2014年9月23日(火・秋分の日) 快晴

2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイクの最終日。

長英新道燧ヶ岳に挑み、テン泊装備を背負っていたにもかかわらず、標準タイム以内で登頂するという歴史的快挙(ウソ)を成し遂げた(笑)
当初のタイムスケジュールでは12時着としていたので1時間半も早く、嬉しい大誤算

10:32 燧ヶ岳俎嵓(まないたぐら)(標高2346m)
PAP_0034.jpg
長英新道が全般的になだらかだったこともあるが、やはり3日間重いザックを担いでいたので、身体が馴染んできたせいかもしれない。
燧ヶ岳は山体のほぼ全てが福島県桧枝岐村に属し、至仏山(2228m)ともに尾瀬を代表する山。
また標高2300m以上の山としては日本最北にあり、東北・北海道エリアの最高峰でもある。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2014年9月23日(火・秋分の日) 快晴

尾瀬の夜は寒かった。
防寒用にスパッツやフリース、薄手の毛布まで纏い、更には使い捨てカイロまで貼ったのにもかかわらず、寒さで何度も目が覚めてしまった。
1700m近い高地にあるので、昨夜も氷点下まで気温が下がったようだ。
いよいよ2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイクの最終日。

5:10 尾瀬沼キャンプ場(標高約1675m)
PAP_0088.jpg
起きて風景を撮ろうとすると、デジカメがピーという警告音とともに、
モニターに「電池残量がありません」と無情の表示。
2日間たくさん写真を撮ったせいか、バッテリーが切れてしまった。
予備のバッテリーは持ってきていないので、仕方なく携帯のカメラで撮影することになる。
ただし携帯の電池残量も2/3ほどなので、セーブして使わないと切れてしまいそう。
なおブレやすいので一部お見苦しい画像が多いのはお許し下さい。
... 続きを読む
2014年9月22日(月) 曇りのち晴れ

♪夏が来れば思い出す はるかな尾瀬 とおい空

昔よく歌いましたね。 あっ、中学の時、合唱部の部長でしたよっし~です(笑)

2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイク。
無事今宵の宿、尾瀬沼キャンプ場に到着し、テント設営も完了。
DSCN2644.jpg
明日はテン泊装備であの燧ヶ岳に登らないとならないが、そんな心配は飲んで忘れてしまおう(笑)
... 続きを読む
2014年9月22日(月) 曇りのち晴れ

会津駒ヶ岳を降りて、R352で尾瀬の福島県側の玄関口である御池(みいけ)に向かう。

2日目:駒の小屋~滝沢口~御池~(バス)~沼山峠~尾瀬沼CP(泊)
3日目:尾瀬沼CP~(長英新道)~燧ヶ岳~(御池コース)~御池
今夜は尾瀬沼キャンプ場でテン泊し、明日長英新道で燧ヶ岳(ひうちがだけ・2356m)に登り、御池コースで御池に縦走する計画である。

12:09 尾瀬御池口駐車場(標高約1510m)
DSCN2581.jpg
御池から先はマイカー規制になっているのでここに駐車。440台収容で1回1000円。

御池から尾瀬方面には、以下の3ルートがある。
①シャトルバスで沼山峠経由
②裏燧林道で見晴経由
③御池コースから燧ヶ岳経由

②は尾瀬ヶ原に至り見晴キャンプ場での野営になるが、徒歩で片道3時間以上かかるのと、燧ヶ岳に登る見晴新道閉鎖中のため翌日の行程が長くなるため没。
また今日燧ヶ岳に登ってしまう③は、7時間近くかかるので今からでは遅すぎるので没。
最短で尾瀬沼まで行ける①のシャトルバスで沼山峠経由に決定!
だが、ここでもう1つ重大な選択があった。
... 続きを読む
2014年9月22日(月) 曇りのち晴れ

2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイクの2日目です。

5時過ぎに起床。小屋の中は暖かく、目を覚ますことなく朝までぐっすり眠ることができた。
DSCN2470.jpg
ただ駒の小屋自慢の満天の星空を観ようと思っていたが、酔いと疲れでいつしか眠ってしまった。
若頭さんに伺ったところ、昨夜はガスが多かったのであまり見えなかったそうだ。

外に出てみると、雨は降っていないが一面のガスで真っ白。
まだ日の出(5:42)前なので、日が昇り暖かくなったら晴れてくれるといいのだが。。。
... 続きを読む
2014年9月21日(日) 晴れ

2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイク。
初日の会津駒、どうにか中間地点の水場にたどり着いたが、急登と重荷で足が止まり、標準タイムの2時間を大幅にオーバー。

12:30 水場(山頂まで2.9km)(標高約1635m)
DSCN2412.jpg
計画では今日中に山頂、そして中門岳(2060m)まで足を伸ばそうと思っていたが、この調子だと山頂直下の駒の小屋までまだ3時間近くかかりそう。
なんとか16時前には小屋に到着したいのだが。。。
... 続きを読む
2014年9月21日(日) 晴れ

2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイク。
福井から約440km。高速と酷道を走ってようやく福島県の桧枝岐村に到着。

9:04 会津駒ヶ岳国道入口(標高約930m)
DSCN2377.jpg
国道脇にある看板を目印に林道へ。
お待たせしました。ようやく初日のハイクの開始です(笑)
... 続きを読む
2014年9月21日(日) 晴れ

2泊3日の会津駒ヶ岳(2133m)&燧ヶ岳(2356m)ハイク。
登山口のある福島県檜枝岐(ひのえまた)村までは、福井から最短ルートで約440km
順調に走っても最低6時間はかかるので、前夜(20日)21時に自宅を出発。北陸道で新潟県を目指す。
名立谷浜SAで小休止した後、長岡JCTから関越道へ。

0:50 関越道越後川口SA(上り)
DSCN2341.jpg
夜間に山道を走るのは危険なので、朝までここで車中泊する。 おやすみなさいzzz
実は出発した20日21時から、BS-TBSの「日本の名峰・絶景探訪 2時間スペシャル」で燧ヶ岳と会津駒ヶ岳の2座が紹介されていたそうだ。見られなくて残念。。。。(涙)
... 続きを読む
2014年9月21日(日) 晴れ

日頃の行いが良いせいか(ウソ)、またしても3連休が貰えたので今年最後の遠征に行こう!
午年なので、今回も駒(馬)関連のお山にしよう。

先月、悪天候で無念の下山となった木曽駒ヶ岳~空木岳縦走ハイクのリベンジか、
はたまた昨年断念した白馬三山縦走に再挑戦し、白馬鑓温泉で露天風呂&ビアも捨て難いし、”東駒”こと甲斐駒ヶ岳(2967m)で南アルプスデビューもいいかもといろいろ迷う。

しかし行程や天気予報、予算などを検討した結果、会津駒ヶ岳(2133m)に決定!
DSCN2448.jpg
福島県奥会津の桧枝岐村(ひのえまた)にあり、他の駒ヶ岳同様、残雪期に現れる駒形の雪形が山名の由来とされ、深田久弥翁の日本百名山、田中澄江女史の花の百名山新・花の百名山にも選ばれている。

実は8月の木曽駒ハイクの際、天気が良ければこの会津駒ヶ岳(以下「会津駒」と略)に行こうと思っていたのだが、信憑性にイマイチ不安のあるてんきとくらすでも軒並み登山指数Cで断念し木曽駒となったのだが、木曽駒でも残念な結果となった。
... 続きを読む