2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

雄山神社に参拝したのち、大汝山方面に続く縦走路分岐で思案。
予定では大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)の立山三峰を縦走し、
大走りを下って雷鳥沢に戻るプラン。
だが稜線はガスガスで、しかも霧雨のような雨が降っている。

(どうしよう・・・、進むか?戻るか?)

CIMG1974.jpg
ここは標高3000mの稜線上。風雨が激しくなってくれば、遭難や滑落の恐れもありうる。
しかしせっかく立山に来たのに、最高峰の大汝山に登らずに戻るのは悔しいし、
雄山から片道20分ほどなので、最悪天候が悪化するようだったら戻ればいい。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

一ノ越で小休止した後、雄山山頂(3003m)に向かう(8:36)
いよいよここからが立山登拝の最大の難所。
CIMG1943_201708161734112c7.jpg
距離550mで標高差300mの岩場を一気に登る激登(平均勾配率54.5%≒28.6度)が
待ち構えている。
ちなみに頭上に見えているピークは山頂ではありません(笑)
... 続きを読む
2017年8月15日(火) 曇り時々小雨

4時に起床。よほど疲れが溜まっていたのか、10時間も寝てしまった。
どうやら雨が降ったようで、タープがしっとりと濡れていたが、起きた頃にはほぼ止んでいた。

雷鳥沢キャンプ場
CIMG1874_20170816172821c81.jpg
テントの中で朝食を採りながら、今日の行程天候をチェック。
白山ではウンともスンとも繋がらないA社のガラケーだが、アンテナバリ3だった(笑)

一ノ越経由で雄山(3003m)に登り、大汝山(3015m)、富士ノ折立(2999m)
と縦走しながら、大走りルートで雷鳥沢に戻るコース。
標準CTは約6時間で、亀足の私の場合、1.4倍ぐらいの係数としても8時間30分
最終バスが17時40分なので、5時30分に出発して遅くとも15時までに戻るとすると1時間ほど
余裕があるのでなんとかなるだろう。

むしろ心配なのが天候
出発前の予報では登山指数Aだったが、最新予報を確認するとBCに悪化。
てんきとくらすのウソつき!(笑)
... 続きを読む
2017年8月14日(月) 曇り時々晴れ

このところ仕事が忙しく、休日出勤の日々が続く(涙)
運良く休めた日も、雨男のあの御仁が定休日を変更したせいか、軒並み雨(怒)

ようやく貰えた2日間の夏休み
当初は後立山連峰の山にテン泊で登る予定だったが、予報を確認すると
初日は登山指数Aだが、2日目はC
どうやら長野県一帯の高山はどれも同じ予報のようだ(汗)

他の山で予報が良いのを確認していると、この山がヒット。

立山
CIMG1808_20170816172404003.jpg
ご存知、北アルプス立山連峰の主峰で、日本百名山花の百名山に選定。
富士山や今年開山1300年の白山とともに、日本三名山日本三霊山とされる。
同じ立山連峰の剱岳大日岳には登っているが、実はまだ立山に登っておらず、
室堂にすら行ったことがない。
登山口までの交通費がネックで、吝嗇家の私にはどうも足が遠のく山域だった(笑)
... 続きを読む
2016年9月3日(土) 晴れ

山ヤ初級卒業の検定を兼ねた2泊3日の槍ヶ岳ハイク
片道22kmという長丁場の中、天気にも恵まれ、無事に日本第5位の頂に立つことができた。

ここまでの山行の様子はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース プロローグ
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース1日目その1(上高地~横尾)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース1日目その2(横尾~ババ平)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その1(ババ平~槍の肩)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その2(山頂アタック編)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その3(ヒュッテ大槍編)

DSC02795_20160904152140334.jpg
ここまで長々とお付き合いいただきありがとうございました。
いよいよ大団円の下山編です。
... 続きを読む
2016年9月2日(金) 晴れ

2泊3日の槍ヶ岳ハイク
ヘタレの私が昨年の剱岳に続き、日本第5位の槍ヶ岳に登頂することができた。
山登りを始めた頃には夢にも思わなかったことから考えると、まさに感無量。

ここまでの2日目の様子はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その1(ババ平~槍の肩)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その2(山頂アタック編)

DSC02757.jpg
テントをババ平にデポしてあるので、これから戻らないとならないのか・・・
... 続きを読む
2016年9月2日(金) 晴れ

2泊3日の槍ヶ岳ハイク、いよいよ核心の山頂アタック編です。

2日目ここまでの様子はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース2日目その1(ババ平~槍の肩)

DSC02719_20160904151507aaa.jpg
腹ごしらえを済ませ、槍の穂先(大槍)の混雑状況を確認。
一時混んでいたが、また少し空いてきた感じなのでこの好機を逃すまい。
メインザックをデポし、サブザックとヘルメットを装着し槍の穂先に向かう。
... 続きを読む
2016年9月2日(金) 晴れ

2泊3日の槍ヶ岳ハイクの2日目です。

18kgのテン泊装備だが、初めての上高地で気持ちが高揚していたのか、はたまた
これまでの歩荷訓練の成果なのか、初日は標準CT通りで順調にババ平に到着。
あわよくば殺生ヒュッテまで行っちゃおうかとも思ったが、無理をせず予定通りババ平で宿泊。

1日目の様子はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース1日目その1(上高地~横尾)
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース1日目その2(横尾~ババ平)

DSC02680_2016090415122005a.jpg
昨日はすっかり飲み過ぎて19時前にバタンキュー(古っ!)
今日はいよいよ槍ヶ岳への挑戦が待っている。
果たして結果はどうなったのか・・・
... 続きを読む
2016年9月1日(木) 晴れ

2泊3日の槍ヶ岳ハイク

天気に恵まれ、初めての上高地の絶景に感動しながら横尾(標高約1620m)に到着。
ここは槍ヶ岳を筆頭に、奥穂高岳、蝶ヶ岳、常念岳などの北アルプス南部の山々への
登山基地になっており、大勢の登山客で賑わっている。

DSC02581.jpg
ここまで11km歩いてきたが、まだ槍沢コース(約22km)の中間地点
しかも行程の標高差(1580m)のうち、まだ120mしか登っていない(汗)
つまり横尾が実質的な登山口で、ここから先がようやく本格的な登山となる。

今回は横尾から初日の宿泊地ババ平までの道中を紹介していきます。

なお横尾までの道中はコチラ↓↓↓
槍ヶ岳(3180m)槍沢コース1日目その1(上高地~横尾)
... 続きを読む
2016年9月1日(木) 晴れ

いよいよ迎えた2泊3日の槍ヶ岳ハイク
DSC02676.jpg

一番気になるのはやはりお天気
今年は台風が少ないと思っていたら、8月に9号、10号、11号と立て続けに襲来。
特に迷走台風だった10号の影響が直前まであったので、ずっと気になっていた。
何度も裏切られているとはいえ、頼りにするのはやっぱりてんきとくらす(笑)

前日(8/31)昼に3日間(9/1~3)の登山指数を確認したところ、
20160901YARI.png
初日(9/1)は最初はCだが、昼前からB→Aと好転。
しかし2日目(9/2)以降は軒並みCのオンパレード(大汗)

(う~ん、これはマズい・・・)
... 続きを読む