2016年8月20日(土) 曇りのち晴れ

9月に3連休が貰えることになったので、テン泊ハイクにいくつもり。
その歩荷訓練も兼ねてこの山へ。

鬼ヶ岳
CIMG7218.jpg
当初は日野山に登るつもりだったが、自宅付近は朝方まで雨が降っていたので、
出発が遅れて鬼ヶ岳に変更となった。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2016年7月23日(土) 晴れ

最近この方この方文殊山鬼ヶ岳を1日に2度も登っている。
まだ若いのに、アタマがおかしくなったのだろう 可哀想に・・・(ウソ)
移り気なAB型の私は、同じ山に2度も登るんじゃなく、別の山に登りたい。

鬼ヶ岳
CIMG6715.jpg
最近、西鬼ヶ岳に続くルートが開かれたようなので、こちらにも寄ってみたい。
ちなみに鬼ヶ岳を5回半登ると、早月尾根で剱岳に登るのとほぼ同じ距離・標高差です(笑)
... 続きを読む
2016年6月6日(火) 曇りのち雨

そろそろ梅雨入りだが、北陸はまだ発表されていない。
これから1ヶ月ほどすっきりしない天気が続くようで、山選びと天気が難しい。
今日も曇りのち雨の予報なので、近場のこの山へ。

鬼ヶ岳
CIMG5819.jpg
正月に登って以来半年ぶりと、随分御無沙汰している。
山頂まで1時間程度の里山だが、急登が続くので白山登山の鍛錬にちょうど良い。
... 続きを読む
2016年1月2日(土) 曇り時々晴れ

文殊山で縁起物をGETし、2座目の鬼ヶ岳に向かう。

CIMG1430.jpg
4日前にあった雪も消えているんだろうな。
... 続きを読む
2015年12月29日(火) 雨一時雪

昨夜は雪がちらついていたが、フロントガラスが少し白くなった程度と拍子抜け。
朝方には雨に変わっていて、降った雪もほとんど溶けてしまった。

鬼ヶ岳
CIMG1313.jpg
雨が降ったり止んだりの予報だが、年間100座のために山に行きますよ(笑)
中腹から上は雲に覆われており、雪が降っている可能性大で楽しみだ。
... 続きを読む
2015年9月12日(土) 晴れ時々曇り

先月末挑戦した剱岳早月尾根
残念ながら雨で山頂アタックはできなかったが、狂暴な急登の洗礼を受け、
登りは小屋まで9時間もかかるヘロヘロ状態、下りも3日間以上筋肉痛に悩まされるほど
こてんぱんに痛めつけられた。

早月尾根は斜度的には福井の鬼ヶ岳に似ており、小屋までは鬼ヶ岳3.5回分
DSCN0073_201509130935406ec.jpg
小屋から山頂までは鬼ヶ岳2回分の標高差と距離とほぼ同じ。
つまり鬼ヶ岳を3.5回登れば、馬場島から早月小屋までの急登を体験できる。
そんなもん誰も体験したくはないだろうが(笑)
さすがに3.5回は厳しいので、2回分を登ろうと鬼ヶ岳に向かう。
... 続きを読む
2015年5月29日(金) 晴れ

先日のみつまた山では、福井県三大急登とはいえ登りに6時間近くもかかる大失態
急登になると息が上がり、ガクっとペースが落ちてしまうのが一番の原因。
こんな調子じゃ白山のリベンジをしても、返り討ちに遭うのが関の山。
今日は苦手な急登をもう一度鍛え直すべく、久しぶりに越前市の鬼ヶ岳へ。
DSCN7585.jpg
登山口から山頂までの1.4kmで標高差約430mも登る県内有数の急登で、
白山登山の練習として登られる方も多い。
... 続きを読む
2015年1月10日(土) 雪時々晴れ

今年はドカ雪ではないが、週末になると毎週雪が降っている。
ハイカーとしてはウレシイ限りだが、また駐車場の雪かきをすることを思うと。。。

鬼ヶ岳
DSCN4579.jpg
自宅から向かう途中ではしんしんと雪が降っていたが、近づくにつれ雪が止み、薄っすらと見えるようになってきた。
今日の鬼ヶ岳はご機嫌がいいみたい(笑)
... 続きを読む
2014年12月9日(火) 曇り時々雨

今朝も生憎の氷雨の降る朝だった。
自宅の部屋の片付けをしていると、あちこちから山めし用の食材が出てきた。
スーパー等で気になった食材や安売りしていた商品を購入。
そのまま放置されていたものも多く、賞味期限が近いものも。
大人しく家に居ようと思っていたが、これらの棚卸しのため、私は山にいきますよ(笑)

近場の手頃な山で、調理ができる小屋がある山と言えば、文殊山と鬼ヶ岳ぐらい。
という訳で向かったのは越前市にある鬼ヶ岳(533m)。
DSCN4058.jpg
例年2~3回はハイクしているが、今年はまだ5月の1回だけ。
山腹から上は雲で隠れて全く見えないが、雪が降っているのだろうか。。。
... 続きを読む
2014年5月27日(火) 晴れ

文殊山を後にし、向かったのは越前市の鬼ヶ岳
DSCN0293.jpg
低山ながら平均勾配率30%急登で、白山や荒島岳の練習がてらに登られる方も多い。
昨年12月に登って以来、すっかりご無沙汰だ。
... 続きを読む