復原され、全貌が徐々に明らかになってきた。
DSC09674.jpg
なお国の特別史跡、特別名勝、重要文化財の3重指定されているのは、極めて少ないそうだ。
また最近では某携帯電話のCMで、白い犬の故郷として取り上げられているのは有名。

一乗谷城は典型的な中世の山城で、背後の一乗城山(473m)の尾根に築城された。
朝倉氏遺跡には子供の頃遠足で何度か訪れているが、城山には未だ登っていない。
... 続きを読む
2011年10月12日(水)

昨日は権現山一乗城山のダブルヘッダーだったので、今日はゆるめのハイクにしよう。
そういえばしばらく文殊山にはご無沙汰しているし・・・

12:02 二上登山口駐車場。
20111012120212.jpg
平日だというのに、10台近く停まっている。天気が良いせいだろうか。
... 続きを読む
2011年10月19日(水)

1ヶ月前に観光新道で登った白山(2702m)。
登り始め(8:35)が遅かったせいで、敢え無く室堂(2450m)で時間切れとなる。
体調はイマイチだが、リベンジと紅葉を目的に今年6回目の白山へGO!

6:55 別当出合到着。
DSC09710.jpg
前回同様、路肩駐車スペースを利用。最後の1台だった。ラッキー!
シーズン終わりの平日だけど、やはり人気がある山なんだな~。
... 続きを読む